モンテッソーリ教育とおむつなし育児 | 和田智代のブログ

和田智代のブログ

大人が育ち、子どもが育つためのお手伝い

 

最近
モンテッソーリ教育の
専門家の方々から


★ーーーーーーーーーーーーー
おむつなし育児の考え方は
モンテッソーリの考え方に
通じるものがありますね
ーーーーーーーーーーーーー★


と言われることがよくあります
 

そのためか
モンテッソーリ教師で
おむつなし育児アドバイザー養成講座
を受講される方が年々増えています

 

↓この本の著者のあべようこさんも
↓そのお一人
 

****************
0歳と1歳のモンテッソーリ子育て
 


*****************


モンテッソーリ教育というと
日本では2歳頃から就学前までの


幼児向けの教育方法として
よく知られていますが

 

実は欧米では
乳幼児~高校生や
認知症の高齢者向けにも応用される
幅広い教育方法なのだそうです

 

日本ではまあり知られることのなかった
0歳~1歳児とモンテッソーリの世界を

 

あべさんの本では
マンガもふんだんに使いながら
わかりやすく解説されています(^^)/


将棋棋士の
藤井聡太さんや

多くの著名な人が
幼少期に影響を受けたという

モンテッソーリ教育

あべようこさんの本は

モンテッソーリって
前から気になってたけど
なんか難しそうで・・・・

 

という初心者の方にも
すごくおススメです!

 

おむつなし育児と
モンテッソーリ教育との関係も
本の中で解説されています



ところで!

モンテッソーリ教育と
おむつなし育児の
何が共通するのか???

それはズバリ
『子どもの主体性』
を重要視している点です!

一般のトイレトレーニング

ーーーーーーーーーーーーーーー
子どもがトイレで排泄できるよう
大人が前に立って教え導く
ーーーーーーーーーーーーーーー


という考えがベースにあります

トレーニング
ってそういうものですよね

それに対して
おむつなし育児は

ーーーーーーーーーーーーーーー
子どもが本来
持って生まれてきている
排泄感覚の発達を阻害しないよう
なるべく自然に育つよう
大人は環境を整えて
後ろからサポートする
ーーーーーーーーーーーーーーー


という考えがベースにあります

これがモンテッソーリ教育の
基本的な考え方

***********************
自分ができるように手伝ってね
***********************


と一致するのです

だからモンテッソーリ教育では
トイレトレーニングと呼ばずに

*******************
トイレット・ラーニング
*******************


と呼びます

『トレーニング=大人が訓練する』

ではなく

『ラーニング=子どもが自ら学ぶ』

ということですね!

近年、乳幼児教育の世界では

子どもの主体性

がますます重要視されてきています

しかし

排泄の主体性

まだまだ大切にされていません

そんな中 
モンテッソーリ教育を含めた
乳幼児教育の専門家の中に

『おむつに頼り過ぎない排泄ケア』

の重要性を理解して実践される方が
最近じわじわと増えていて
とても嬉しく思っております(^^)/

誰よりも赤ちゃんたちが
喜んでいると思います(^^)/


『子どもの主体的な排泄』


を大切にするには

まずは
ーーーーーーーーーーーーーーー
子どもが持って生まれてきている
排泄能力の本来の姿
ーーーーーーーーーーーーーーー

を正確に理解する必要があります

おむつをあまり使わないで
子育てをしていた昔の日本人や

今もほとんどおむつを使わない
途上国の田舎のお母さんたちは

 

目の前の赤ちゃんのことを
理屈抜きで感じ取る能力

を持っていた(いる)ので

赤ちゃん本来の排泄能力を
正確に理解していた(いる)のです

しかし今の日本人の多くは
そうではありません

目の前の赤ちゃんのことを
理屈抜きで感じ取ろうとせずに


すぐ第三者の知識や情報に
頼ろうとします

私もその一人でした(;^_^A

だから!!
息子のトイレトレーニングを
ひどくこじらせました(;^_^A

・・・
・・・
・・・

さらに残念なことに
赤ちゃんの排泄能力の本当の姿
についての情報は

育児書にも書いてないし
保育や医療の専門職の養成校でも
ほとんど教えられていないので

頼りになる正確な情報すら
得ることができない(涙)

だから!

