みらい日記―宇治の司法書士のBLOG―

みらい日記―宇治の司法書士のBLOG―

京都府宇治市のみらい司法書士事務所です。
京都府宇治市・城陽市・久御山町・京都市伏見区を中心に京都全域で活動しています。
相続・遺言・相続放棄・預貯金の名義変更等の遺産承継業務・債務整理についてのご相談を承ります。

【京都府宇治市・城陽市・久御山町・京都市伏見区で相続・遺言・相続登記・相続放棄・預金・貯金の名義変更・払戻手続等遺産承継業務・債務整理に関する無料相談】




みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・預金・貯金の名義変更・払戻手続等遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。


生前贈与や相続税,相続時精算課税制度などについてもお尋ねになりたい方は,当事務所にご協力いただいている税理士も同席してお話をうかがうことができます。ご予約の際に税理士相談も希望とお知らせください。


また,土日祝日や業務時間外の相談も可能な限り受け付けておりますので,ご希望の方はお問い合わせください。相続関係の相談については,お体の不自由な方には近隣であれば出張相談にも応じております。お問い合わせください。




みらい司法書士事務所のHPはこちら


みらい事務所バナー



債務整理専門サイトはこちら


債務整理バナー


 


お問い合わせ・相談のご予約はこちら


メールでのお問合せ(24時間受付)


ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555


 


電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)



 


 


みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。


 

借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ

借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ(その2)

からの続きです。その1とその2のまとめは↓

・借金で苦しんでいる方は,今すぐみらい司法書士事務所に相談しましょう。解決できない借金問題はありません!

・生活費不足で困っている方は,まずは家計簿を付けましょう。

・家計簿に使途不明金がある方は幸いです。あなたにはきっと無駄遣いがあります。無駄遣いを減らせば生活費不足は解決です。

・使途不明金が無いあなたは大変です。これから頑張りましょう!

 

 

さて,家計簿をつけた結果,使途不明金がほとんどなかったり,使途不明金を精査した結果,無駄遣いが見つからなかった方。これからすべきことは以下の2つです。

1.収入を増やす

2.支出を減らす

 

「収入を増やせばいいんだね?これで一発逆転!」と競馬・競艇・FX取引に突撃したり,ネットワークビジネスに突撃したりするのはやめましょう。たくさんの方が手元資金を溶かして,借金を増やし,家族や親類,友人からの怒りや軽蔑を買ってから当事務所に来ています。

 

現実的にできるのはパートやアルバイトをするくらいです。とはいえ,子供が小さかったり,介護が必要な家族が居たりして思うように仕事ができない場合もあるでしょう。

 

ということで,誰にでもできるのは,2の支出を減らすです。そもそも収入を増やす為に今すぐパートやアルバイトを始めても,お金が入るのは通常は1か月後です。それまでは節約するしかありません。

 

現状で無駄遣いが無いと思っているのに何を節約すればよいのかはわからないでしょう。しかし,お金が足りないのだから,何かを減らさなくてはいけません。

「必要か必要ではないか?ではなく,足りるか足りないか?」

が問われていることを自覚しましょう。当事務所で相談中に必要性を力説する方が結構いますが,それを受け入れて当方が「しかたないですねー」とはなりません。だってお金が足りないんだもん。何かを諦めるしかないじゃないですか。

 

さて,諦めるといってもどれも手を付け難いと感じている方にお勧めの節約しても生活の質が落ちにくいものランキングが↓

 

1,保険

自動車保険は事故に備えるものですから節約して解約してはダメですが,生命保険や個人年金,学資保険は節約対象です。

保険は将来に備えるものであるところ,現在の生活が立ち行かなくなって借金で保険料を支払うのでは本末転倒です。

 

2,通信費

携帯電話料金はわかりやすく削れます。スマホ決済でゲームに課金していたり,音楽をDLしている方はやめましょう。それが無くても大して生活の質は落ちません。

 

3,交際費・慶弔費

本当に必要ですか?見栄張ってませんか?「付き合いは大事」といって無駄遣いしてませんか?

