三浦清志投資会社「TRIBAY CAPITAL」  ガサ入れ

東京・千代田区の投資会社の代表が会社の資金を着服した疑いがあるとして、東京地検特捜部が捜査していることが分かりました。  関係者によりますと、会社の資金を着服した業務上横領の疑いが持たれているのは投資会社「TRIBAY CAPITAL」の代表です。



2023年(令和5年)1月19日、太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして刑事告訴された東京都千代田区の投資会社TRIBAY CAPITALの本社と三浦清志の自宅が、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。同社は取引先の代表に兵庫県神崎郡福崎町での太陽光発電所の建設計画を持ちかけ、建設の見込みがないにもかかわらず、出資金およそ10億円をだまし取ったとして、この代表から告訴されていた[注 1]。東京地検特捜部は、押収した資料を分析し、資金の流れなどを解明していくとしている。



TRIBAY CAPITAL
TRIBAY CAPITAL株式会社 – TRIBAY CAPITAL株式会社では投資家に対して持続可能なリターンを提供することをミッションの第一に掲げています。
TRIBAY CAPITAL株式会社では投資家に対して持続可能なリターンを提供することをミッションの第一に掲げています。

tribaycapital.com


チーム紹介 – TRIBAY CAPITAL株式会社
TRIBAY CAPITAL株式会社では投資家に対して持続可能なリターンを提供することをミッションの第一に掲げています。

tribaycapital.com


三浦清志(43)
みうら きよし
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%B8%85%E5%BF%97

三浦 清志は、日本の実業家。 
出生地: 福岡県 宗像市
配偶者: 三浦瑠麗 (2003年から)
学歴: 東京大学
出身校: 東京大学教養学部


福岡県宗像市出身[1]。父親が日本人、母親がアメリカ人のハーフ。父親は教育学者の三浦清一郎で、祖父はNASCAR(全米自動車競走協会)の発起人の一人[2][3]。福岡県立宗像高等学校卒業[1]。東京大学教養学部在学中に三浦瑠麗と結婚。2002年(平成14年)に東京大学を卒業[4]し、外務省に入省[4]。2004年(平成16年)に大臣官房総務課に配属後、組織改変等を担当し、退職。外務省退職後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに転職[4]し、2007年(平成19年)より同社マネージャー。同社を退社し、TRIBAY CAPITALにマネージング・ディレクターとして参画。現在は同社代表取締役社長である。

2023年(令和5年)1月19日、太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして刑事告訴された東京都千代田区の投資会社TRIBAY CAPITALの本社と三浦清志の自宅が、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。同社は取引先の代表に兵庫県神崎郡福崎町での太陽光発電所の建設計画を持ちかけ、建設の見込みがないにもかかわらず、出資金およそ10億円をだまし取ったとして、この代表から告訴されていた[注 1]。東京地検特捜部は、押収した資料を分析し、資金の流れなどを解明していくとしている。


---

妻:
三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura [3][4]、1980年〈昭和55年〉10月3日 -  (42))

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%91%A0%E9%BA%97

日本の政治学者(国際政治学・比較政治学)。学位は博士(法学)(東京大学大学院・2010年)。株式会社山猫総合研究所(独立系シンクタンク自営)代表[4]。旧姓は濱村[8][9](はまむら)。
独立行政法人日本学術振興会特別研究員、東京大学政策ビジョン研究センター講師などを歴任した。

生誕    濱村 瑠麗(はまむら るり)
1980年10月3日(42歳)

神奈川県茅ヶ崎市出身[1][5]。兄と姉、弟と妹がいる5人きょうだいの真ん中として育つ。小学2年のときに神奈川県平塚市へ転居[10]。
平塚市立金旭中学校を卒業、
住所: 〒259-1219 神奈川県平塚市広川12
https://www.google.com/maps/@35.3568923,139.3049281,3a,75y,180h,90t/data=!3m6!1e1!3m4!1spgw-mG0C-GbZiJS3F6oS0w!2e0!7i16384!8i8192

1999年3月に県立湘南高校を卒業して、東京大学理科一類に入学[4]する。


日本の旗 神奈川県
居住    日本の旗 日本
国籍    日本の旗 日本
研究分野    政治学
研究機関    山猫総合研究所(自営)
出身校    東京大学農学部
東京大学大学院公共政策学教育部
東京大学大学院法学政治学研究科三浦清志
みうら きよし
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%B8%85%E5%BF%97




---
父:


三浦清一郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%B8%85%E4%B8%80%E9%83%8E
三浦 清一郎(みうら せいいちろう、1941年 -  (81))

日本の教育学者・教育者。専門は社会教育・生涯学習。三浦清一郎事務所所長。月刊生涯学習通信「風の便り」編集長。
東京都出身。福岡県宗像市在住。
教育評論や研究を行なうかたわら、学校や自治体などの顧問として実践活動を行う。

経歴
1964年 北海道大学教育学部卒業
1968年 北カロライナ州立アパラチアン大学修士
1968年 西ヴァージニア大学助教授(社会学)
1972年 北海道大学大学院教育学研究科博士課程修了
1972年 国立社会教育研修所
1977年 文部省学術国際局国際教育文化課
1978年 福岡教育大学助教授(社会教育)
1980年 シラキューズ大学客員教授
1983年 - 1993年 福岡県生涯学習推進会議座長
1984年 福岡教育大学教授
1988年 北カロライナ州立大学客員教授
1988年 - 1992年 福岡県社会教育委員の会議座長
1991年 福岡教育大学退職
1991年 福原学園常務理事、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学副学長
1991年 - 1992年 文部省生涯学習クリエイティブアドバイザー
1999年 九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学副学長を退職
2000年 三浦清一郎事務所開設

著書
単著
『成人の発達と生涯学習』(ぎょうせい、1982年)
『比較生涯教育 特性別照応分析手法による日米比較』(全日本社会教育連合会、1988年)
『子育て支援の方法と少年教育の原点』(学文社、2006年)

編著書
『現代教育の忘れもの―青少年の欠損体験と野外教育の方法』(学文社、1987年)
『生涯学習とコミュニティ戦略』(全日本社会教育連合会、1991年)
『生涯学習とコミュニティ戦略II』(全日本社会教育連合会、1997年)
『市民の参画と地域活力の創造―生涯学習立国論』(学文社、2006年)

「風の便り」編
https://www.anotherway.jp/tayori/index.htm