3歳すぎても
おむつが外れない!
どうしてなの!!


と悩む親子が後をたたない・・・

・・・

・・・

・・・

でも大丈夫 !(^^)!

おむつなし育児の世界を
少しでものぞいていただけたら

正確な情報はそこに
た~くさんあるのです!

詳しくはコチラを見て下さいね!
↓↓

 

 

・・・

・・・

・・・


これからも
赤ちゃんとの排泄コミュニケーション
(おむつなし育児)はもちろん


幼児期~高齢期の
人生の様々なステージでの
コミュニケーション
に関する
お役立ち情報をお届けしていきますね!

・・・
・・・
・・・

 

  講座情報  

=================

    受講申し込み受付中!
★オンライン第4期(4月スタート)★
おむつなし育児アドバイザー養成講座 
https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser
=================

 



★詳細情報&お申し込みは以下まで
↓↓

※保育施設や保健医療施設/組織職員対象

 

 

=================

   <受講申し込み受付中!>
おむつなし育児×3日間無料動画講座
https://resast.jp/subscribe/146307/183087
=================


 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

 


●和田智代の著書

 


●和田智代のメルマガ
『幸せのコミュニケーションメルマガ』

http://omutsunashi.org/mailmagazine

 

●おむつなし育児研究所公式HP 
(おむつなし育児の重要基本情報)
http://www.omutsunashi.org

●おむつなし育児研究所のFacebook
(おむつなし育児の最新情報)
https://www.facebook.com/omutsunashi.org/


●おむつなし育児研究所公式インスタ

https://www.instagram.com/p/CGHUghUhFKo/

 

●和田智代のFacebook

(和田智代の日常生活あれやこれ)

https://www.facebook.com/tomoyow1
 

●和田智代公式ウェブサイト
(和田智代が色々やってる活動紹介)
http://pbdc.sakura.ne.jp/tomoyo-wada/

●和田智代のブログ
(和田智代のエッセイ図書館)
https://ameblo.jp/miraikosodate/

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

【和田智代プロフィール】

愛知県名古屋市出身

短大の保育科卒業後
実家の保育園にて保育士として働いた後

20代後半に米国の大学に留学し
途上国支援について学ぶ

帰国後、国内の大学院にて
国際開発学修士号取得

30代~40代は
発展途上国での母子保健事業に従事し

アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の
数十か国の保健省をカウンターパートとして

社会調査やプロジェクトマネジメント
ワークショップ・ファシリテーター等の
業務に従事する

40代後半にうつ病になり
約2年間の療養生活を経た後

津田塾大学教授三砂ちづる氏による
「赤ちゃんと排泄」に関する
研究に関わったことを機に

三砂氏および研究チームメンバーと共に
「おむつなし育児研究所」を立ち上げ
所長に就任

 

現在は、神奈川県開成町に
自宅兼オフィス『じねん堂』を構え

『赤ちゃんとの排泄ケアを通じた
 コミュニケーション』
 (おむつなし育児)

など

大人と子どものコミュニケーション
に関する様々な講座を全国で展開

 

語学力を生かし
子育てに関する海外の
先進的な育児関連本の翻訳もこなす

 

二人の息子を持つ母親でもあり
息子たちを日本・メキシコ・米国で
出産・育児したため
海外の出産・育児・留学事情にも詳しい

 

生活の場である神奈川県開成町では
NPO「あしがら農の会」に所属し

農薬や化学肥料を使わない
「米づくり・みそ造り・野菜づくり」を通じ
ささやかな自給的生活を楽しみながら

地域の仲間と共に
「食の安全」について考える活動も行う
 

★学歴

・名古屋大学大学院 国際開発研究科 修士号取得
・米国World College West 教養学部 国際開発学科卒
・名古屋市立保育短期大学 保育科卒


★資格

・プロコーチ(チームフロー)
・メンタルケア・スペシャリスト(メンタルケア協会)
・瞑想インストラクター
・保育士 幼稚園教諭
・ワークショップ・ファシリテーター(ワールドカフェ等)
 

★★━━━━━━━━━━━━━