一切の交際費や慶弔費を支払いべきではないと言っているのではありません。借金してまでするもんじゃないって言っているだけです。身の丈にあったお付き合いをしましょう。

 

4,自動車

実はあまり必要ではないのが自動車です。少なくとも宇治市近郊ではそうですね。あると便利ですが,無いからと言って暮らせないほどのものではありません。自動車は年間で30万円ほどの維持費が必要です。

 

5,食費

無理なく節約できる範囲の食費を超えている場合は,ちょっと意識するだけで簡単に節約できます。目安は2万円+(1万円×人数,外食費を含む)です。4人家族で5万円くらいですね。4人家族で5万円を超える食費の支出がある場合は,内訳を見直してみましょう。多くの場合,その中には食費とは言いにくい支出(お菓子やおやつ類,ジュースなど)があるはずです。それを控えるだけで簡単に減らせるはずです。そこから先は創意工夫が必要になってきますけどね。

 

番外,家賃・住宅ローン

そもそもが無理な家賃や住宅ローンを支払っている場合は,そこを諦めることも考えましょう。立派な家に住んで,必死の節約を続ける生活って…?宇治市は戸建て賃貸が結構たくさんあります。外観が古くても内部はリフォーム済で快適,かつ家賃は安い物件もありますよ。

というか無理な住宅ローンが借金の原因である場合は,真っ先に何とかしないと何をやっても無駄になります。節約対象と言うより借金の原因そのものですからね。

 

上記ランキングは当事務所のこれまでの経験から考える,依頼者が負担を感じ難い順番です。多くの方は,食費や日用品の節約から頑張ろうとしますが,おススメしません。細かな節約はストレスが多い割に効果が薄いです。また,「みんなで頑張ろう!」と何となく始めると,それぞれ頑張りどころが違っていたりして,お互いに不満を持ってしまうことになりかねません。

まずは家族でよーく話し合いましょう。しかし,

 

「誰のせいで~」という犯人捜しみたいなことは絶対ダメです。

 

話し合いは具体的にしなくてはいけません。そして,話し合いの対象はお金の使途に限るべきです。「困った困った。頑張ろう。」ではいけませんし,「○○の無駄遣いが~」なんて論外です。家計簿を付けたすべての支出を挙げて,何を優先して何を諦めるのかを家族で話し合うのです。そのときに気を付けたいのは欲しいもの必要なものをきちんと区別すること,欲しいものに順位付けをすることです。

 

毎月の収入で支払えないほどの「欲しいもの」を買っていたのならば,それは全部浪費です。「他と比べて~」とか「このくらいは許されるでしょ?」とかはありません。「子供のための支出だから」とかもダメです。「これは自分の生きがいだから~」もだめです。

 

自分のお金で買えないものは自分のものではないのです。

 

何にどれだけお金を費やすか?何を残して何を諦めるか?について,家族で真剣に話をしましょう。話をすることができれば,ほとんどの方の「生活費不足」は解決するはずです。

 

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ

の続きです。

 

まずはおさらい。

借金で苦しんでいる方は,今すぐみらい司法書士事務所に相談しましょう。解決できない借金問題はありません!

生活費不足で困っている方は,まずは家計簿を付けましょう。

 

 

さて,では改めて前回の続きから。

初めて家計簿を付けた場合,家計簿上は残っているはずの現金・預金が実際には残っていないことが通常です。これは使った覚えがないけどいつも間にか使ってしまっているお金,いわゆる使途不明金があるからです。この使途不明金の存在を知ることが家計改善の第一歩です。使途不明金が一切ないなんてほとんど奇跡みたいなもので,どの家庭でも多かれ少なかれ使途不明金はあります。これは無意識に使ってしまっているお金ですから,帳簿でその存在を認識しない限り節約が不可能という厄介なものです。気づいていないものを気を付けるなんてできませんからね。

過去の当事務所の債務整理の依頼者様の場合,収入の半分が使途不明なんて方も居ました。収入の半分というのは極端な例ですが,5万円くらいの使途不明金は珍しくはありません。

 

さて,この時点であなたの家計は↓のどっちでしょうか?

 

①,使途不明金がたくさんあるよ~,やばいよやばいよ~

②,使途不明金が少しだけありますね…,ゼロにできるように頑張ります!

 

「わたしは①だ…,やばいよやばいよ~」と思ったあなた!

大丈夫です。本当にやばいのは②の方です。

 

というのは,現在の生活費不足の状態を改善できる余地がより大きいのは①の方だからです。①の方がまずすべきなのは,使途不明金の実態を確認し,不要不急の支出を控えることです。ほとんどの場合,これだけで家計収支の問題は解決します。5万円の使途不明金のすべてが必要な支出ということはまずありません。半分以上は不要不急の支出…,要は無駄遣いです。ですから,無駄遣いを辞めるだけで2~3万円の家計改善効果があるのです。

 

しかし,これでまだ家計収支の均衡が取れない場合は②の方と一緒にもっと厳しい家計改善策に取り組むことになります。

 

借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ(その3)へつづく

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大の前後で,世の中は違う様相を呈してきました。一時の息詰まるような雰囲気は幾分和らいだものの,経済活動は停滞気味です。この状況はごく短期で大きく変わることはなさそうです。これから少なくとも数年の間は所謂「不況」となるのでしょう。

 

当事務所でも収入が減ったことで困っている方の相談が増えてきています。また,すでにご相談いただいていて一旦は解決の道筋をつけられたと考えていたものが,収入減によって見直しを迫られる事例もいくつかあります。

 

さて,今日のテーマは「借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ」です。

 

まず,前者の方は

いますぐみらい司法書士事務所へ相談に来ましょう!

当事務所は債務整理について豊富な経験があります。断言しますが,

解決できない借金問題などありません!

 

次に後者の方,今は「借金問題に苦しむ」というほどではないけども,貯金を取り崩して何とかしていたり,少しづつ借金が増えてきていたりして,このままでは拙いのではないかと不安を感じているような方です。

 

何とか収入を増やしたり,支出を減らしていかなくては,と頑張っている方もいることでしょう。もっとも,収入を増やすことが簡単にできるのならば不安などあろうはずがありません。収入は外的要因,要は景気に左右される部分が多々ありますから,自身の努力だけでうまくいくとは限りません。

したがって,確実に効果があるのは支出を減らすことです。

 

では,どの支出をどれだけ減らすべきか?全部でどれだけ支出を減らせば良いかを把握していますか?

 

ゴールを設定しないで走り出すのは無謀というものです。それではペース配分ができません。永遠に走り続けることなどできません。まずは現状の把握をしましょう。

 

ということで,まずは家計簿です。

 

完璧なものでなくても構いませんから,まずは1か月の家計を記録しましょう。ここでとてもとても大事なのは,家計簿をつける月の最初と最後の現金・預金の額をきちんと把握することです。

家計簿に漏れや誤りがあったとしても,現金・預金の額はきちんと数えれば間違いなく把握できます。

 

↓は当事務所でおすすめしている簡単な家計簿のつけ方です。

 

↑で一か月分の記録をして

↓の表にまとめます。

 

100円ショップで家計簿を売っていたりしますけど,これまで家計簿をつけたことがない方にとってはオーバースペックです。家計簿を付けようと思い立って購入したものの,記入欄の多さに嫌になって諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。最初からきっちりした家計簿なんて不要です。このくらいの把握で十分役立ちます。

 

さて,一か月分の家計収支を記録できましたか?では答え合わせです。

なんと!家計簿上で残っているはずの現金預金が月末に消えています!!おかしい?使った覚えが無いのに…。

 

そうです。まずは使途不明金の存在を認識するところから始めるのです。

皆さん節約を思い立つと,自分で意識して使っているところを減らそうとします。ところが,実際には無意識に使ってしまっているお金が結構あったりするんですよね。

 

続きはこちら↓

借金で苦しんでいる方,生活費不足で困っている方へ(その2)

 

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

【アンケート本文】

1.当事務所にお越しいただく前は,どのようなことが心配・不安でしたか?

家族に知られずに過払い金の手続きとかできるのか不安でした。

 

2.当事務所の法律相談はいかがでしたか?不安は解消されましたか?

安心しておおまかせ出来ました。

不安は解消されました。

 

3.当事務所の接客・サービスについて感じたことがあればご記入ください。

親切に対応していただけました。

 

司法書士からひと言

K・K様は,お亡くなりになった旦那さん名義の借金の返済を続けていました。当事務所で経緯をお伺いしたところ,大幅な減額または過払いになっている可能性が高く,このまま返済を続けるのはもったいないことと思われました。

