棋王戦 飯塚七段戦

テーマ:

先手中飛車から苦しい局面を粘って図は▲5四飛と打ったところです。

▲5四飛は△5七馬▲2八玉△3八銀成▲同玉△4八馬以下の詰めろを受けつつ、後手玉に▲4一竜以下の詰めろをかけた攻防手です。馬取りにもなっています。

後手も攻め、受けと様々な候補手がありますが悩ましいところです。

 

△3六桂

 

△2八金までの詰めろをかけつつ3八香の利きを止めた手ですが、これが敗着となりました。

感想戦では△4八金打▲2八玉△3八銀成▲1七玉△4五馬▲3四桂△3二玉▲2五銀(△2五桂を防ぎつつ▲4一竜以下の詰めろ)が候補として挙げられましたがはっきりとしません。

しかしここではいきなり先手玉に詰みがありました。

△4八金▲同玉△3六桂

▲3七玉△3八銀成▲同玉△4八金▲3七玉△4七馬▲2六玉△2五香▲1七玉△2七香成▲同玉△2八桂成以下です。

△4八金打から迫っても詰まない形で、詰まさなくても上手い攻防手があれば勝てる局面なので、この詰みはかなり盲点だと思います。

 

▲4一竜△同銀

 

△同玉▲3二銀△5一玉▲4二銀△同玉▲3一角以下の詰みです。

 

▲3四桂△同馬▲5三角△3二玉▲3四飛△3三歩▲3一金 まで

投了図以降は△2二玉▲2一金△同玉▲3一角成△同玉▲3三飛成以下の詰みです。