はじめまして。静岡で、ひといちばい敏感で繊細なHSPさん専門にお困りごとの相談を承っています。

HSP虹色カフェ/花崎ひとみ 

torie認定 HSPカウンセラー

https://peraichi.com/landing_pages/view/yu5c4

自身もとってもHSP(内向型)です!  

その昔はHSC!笑

感受性の強いHSPさんは豊かな感性の持ち主だと思っていますラブラブ 

 

あしあとキャトル エピスさんの桃のタルト。マイベストな美味しさの、甘すぎないさっぱり味のケーキ!

 

 

親知らずを抜いたときのことです!

抜いた歯を先生が見せてくれたとき、抜いたときのギシギシ・メリメリの感覚が鮮烈に脳に甦ってゾーッとしたし、抜けた歯の見た目(形や長さ)にも想像が膨らんで、悪寒で、一瞬ですが本気身震いしました!笑 

この感覚の反応の強さ・鋭さ、記憶のフラッシュバック、定番のHSP特性かもしれませんブルーハーツ 

 

 

さて、たぶんHSP本か何かで、HSPの中には薬の効きやすい人がいると読んだことがあります。

HSPという概念は最近出てきたものであり、私は自分をHSPなどと意識したこともなく生きてきた、HSPの感覚過敏をたいして気にとめてもいなかったHSPです。感覚過敏はかなりあるのだけれど、特に人と違うとか考えたこともなくラブラブ 

感覚過敏も私の一部、生まれてからずっと付き合ってきていること、当たり前となっているのです。

 

 

服の繊維に過敏とか、歩いて血行が良くなると足がかゆくてたまらなくなるとか(寒冷蕁麻疹?)、そういう人とは違う過敏の症状の出現に、おっと、そうだった、私にはそういうのあるんだったって、いつも後付けで思い出すのですグリーンハーツ

(つまり身に起こることに対して、普段から警戒したり神経質に意識してはいないよーって意味!笑)

 

 

そんな私、歯医者で麻酔を打つと、瞬間直後上半身がカーッと熱くなり、血管の収縮や膨張なのか脈に変化が出て、肺が息苦しいようにも感じ、わー来たーーー!(麻酔薬)異物が入ってきたーーって強く感じます、心臓バクバク、とにかく変化が強いです。

看護婦さんに「麻酔でご気分悪くなったりしていませんか?」と聞いてもらいますが、ここで気分悪いとか言って抜歯が延期になったらたまらない、と、いつも平気な顔をしています。

  

 

数年前、大きな手術をしました。

全身麻酔が解けるとき、ベッドで目を覚ました私の瞼の裏には、幻想のような不思議な光景がぐるぐる回っていましたびっくり

まず、脳裏に見える映像は白黒です。水性ペンで書いたような線のイラスト画。

自分はベッドに寝ていて手術が終わったことは認識し頭はしっかりしています。

目は開いていたか、定かでありません。

頭上の壁が猛スピードでグルグルと縦に走馬灯のように回転していて、そこからライオンや熊や、あらゆる動物が、実写でなく本格的なイラストの動物たちが、回転とともに壁から上半身を飛び出しては吸い込まれるように消え、また次の動物がガバッと現れ、、

脳が作り出した妄想的なものに恐怖は感じませんでしたが、すべてが消えるまで静かに待ちましたブルーハーツ

 

 

「開腹手術」などにより身体に多大なストレスがかかると、それが原因で生じる幻覚妄想、興奮、意識混濁が起こることもあるそうですから、そういうのが関係した可能性もありますねグリーンハーツ

 

  

術後の入院中、看護士さんに眠れないと話したら軽い睡眠薬が出されました。生まれて初めて飲む睡眠導入剤。飲んだら夢で恐ろしいことの連続、本来見えないものが見えてガーン

何が見えたか忘れてしまったけれど(!)、お化けのような怖い、、現実離れしたものや、爆音も聞こえたかな? 目が覚めたあとも、異空間でした。

すごく怖い思いをして、翌朝伝えたら「悪夢は副作用ですね、飲むのやめましょう!」となりました。

 

  

抗生剤でのひどい下痢は何度か。

頭痛薬は半量でも充分効くので量を加減しています。

また咳が止まらなくて気管支拡張剤を貼ると、心臓がバクバク。手が震えたり。それはよくある副作用ですが、HSPである私は結構、あらゆる薬に反応が強いと感じていますブルーハーツ

  

 

胃カメラの麻酔は、11時には覚めるはずが19時ごろまで朦朧と。眩暈で頭がグラングランで、吐いたりと体調悪化、効きすぎたのか怖い思いをしました。

 

 

そういえば長女の出産翌日、私はなかなか目が覚めなかったらしくて、起こしても起きなくて普通の人と違ったらしいです。

随分長く眠っていたね、とお医者様に言われましたブルーハーツ

考えたら反応が強いのは薬だけじゃない。

けれど自分の特徴を知れば、それを受け入れて、流すだけです。人とは違うけどしょうがない、面白い、って、楽しんじゃいましょうキラキラ

 

 

HSC子育てにおいて、なんかこの子の感覚は標準と違うな、と思っても、それをわかってあげるお母さん、お父さんでいいのですラブラブ

そうなってください。ぜひ否定しないで。

笑顔で丸ごと受け入れてあげましょうね。

身体の(脳の)反応が過敏なことは、別に本人がコントロールしてるわけじゃないんですからルンルン

もしね、薬剤過敏といって、効きすぎた反応が出たりしたときには、記録しておいたほうがいいですよ。

HSCの子の取扱説明書のようなものを固めていって、適所で伝えていきましょう!

お医者様には、薬剤過敏は絶対に伝えたほうがいいですからね。

  

 

私は標準と違うことを「ダメ」とか「弱い」と人に言われることが多くて辛かったです。

ちっとも弱音なんて吐かないで、一所懸命強く強く生きているのにハート 人と違うとすぐ言われちゃうんですよね~。