過払いであった場合には,亡くなった旦那さんの相続人全員で対応する必要がありますが,K・K様は子供には借金のことを知られたくないとのご意向でした。通常であれば子供さんに事情をお話しして協力していただくところですが,K・K様のご意向により,そのまま事情を伝えることもできません。しかし,K・K様にさらに詳しく状況をおたずねしたところ,借金や過払い金のことを告げずにお子さんたちからの協力を得る方法があるとわかり,無事に解決をすることができました。

 

「家族には話せない」と一人で悩むのはもったいないです。K・K様はどうしたらよいのかわからないままに,当事務所に相談した結果,良い解決方法を見つけることができました。

K・K様がこれから心穏やかに過ごされることをお祈りいたします。

 

 

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

なかなか刺激的な記事タイトルをつけてしまいましたねぇ…

 

債務整理の相談がじんわり増えてます。新型コロナウイルス感染拡大後はまぁ不況ですよね。収入が減ったとか,仕事が減ったとかの話はたくさん聞いています。今のところ正規雇用は政府の支援でぎりぎり持ちこたえていますが,パート勤務は勤務時間が減ることがそのまま収入減ることにつながりますし。

 

専業主婦なんて幻想ですよ!ほとんどの家庭は奥さんのパート収入なしには家計は維持できないのが現実(厳しい現実についてはこの記事が秀逸。)。たとえ奥さんのパート収入が毎月3万円程度だったとしても,それがいきなり無くなって,今すぐ毎月3万円節約しなくてはいけないってなったら…。まあ無理ですね。

 

毎月のお給料がそれほど減っていなくても,ボーナスの減少は避けられません。住宅ローンをボーナス払い併用で支払っている方はボーナス月に苦しむことになります。自動車を持っている方は,自動車税や車検費用の支払いに苦しむことに…。

 

ある程度の貯蓄がある方ならば,少しずつ取り崩しつつ家計を見直して…,とソフトランディングができますが,ぎりぎりで遣り繰りしていた方は,だいたい借金に頼ります。「今月ちょっと苦しいから…」と足りない3万円を借りて,他に何もしなかったら翌月は足りない3万円はそのままに返済もしなくちゃいけません。毎月3万円借金が増えると1年で36万円ですが,現実はもっと早いペースで借金は膨らみます。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響が終息するまでどのくらいの期間がかかるかは諸説ありますが,欧米諸国で再び感染拡大している現況に鑑みれば,この先半年や1年で収まるとは思えません。ということは,すくなくともこの先2~3年は収入が減ると想定して家計と生活を見直すしかありません。

 

借金で維持する生活はいずれ破綻します。破綻したら返済できないことに変わりはありませんから,専門家の知識と知恵を借りて,“上手に”破綻することをお勧めします。思い切っていろんなものを手放して,借金のことを心配しないで済む生活をしましょう。家やクルマなんかは思い入れもあって手放し難いですが,案外手放しても困らないものです。

 

抱えきれないものを抱えて苦しむよりも,手放して破産しちゃったほうが幸せですよ。

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

来る11月8日(日)10:00~11:00

羽戸山集会所にて「相続問題事例紹介」講演をさせていただきます。

 

当事務所で過去に取り扱った相続事例を参考に,知っていれば役立つ法律知識をご紹介します。

お問い合わせは,羽戸山サロン推進委員会(代表:石井博様,連絡先:0774-31-5565)まで。

 

 

 

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

 

遺産承継業務(任意相続財産管理業務)のお話(相続した預金の名義変更や払戻ってどうやるの?)

がそこそこアクセスがありますね。お仕事のご依頼はあんまりないですけど…。
まあ自分でできる方は自分でするからいいんです。当事務所にご依頼くださる方は自分でできない事情が有る方ですからね。
 
今回は有価証券の相続のお話です。有価証券ってなんぞ?株や投資信託ですね。これらの有価証券は,預金の相続とはちょっと違います。
 
有価証券の場合も,預貯金の残高証明と同じような証明書を発行してもらえます。預貯金と違うのは,①取得時の価額,②相続時の価額,③現在の価額の3つがあるところですね。他にも色んな価額があるんですがメンドクサイので省略。
 
さて,有価証券を相続する方法としては
①売却してお金に換えてから分割
②有価証券を保有したまま相続
 
の2つの方法があります。①の場合,預貯金と同じく司法書士が任意相続財産管理人として売却手続まで行うことができます。司法書士にお任せでできますし,お金に換えれば相続人に公平に分配できますから,面倒が無い方法です。値段の変動に心を揺らさなければこれが一番わかりやすく確実な方法です。
 
では②の場合はどうでしょうか?
 
