みらいへつたえる 〜ヒロシマと東海村を繋ぐ架け橋〜
朗読劇の画像アップです😆
本郷さんの演出により朗読劇というより演劇のような素晴らしい舞台になりました。

ご来場くださった、お客さまからもとても良いステージでしたとの声が多く寄せられました😊
ありがとうございます。

朗読劇「ヒロシマの歌」より
朗読:  本郷 弦(無名塾)、高橋星音(無名塾)
演奏: 中馬 美穂(クリスタルボウル)
          Felien de ensemble(四重奏)
             青野 かおり(Clarinet)
             飯島 美里    (Cornet)
             菊池 真希子(Bass Clarinet)
             塙 愛梨        ( Marimba)

写真: Craftreflection  通野崇







そしてご報告
皆様からお預かりした西日本災害復興支援義援金5万円を広島県府中町佐藤町長にお渡ししてきました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

府中町には、実行委員から実行委員長津幡美香、副実行委員長(朗読劇演奏者)青野かおり、ピアニストの大藤ゆかりの三名で伺いました。その際に、府中町への表敬訪問ということで、広報担当の方にもこの公演を企画した想いを聞いていただき、府中町のHPにご紹介いただきました。現地では、府中町役場の方々、教育委員会の方々、おつなぎいただいた方々に大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

お陰様でたくさんのご縁がつながり、府中町で生まれた大切な宝物である「あの夏を忘れない」を東海村の地につなげることができました。そのご縁から今回、義援金のお渡し先を府中町とさせていただきました。

この歌が、これからもたくさんの場所で歌われることを願ってます。

広島での様子は、またアップしたいと思います。

↓府中市のホームページ