【特定行政書士】みらい行政書士事務所のブログ

テーマ:

久々に相続手続きの依頼を頂きました。いつも思う事ですが、人の財産を扱う事は結構神経を使います。相続手続きは相続人の確定から始まり、相続財産の調査、評価そして遺産分割の作成。そして最終段階として不動産の登記や預貯金の解約・払戻し手続きという流れで進めます。今回,手古摺ったのが預貯金の調査でした。一番間違いのない方法は金融機関から残高証明を取得することでその故人の相続財産を正確に把握することができます。しかし、相続人全員の署名した委任状が必要になり手間が掛る事、それも各金融機関ごとに行う必要があります。 今回のお客様は「全部預金通帳を預けるから」と言われ、通帳から残高を拾うことにしました。それが結果的に仇になってしまいました。預貯金は普通預金、定期預金、貯蓄型預金、外貨預金、外貨定期などがあります。これが一冊ずつ独立していれば良いのですが、普通預金に定期預金が入っていたり、ある金融機関では一つの普通預金に3つ付随しているケースがありました。一覧表を作成してお客様に再確認するも「それで良いはず間違いない」と言う始末。その後、解約・払戻し手続きを代行した際、幾つか漏れていることが発覚しました。このお客様は預貯金の分散化をしていたらしく金融機関で6機関9通帳ありました。これでは自分でも把握(失念)できていなのも無理はありません。今回の反省点は手間を惜しまない事。お客様の言葉を信用しない事。この2点です。次回にこれを生かせれば良いのですが...

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス