三か月経過後の相続放棄のお話 | みらい日記―宇治の司法書士のBLOG―

みらい日記―宇治の司法書士のBLOG―

京都府宇治市のみらい司法書士事務所です。
京都府宇治市・城陽市・久御山町・京都市伏見区を中心に京都全域で活動しています。
相続・遺言・相続放棄・預貯金の名義変更等の遺産承継業務・債務整理についてのご相談を承ります。


テーマ:

さて,今回は三か月経過後の相続放棄のお話。

 

相続放棄は3か月以内にしないといけないよ!ということは当ブログでも触れたことがあります相続放棄のご相談はお早めに

この3か月は「熟慮期間」と呼ばれることもあります。相続するかしないかよく考えるには3か月あれば足りるだろうってことですね。

 

この3か月以内の根拠は民法915条にあります。以下がその条文。

 

(相続の承認又は放棄をすべき期間)

第915条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

 

はっきりキッパリと「3か月以内にしなければならない。」とありますね。でも,「相続開始から3か月経過した相続放棄もできますよー。」なんてよく聞きますよね。当事務所のHPでも似たようなこと書いてますし,実際に相続開始から3か月経過後の相続放棄の申述書を作成し,受理された経験もあります。

 

なぜそんなことが可能かと言うと,相続放棄をすべき期間のスタートが相続開始から(=被相続人が亡くなったときから)ではなく,「自己のために相続の開始があったことを知った時から」だからなんです。

この,「自己のために相続の開始があったことを知った時から」について重要な判例があります(昭和57年(オ)第82号同年4月27日最高裁判所第二小法廷判決)。

少し長いですが,引用します。

 

「民法九一五条一項本文が相続人に対し単純承認若しくは限定承認又は放棄をするについて三か月の期間(以下「熟慮期間」という。)を許与しているのは、相続人が、相続開始の原因たる事実及びこれにより自己が法律上相続人となつた事実を知つた場合には、通常、右各事実を知つた時から三か月以内に、調査すること等によつて、相続すべき積極及び消極の財産(以下「相続財産」という。)の有無、その状況等を認識し又は認識することができ、したがつて単純承認若しくは限定承認又は放棄のいずれかを選択すべき前提条件が具備されるとの考えに基づいているのであるから、熟慮期間は、原則として、相続人が前記の各事実を知つた時から起算すべきものであるが、相続人が、右各事実を知つた場合であつても、右各事実を知つた時から三か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかつたのが、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があつて、相続人において右のように信ずるについて相当な理由があると認められるときには、相続人が前記の各事実を知つた時から熟慮期間を起算すべきであるとすることは相当でないものというべきであり、熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算すべきものと解するのが相当である。」

 

物凄く短く要約すると「相続財産が無いと信じていて,相続財産が無いと信じるのに相当な理由がある場合は,相続財産があると知ったときから3か月が熟慮期間だよ。」と言ってます。

 

この「相続財産が無いと信じるのに相当な理由」をきちんと裁判所に説明し,かつ,「相続財産があると知ったときから3か月」が経過していないとも説明し,「熟慮期間(3か月)が経過しているように見えるけど,実は経過していない。」と裁判所が受け入れれば相続放棄が受理されます。

 

裁判所への説明にあたっては,できるだけ具体的な資料をそろえる必要がありますし,「相当な理由」は客観的に認められるものでなくてはいけません。このあたりの資料の収集や裁判所に認められやすい理由を依頼者からの事情聴取で拾い上げるのが専門家の腕のみせどころです。

 

法に「3か月以内に」とはっきりキッパリ書いてあるからには,「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月経過」の相続放棄は裁判所は受理しません。「3か月経過してません!」と主張するのです。このあたりを理解していないと,「3か月超えているけど気の毒な事情があるから特別に認めてほしい。」みたいな説明をして,「3か月経過しているからダメだね。」とあっさり蹴られてしまうことになります。

 

3か月経過後の相続放棄は必ず認められるものではありません。「相続財産が無いと信じるのに相当な理由」が全然見当たらなかったりすることもありますから。逆に,「相続財産が無いと信じていて,相続財産が無いと信じるのに相当な理由がある場合」だったとしても,「相続財産があると知ったときから3か月」が過ぎてしまったら,やっぱり相続放棄は受理されません。また,相談に来る前はご本人は無理と思い込んでいたけど,お話を聞くと「可能性ありますよ。」となる場合もあります。

 

いずれにしても,「もしかしたら…。」と思うようなことがあったらすぐに専門家に相談です。すぐに相談すれば間に合うかもしれません。逡巡しているうちに3か月過ぎてしまったらどうしようもありませんからね。

 

この記事の続きのお話は↓

遺産分割協議をした後に相続放棄ってできるの?

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

みらい司法書士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス