みなさん、こんにちは。
~食べても太らない身体をつくる!~
ふしみしほです。



眉毛の描き方記事が
とても評判が良かったので、、、



本日はアイメイクについても
ご紹介いたしますね♡



(本当はダイエットカウンセラーなのに・・・笑
でも明日はダイエット記事書こう~!!!)



ただ、お顔って本当に人それぞれですので
「正解」はないと思ってくださいね!



ベースのみの私。笑


{BE314FF1-2E7F-4D75-9F60-3F239640B9E5:01}


では、使用したアイテムです!


私のアイメイクの定番は
ルナソル。


カラーアイテムであれば
マリークワント。
シュウウエムラ。
アディクション。


オススメは沢山あります。笑


{142A5B52-B812-40A2-80CB-A1AEBE52ECD3:01}

〈アイシャドウ〉
LUNASOL スリーディメンショナルアイズ
01 neutral beige

〈アイシャドウベース〉
LUNASOL

〈ブラシ〉
白鳳堂

〈アイライン・ペンシル〉
Dior 
brun intense (ブラウン)

〈アイライン・リキッド〉
blanche étoile(濱田マサルさんプロデュース)
マッハライナー



では、メイクしていきますね。


アイシャドウに入る前に
必ず塗って欲しいもの。


アイシャドウベース。


ポンポンと摩擦を加えないように
広げます。



この一手間が崩れを防ぎます!

そして、アイシャドウの密着度を

高めてくれますよ^ ^


{CCC19B0C-12C1-46E6-B804-D02A4CDD506E:01}


なんとなく色が均一になったのが
分かりますかね?


ルナソルのアイシャドウベースは
本当にオススメです!




では、アイシャドウへ。


まずは、一番明るいカラーをのせます。


(印影をはっきりさせたグラデーション
を作る場合、一番濃い色→明るいカラー
を重ねる方法もあります。)


{E9B393D2-F264-4463-A9DE-2BC7824E05F2:01}


明るいカラーを指に付けていきます。


指で塗る理由は2つ。
・摩擦を減らすため
・体温でしっかりフィックスさせるため



まぶたの色素沈着は
摩擦が原因。


なるべく、優しく
のせていきます。


{7975F592-577B-441C-9364-6BD89F455DDA:01}

塗る範囲が私のこだわり。


眉頭の下は
明るい色は避けます。


ここが明るくなると
鼻筋が強調されず、のっぺり顔に。


ベースカラーは
塗る範囲、気をつけてくださいね♡


{E669F373-7C95-4B4A-AB82-B06CCC3F754F:01}


そして、ベースの右のカラーを
二重幅に中指でポンポンと優しく
のせていきます。


二重のシワにもしっかり体温で
馴染ませましょう。


{1A39BA54-0F3F-4130-B77D-181CE050B667:01}


3色目からブラシを使います。


細かいところは
やはりブラシのチカラを
借りましょう!


私の場合は、二重幅に沿って
濃い色は、目尻の部分のみに
いれていきます。


{FD946EED-74AA-4B5D-806C-0906FA81637B:01}


そして、リキッドアイライナーで
ラインを書きます。


私は、顔が濃いので
ラインが太かったり、囲んだりすると
キツくなります。

 
そこで、目尻→黒目の真ん中辺り
までラインをひくようにします。


{BDFD459D-5CC9-449C-A366-325872CC7FF5:01}


ここから、少し番外編。
涙袋メイクについて。



少し前は、白やピンクを
下まぶたにのせると
ウルウル見える効果があって
芸能人などもみんなしていたのですが、、、



今やると少し古い印象に。


そこで、オレンジパールや
明るめのパールが入ったブラウンを
下まぶたにのせます。


{A349935B-233C-4637-9544-C730885A5376:01}


あまり、やったことがない方は
細ーく、黒目の下の部分に
まずはうっすら付けてみてもいいですね!



上級者になると
ネイビーやグレーで本当に潤んだ“色”
を表現してみてもいいですね。


石原さとみさんとか
使われてましたね。


{33546E9D-D947-45EB-94DD-A22E4AD4433B:01}



さてさて!
お次は『まつ毛』


まつ毛で、本当に美人度は
決まってくるでしょうね。



だからマツエクって
なくならないのかもしれませんね。



ただ、私はマツエクよりも
マスカラ派。



私の定番まつ毛アイテムはこちら。

{4AEC6B8C-4FDF-4994-8E11-9E9B054C7087:01}

〈マスカラ&下地〉
ランコム 下地
オシィラシオン パワーブースター

ヴィルトゥーズ ドールアイ
ブラック

〈ビューラー〉
マキアージュ



小さなことだけど、
このビューラー選びが大事!


自分のまぶたのカーブに合ったものを
選ぶか、選ばないかで


まつげが変わる。



【ビューラーのやり方】

まず、まぶたに合わせて
毛を挟みます。


ここで、挟んだまつ毛を
指を使って内側へ流します。


まつ毛は大抵、外側に向かって
生えていることが多いのです。


そのまま、三段階くらいに分けて
跳ね上げていきましょう。

{219EF82C-B2FD-41D3-B3D6-D35B7EEFC0ED:01}


このように、垂直に上げるのが
最近の好みです。


{27E59160-1DA4-47C1-AF75-DA17AE47E9FB:01}


そして、お次はマスカラ下地。


ランコムさんは本当に優秀!!!
しかも電動。
ハイテクですね。


下地は中間から毛先に向けて
テンポ良く塗ります。


{9106F969-B2D4-41F9-82EF-E8A21B52AC2B:01}


そして、乾ききる前に
マスカラを重ねましょう。


マスカラを二度塗りされる方も
いらっしゃいますが、
この場合は下地を二度塗りしましょう!


{85210B44-5461-4E38-8504-047C2891E357:01}


私の好みは
長く、長く、繊細なまつ毛。

伏し目にした時に
魅力的に見えるまつ毛を
目指しています。


{F58F150A-0D16-431B-A46A-499C6FB2BEF8:01}


下まつげも
マスカラを縦にして
ちょん、ちょんっと塗っていきます。



そして、黒目とまつ毛の間の粘膜を
diorのアイライナー
で埋めていきます。


ここが、埋まるかで
目の輝きが変わります。


{1252C9D2-6DDD-44A4-8CF7-4462416BE98F:01}


はいっ!
完成しました!


寄りの図です。笑


{E70E8095-F671-4E9A-8DF4-8B7391B0AE26:01}


私は、アイシャドウタイムは
すごく短いのですが、、、


まつ毛タイムが長いので
お休みの日はマスカラ無しで
過ごしたりもしています。



他にも、気になるメイク方法があれば
ご紹介しますので教えてくださいね♡


でわでわ。

{207E36F8-6843-4BB1-8170-1AACAEA64065:01}


ワンランク上の美しさを手に入れる!
ふしみしほの美活セミナー

〈東京〉
http://www.reservestock.jp/events/110616

〈大阪〉
http://www.reservestock.jp/events/112086


個別セッション
期間限定で承っております。
今月で受付終了!