ところで

皆さんがお住まいの地域のお水は
どんなお水ですかはてなマークはてなマーク
 
お水のタイプには、軟水、硬水があります。
 
日本は海外と比べると軟水と言われていますが、
地域によっては硬水もあり
水のタイプによって
日本酒の味 日本酒 が変わると言われています。
 
 
では
日本酒に含まれる水の割合ってご存知でしょうか?
 
なんと全量の80%を占めているんです!
80% of Sake is water! 
 
正直びっくりびっくり
水の影響力、とんでもないですね!
ちなみにワイン赤ワインには水は一滴も入っていません
 
 
水の硬度は
国際的にWHOが定めていて、
軟水は0〜60mg、硬水は120mg以上です。
 
日本の平均値は48.9mgと言われいるので
やはり全国的に軟水ですね。
 
私の実家がある山梨は
ミネラルウォーターのシェアが40%で
全国一位と言うほどの豊富な水がありますが
 
その硬度は山梨の山々の水系によって違い
そこで作られるお酒の味は
やっぱり違うんです。
 
富士山麓系
南アルプス山麓系の水は  
柔らかめで35度前後。
 
柔らかくて繊細さがあり
さらさらの吟醸タイプに良く合います✨
 
八ヶ岳山麓系の水は85度ぐらい
軟水の範囲ながらも
ミネラル感の硬さがあるタイプと言えます

日本酒には骨格が残り
しっかりしたタイプのお酒が出来ます💪
 
もちろん
どんなお米🌾を使うかや
造り方によってもタイプは変わりますが
水の日本酒へ与える影響力は
江戸時代から酒蔵によって研究され
見直されています。
 
兵庫灘の硬水を「灘の男酒」
京都伏見の軟水を「伏見の女酒」
 
と例えた言葉もあり
その土地のお水に合わせた造りになっている
お酒も多くあります。

私個人的には軟水のお酒が大好きです💕
東北は比較的軟水なのと
広島は超軟水です😍
 
皆さんもご自宅の近くの水のタイプを
調べてみたり
自分の好きなお酒のお水のタイプを調べておいて
これからのお酒選びをしても楽しいかもしれませんね😊
 
How about choosing sake based on the local water type?
 
 
*山梨のソムリエ協会日本酒セミナーで報告者になった際の写真
(2022年11月)