竜王戦 渡辺正五段戦

テーマ:

先手矢倉から図は終盤戦の入り口です。

3六のと金は手厚い形で後手の主張ですが、現状先手は金桂交換で駒得して玉頭が手厚い形、そして後手の8三銀が遊んでおり総合的に見ると先手優勢の場面です。

 

▲2四同飛

 

寄せありと見て飛車を切りましたがこれが悪手でした。代えて▲2九飛と引いておけば全く問題ありません。△5三角には▲5四歩△3五角▲1一角成で香を取り返せます。後手玉が意外と寄せにくいので見送ってしまいましたが、以下△3三桂▲5三歩成△3八銀▲5九飛(参考図)の局面は後手から先手陣に迫る手段がなく、先手勝勢です。△4七とには▲6八金寄と逃げておき、▲3六香が残ります。

 

△同玉▲2五歩△同玉▲1六銀△2六玉

 

一回△2六玉と入られる手を軽視しておりました。

 

▲5九角△3五玉(図)

2四と4五に逃げ道があるのでこれで後手玉は際どく寄りません。先手陣は5八金が浮いているのが痛く、△2八飛が絶好の一着になります。こうなると先手負けです。