まずは藤倉五段戦から。向かい飛車対銀冠穴熊から、図は最終盤の局面です。

先手玉は絶対詰まない形ですので、詰めろを続ければ勝つことができます。

▲6四桂

 

まずはこの一手です。

 

△同金

 

代えて△7三玉の変化が難解です。▲7二金△同銀▲同桂成△同玉▲6四桂△7三玉と進みます。そこで最初は①▲8二銀△8三玉▲7一角成で勝ちかと思いましたが、それは△8五歩と突かれて8四~7五のルートがあるので寄りません。

調べた結果、②▲7二銀△6五銀に▲5九飛とするのが唯一の勝ち筋です。△5八香▲6三銀成△同玉▲5二桂成とするのが狙いです。

△7六桂が詰めろですが、▲5八飛△同馬としてから▲5三角成△7三玉▲6三金△8三玉▲7三金打△9二玉▲9三香とすれば詰みます。

▲5八飛が8八に利くのと香が入れば後手玉が詰むのがポイントです。

他にも変化は多いですが先手が勝てる形勢のようです。

ただこの▲5九飛は詰めろでない上に効果も難しいので1分将棋では指すのは厳しかったと思います。

 

▲同歩

 

本譜はこれが▲7三歩△同玉▲6三金以下の詰めろとなり勝ちました。

 

 

続いて田中悠五段戦。角交換振り飛車から図を迎えました。

直前でぬるい手を指し失敗気味ですが、どうバランスを取るかという場面です。

▲2五同飛△同飛▲同桂△2九飛で、後手陣に隙がないのでまずいです。とはいえ△2六歩~△2七歩成も早いです。

 

▲同桂△2四歩▲2六歩

 

桂損を甘受する辛抱の順ですが、これ以外は簡単に悪くなると判断しました。▲2六歩に代えて▲1三桂成△同桂▲9四歩△同歩▲9三歩も考えましたが△2五桂▲9四香△3七桂成と手順に成られて苦しいです。

△2五歩▲同歩△3七角

 

代えて△3三桂▲2四歩△2五桂打のような手も気にしていましたが、得した桂を取り返されそうなので指しにくいようです。

 

▲2四歩△1九角成▲同飛△2四飛

1九の香と角の交換なので一瞬驚きましたが、元々桂得しているので角と桂香の交換、そして2筋突破が確定ということでメリットが大きいとの判断でしょう。対局中は全く自信がありませんでしたが実際は互角のようです。以下は先手の端攻めに後手が反撃する形で熱戦となりましたが勝ちました。