”山梨の酒蔵でいただいた大吟醸が美味しかった!”

っていう先日のお話の続きなのですが

「大吟醸と吟醸って何が違うの?」

という疑問がありますよね。

 

 

大吟醸であれば

"一番美味しい" とか

"味が保証されている" 

みたいな広告も時々見受けられます。

 

 

確かに大吟醸は高級には違いないのですが

実は造り方が違うので

"一番美味しい" ではなく

"お酒のタイプが違う"

と考えた方が良い気がしますにやり

 

 

決めつけてしまうと

「他のお酒は品質が悪い」

みたいなイメージを持つ方がいらっしゃるからです。

 

 

では、なぜ値段が高いのでしょうか?

 

 

私達が普段食べるお米は

元々の玄米🌾の外側が精米されて白米になっていますよね🤔


 

日本酒で使われるお米も精米するのですが…



大吟醸の条件として

「玄米に対する白米の重量の割合が50%以下である事」(精米歩合が50%以下)

というのがあります。


なので、原料米を50%磨いている

などと表現されます。

  

 

対して「吟醸」は精米歩合が60%以下なので

外側を40%以上磨いていることになります。

 

 

外側には栄養分が沢山含まれていて

食べるにはとても良いのですが

お酒には多すぎると

香りが悪くなったり、雑味が多くなります。

 

 

お酒をなるべくピュアな味わいにするために

酒蔵は頑張って磨きダイヤモンド

また精米歩合が同じでも

それぞれの土地柄や水などを生かして

独自の味わいを生み出しています。

 

 

お米を小さく磨けば磨くほど

大変な時間と労力がかかるので

それだけ費用が嵩み、高級なお酒ボトルになります。

 

 

今世に出ているお酒では

精米歩合1%の大吟醸 驚きびっくりマーク

というのがあり

すごーーーく高値であっっっという間に

売り切れてしまったようです。

でも、味わいはどうなんでしょうかキョロキョロはてなマーク

 

 

もちろん飲んでいないのでわからないですが

美味しいんでしょうけど

もはや違うお酒のような・・??

そんな気もします。

 

 

私個人的には

吟醸やまたは磨いてなくても良いぐらいの

お米の味おにぎりがしっかりあるお酒が好きなので

精米歩合の競争のような風潮は

あまり好きではないのですがあせる

 

 

それでも先日の酒蔵訪問時のように

美味しい大吟醸に出会えたりもします照れラブラブ

 

 

50%以下に磨いていても

あえて「吟醸」と名乗るお酒もあります。

そこには

味わい、原料、価格のバランスを考え

大吟醸と名乗らない酒蔵の

愛とプライドがあります。

 

 

「大吟醸」と一言で言っても、

酒蔵によってそれぞれ風味も味わいも違いますし

精米歩合も違うので

いろいろ試してみないとわかりません!


酒蔵のこだわりや特徴を感じながら

日本酒を飲むのもとても楽しいですよ♪




では次回もお楽しみに♪