*ワインとおもてなしの英会話レッスンの詳しい情報はホームページ☆にて♪

----------------------

 

 

前回、味わいについての

サンプル文を出しました。

 

 

見た目+香りから導き出した表現:

「色が薄くて爽やかな香りのする白ワイン」

の味わいは?

 

「第一印象」+「甘口 or 辛口?」+「余韻」

この3つの要素から導き出した表現:

 

「 第一印象は爽やか、辛口の軽めのボディ(ライトボディ)で、後味が4秒ぐらい続いたので余韻は中ぐらい

 

これに酸味を肉付けするにはどう言ったら良いでしょうか?

 

 

まず酸味については果物を思い出してほしいのですが、レモングレープフルーツみかんオレンジオレンジ

 

酸味のレベルはそれぞれ違いますよね。

 

レモンは刺さるような酸っぱさ。これはキリッとした酸味、とかシャープな酸味と表現します。

グレープフルーツも酸っぱいですが、ジューシーで少し苦味のある酸味。

みかん、オレンジはどちらかというと甘味を感じる、優しい、まろやかな酸味。

 

このように当てはまる言葉を入れていきます。

前回のサンプルワインは「爽やかな辛口のライトボディ」これにグレープフルーツような酸味があるとするなら、そのまま表現すれば良いのです。

 

「爽やかな辛口のライトボディで、グレープフルーツのようにジューシーで苦味のある酸味がある」で良いのです。

 

辛口だけれども、少しまろやかさを感じるならば

「爽やかな辛口のライトボディで、みかんのような優しい酸味がある」

です。

 

または、低い、中ぐらい、高い、でも表現出来ますので、シンプルに「低い酸味 or 中ぐらいな酸味 or 高い酸味」と付け加えることもオッケーです👌

 

 

意外に行けそうですよね?

 

酸味は苦手な方も多いと思うのですが、実はワインにとってとても重要な要素で、いわば背骨のように体(ボディ)を支える存在。酸味があることでワインのバランスが良くなります、もし酸味が無かったら甘ったるいだけのアルコール飲料になってしまいます。逆に強すぎても酸っぱ過ぎて飲みにくくいですよね。

ワインメーカーはこのバランスを取るために色々な工夫をしています白ワイン赤ワイン

 

海外では近年、酸味が強めでキリッとしたワインがトレンドです。日本人は苦手な人も多いのですが、この流れの勢いはすごいので、日本も少しずつ世界のトレンドに近づいている気がします びっくりマーク

 

 

 

 

 

今回もタンニンのお話が出来ませんでした、すみませんあせる

次回こそはタンニンです!

お楽しみに グラサンハート