今日が最終日でした。

 

先に結果から書くと、2位でした。

 

7Rの試合を取り上げます。

 

Aoshima,Mirai(JPN,2359)-Nanjo,Ryosuke(JPN,2323)


1. e4 c5 2. Nf3 d6 3. d4 cxd4 4. Nxd4 Nf6 5. Nc3 Nc6 6. Be2 e5 7. Nf3 h6 8. O-O
Be7 9. Re1 O-O 10. h3 Be6 11. Bf1 Nb4!?
 

以前指したときは11. Qa5 12. Bd2 Qd8という進行でしたが、今回は手を変えます。ナイトがc6のままだとNd5のときにNxd5と取れないので他の場所に移動させる意味合いが強いです。

 

12. a3 Na6 13. b3 Nc5 14. Bb2 a6 15. a4 b6 16. Nh2 Re8 17. Ng4 

16. Nh2~17. Ng4はナイトを交換してNd5と入り込む構想ですが、ポーンを乱すデメリットもあるのでやや意外でした。Qf3~Rad1のような展開を予想していました。

 

17... Bxg4?!

 

ここは迷いましたが17... Nxg4の方が良かったです。18. hxg4 Qc8 19. Nd5と入られる手を気にしましたが19... Bxd5 20. exd5 Bf6=くらいで問題ないです。 

 

18. hxg4 Qc8 19. Be2 Ne6 

 

e6のナイトに期待してこの順を選びましたが、f4に跳んでもビショップをかわしてからg3で追われてしまう形なので大したことありません。

 

20. Nd5 Bd8 21. Bc4 Rb8

瞬間は押し込まれていますが、b5でビショップを追い返せれば押し返せます。


22. Re3! 

 

しかしこれが好手でした。Rc3でクイーンに当てる手を見せられ、黒が嫌な形となります。

 

22... b5 23. axb5 axb5 24. Nxf6+ Bxf6 25. Bd5 Nf4 26. Rc3 Qd8 27. Bc6 Re7 28.
g3 Ne6 29. Rd3 Qc7 30. Bd5 Qb6 

d6に弱点を抱えているのとaファイルを白ルークに取られているのが痛いですが、白もb2のビショップが使えていないので簡単ではありません。

 

31. b4! 

 

好手。Rda3と重ねる手を見せつつNc5を防いでいます。これではっきり苦しくなったと感じました。

 

31... Rc8 32. Rda3 Qd8 33. Ra6 Rd7 34. R6a5
Rdc7 35. c3 Qd7 36. Qd3 Rb8 37. Ra8 Rcc8 38. R1a7 Nc7 39. Rxb8 Rxb8 

スペースが少ない中必死の防戦です。b2のビショップが使えていないこと、白の攻めにポーンが絡まないことが救いです。

 

40. c4! 

 

しかしここで40. c4!が継続手で、ポーンが攻めに参加してはいよいよ苦しいです。40... bxc4 41. Qxc4はc7のナイトがピンの状況では支えきれません。

 

40... Rc8 41. cxb5 Qxb5 42. Qc3? 

 

しかしここは白も決め手を逃します。代えて42. Bxf7! Kh8(42... Kh7 43. Qf3+-) 43. Qxb5 Nxb5 44. Rb7 Nd4 45. b5+-で白勝勢でした。

45... Rc2には46. Bg6でRb8のメイトスレットがあります。

 

42... Bd8 43. Qf3 Qe8 44. Bc4 Ne6 45. Qb3 

黒はナイトとクイーンのピンを外して、白の攻撃を一旦受け止めることができ、ここは難しくなったと思いました。ただゆっくりしているとbがパスポーンなので止まらなくなります。f7,e6へのプレッシャーも強いので正確なディフェンスが求められる場面です。ここが勝負所でした。

 

 

45... Bb6!? 46. Rb7 Qc6??

 

ここは45. Rb8!が正着でした。次こそBb6とすればルークは縦に逃げるしかなく、プレッシャーが弱まります。また、b4のポーンを狙うような展開になれば黒が面白くなるかもしれませんでした。

ルークを追うにしても45... Rc7?! Ra8はビショップがピンになるのでまずいです。

 

47. Bd5 Bxf2+ 

この手に期待をして本譜の順を選びました。しかし正確な対応を見せられました。

 

48. Kg2! 

 

48. Kxf2? Qc2+ 49. Ke3(49. Kg1 Qb1+ 50. Kg2 Rc2+)49... Qg2 50. Bxe6 Qg1+ 51. Kf3 Qg1+はパペチュアルチェックでドローです。

 

48. Qc2 49. Rb8!! 

次に49. Bd4+とすればb2のビショップを取れるので、正直どう指されるのかと思っていましたが、49. Rb8!!が妙手で、白唯一の勝ち筋です。

49... Rxb8 50. Qxc2, 49... Bd4+ 50. Qxc2, 49... Qxb3 50. Rxc8+ Kh7 51. Bxb3、どれも黒は駒損を避けられません。これで負けを悟りました。

 

49... Kh7 50. Rxc8 Qe2 51. Qf3 1-0

 

残り時間数分の中、45手目の時点で49. Rb8まで読むのは厳しいとは思います。とはいえ苦しい局面で勝負を賭けに行っても大抵は最善を尽くされたら失敗します。ディフェンスに徹する手を読むべきでした。

 

 

こちらが表彰式の写真です。参加者、運営の皆さん、4日間お疲れ様でした。またお会いできる日を楽しみにしています!