これは司法書士が全てを代行することはできません。というのは,まずは相続する方が証券口座を開設しなくてはいけないからです。証券口座を開設することは本人しかできません。まあ当たり前ですよね。預貯金の場合は被相続人の口座の名義書き換えで済みますが,証券口座の名義書き換えはできないんですよね。証券取引法に引っかかるようです。
それから気をつけないといけないのは,日本国外に居住していたり,海外勤務の予定がある相続人の場合です。ほとんどの証券会社は海外居住者に口座開設を認めていません。また,海外勤務に際して有価証券を持っていると,含み益に課税されたりするんです。このへんの詳しい話は税理士さんの領分です。相続人が海外居住していたり,その予定があると面倒だと覚えておきましょう。
 
また,有価証券は日々価値が変動しますから,厳密に公平な遺産分割は難しいです。細かな金銭の多寡に拘る相続人が居る場合は売ってしまった方が簡単でしょうね。どうしてもその有価証券が欲しいなら,自分で買えばいいんですしね。細かい話をすれば相続した場合と自分で買った場合の損益の差はあるんですけど,司法書士が取り扱う遺産承継業務で何千万円もの有価証券があるということは稀ですので,そこまで気にするほどのことは無いはずです。
 
 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

 

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

 

読者向けというより,自身への備忘録的なエントリー。

 

養育費の未払いにより,給与差押となった状態で自己破産を申立てをするとどうなる?

 

POINT①

・ 養育費は非免責債権

・ しかし,過去の未払い分の養育費は破産債権(破産手続により配当すべき債権)

→したがって,他の破産債権者に優先して弁済してはいけない

 

 

差押えの停止(同時廃止事件の場合)

・ 債権差押命令停止の上申書を執行裁判所へ提出すると差押えは停止される。

添付書類→破産手続開始決定,同廃止決定の正本(民事執行法第39条1項1号に定める書面に該当,破産法第479条第1項による。)

 

MEMO

・ 破産手続開始決定同廃止決定がされた後は,破産債権に基づく強制執行をしてはいけない(破産法249条1項)

・ 同時廃止事件の破産手続開始決定は,民事執行法第39条1項1号の「債務名義(執行証書を除く。)若しくは仮執行の宣言を取り消す旨又は強制執行を許さない旨を記載した執行力のある裁判の正本」に該当する。

 

以下,関連条文。

 

破産法より

(強制執行の禁止等)
第二百四十九条 免責許可の申立てがあり、かつ、第二百十六条第一項の規定による破産手続廃止の決定、第二百十七条第一項の規定による破産手続廃止の決定の確定又は第二百二十条第一項の規定による破産手続終結の決定があったときは、当該申立てについての裁判が確定するまでの間は、破産者の財産に対する破産債権に基づく強制執行、仮差押え、仮処分若しくは外国租税滞納処分若しくは破産債権を被担保債権とする一般の先取特権の実行若しくは留置権(商法又は会社法の規定によるものを除く。)による競売(以下この条において「破産債権に基づく強制執行等」という。)、破産債権に基づく財産開示手続若しくは第三者からの情報取得手続の申立て又は破産者の財産に対する破産債権に基づく国税滞納処分(外国租税滞納処分を除く。)はすることができず、破産債権に基づく強制執行等の手続又は処分で破産者の財産に対して既にされているもの並びに破産者について既にされている破産債権に基づく財産開示手続及び第三者からの情報取得手続は中止する。
2 免責許可の決定が確定したときは、前項の規定により中止した破産債権に基づく強制執行等の手続又は処分並びに破産債権に基づく財産開示手続及び第三者からの情報取得手続は、その効力を失う。
3 第一項の場合において、次の各号に掲げる破産債権については、それぞれ当該各号に定める決定が確定した日の翌日から二月を経過する日までの間は、時効は、完成しない。
一 第二百五十三条第一項各号に掲げる請求権 免責許可の申立てについての決定
二 前号に掲げる請求権以外の破産債権 免責許可の申立てを却下した決定又は免責不許可の決定

 

民事執行法より

(強制執行の停止)
第39条
強制執行は、次に掲げる文書の提出があつたときは、停止しなければならない。
一  債務名義(執行証書を除く。)若しくは仮執行の宣言を取り消す旨又は強制執行を許さない旨を記載した執行力のある裁判の正本
二  債務名義に係る和解、認諾、調停又は労働審判の効力がないことを宣言する確定判決の正本
三  第22条第2号から第4号の2までに掲げる債務名義が訴えの取下げその他の事由により効力を失つたことを証する調書の正本その他の裁判所書記官の作成した文書
四  強制執行をしない旨又はその申立てを取り下げる旨を記載した裁判上の和解若しくは調停の調書の正本又は労働審判法 (平成16年法律第45号)第21条第4項 の規定により裁判上の和解と同一の効力を有する労働審判の審判書若しくは同法第20条第7項の調書の正本
五  強制執行を免れるための担保を立てたことを証する文書
六  強制執行の停止及び執行処分の取消しを命ずる旨を記載した裁判の正本
七  強制執行の一時の停止を命ずる旨を記載した裁判の正本
八  債権者が、債務名義の成立後に、弁済を受け、又は弁済の猶予を承諾した旨を記載した文書
2  前項第八号に掲げる文書のうち弁済を受けた旨を記載した文書の提出による強制執行の停止は、四週間に限るものとする。 3  第1項第八号に掲げる文書のうち弁済の猶予を承諾した旨を記載した文書の提出による強制執行の停止は、二回に限り、かつ、通じて六月を超えることができない。

 

 

POINT②

・ 非免責債権であっても,破産債権であるならば,他の債権者と平等に取り扱われる。

・ 破産手続中に支払ってはいけないだけで,いずれ支払いをしなくてはいけないことに変わりない。

・ 養育費(破産手続開始決定に発生したもの)→非免責債権・破産債権

・ 慰謝料→免責債権・破産債権(但し,破産手続開始決定前に確定したものに限る。) 

・ 財産分与→免責債権・破産債権(但し,破産手続開始決定前に確定したものに限る。) 

 

【アンケート本文】

1.当事務所にお越しいただく前は、どのようなことが心配・不安でしたか?
 

法律等の事柄なので とても訪ねていくことに足が重い感じになり 堅苦しい ちょっとこわい雰囲気の先生が出てこられるのではと,ふあんでした。

 

2.当事務所の法律相談はいかがでしたか?不安は解消されましたか?ご意見をご記入下さい。

 

対応やないようについても,わかりやすく説明していただいたので素人の私でも理解することができました。

とても相談しやすく はじめてこういう事務所を今回利用させていただきましたが,ここの事務所でよかったと思いました。

 

【司法書士より一言】

法律というと堅苦しくて難しいとの印象を持つ方が多いですよね。

普段意識していなくても,法律は私たちの生活に密接に関わっています。普段意識していないだけに,いざ意識するととても難しく感じてしまったり,どうしていいのか分からなくなってしまうのでしょうか。

 

みらい司法書士事務所は,身近な問題を気軽に相談できるところでありたいと願って業務をしています。どうやら,N・T様にはそう感じていただけたようで何よりです。今後も困ったこと,迷ったことがあれば,お気軽にご相談ください。

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。

暦の上ではもう秋ですが,みらい通信2020年夏号をお届けします!

お盆も終わってから発行とか遅いよねぇ。いや,まだまだ暑いからセーフってことで…。

 

さて,みらい通信で触れている「自筆証書遺言書保管制度」。家庭裁判所での検認が要らなくなることの他,公正証書遺言と同じように,相続人による検索ができたりして,なかなか使えそうな仕組みです。

 

ただ,家裁での検認にしろ,自筆証書遺言書保管制度にしろ,あくまでも確認されるのは「その遺言書が法律上の形式に則っているか否か」だけです。遺言者の希望がきちんと満たされるかどうかや,遺言者が見落としている問題がないかどうかについては,事前にきちんと専門家に相談することをお勧めします。

 

みらい司法書士事務所のHPはこちら

みらい事務所バナー

債務整理専門サイトはこちら

債務整理バナー

 

お問い合わせ・相談のご予約はこちら

メールでのお問合せ(24時間受付)

ご予約はこちらから TEL:0774-32-4555

 

電話でのお問合せ(受付平日9:00~18:00)

 

みらい司法書士事務所では,相続・遺言・相続登記・相続放棄・遺産承継業務・債務整理に関する相談は,初回無料で承ります。