棋王戦 神谷八段戦

テーマ:

私が先手で、後手が雁木模様から中飛車に構え、図を迎えました。

まずは形勢判断です。玉の堅さは似たような囲いですが先手の方が金2枚で囲っており、後手は△8二玉~△7二銀の2手が入っていないので先手持ち。飛角銀桂で攻めの形を作れそうで手番も握っているので先手が良さそうな局面ですが、後手に△3八と~△3七とを許すと桂損となってしまいます。ここでの候補手はいくつかありました。

まず①▲6六角△3三歩▲3四歩で1一香を取りに行く手が見えましたが、これは△2七角▲2六飛(▲3五飛は△3四歩▲同飛△3三歩)△3八角成(参考1図)となります。

▲3三歩成~▲3四歩の攻めがありますが、後手からも△4九と~△4八とという攻めがあるのが嫌味に映り、見送りました。

 

次に②▲3一角はどうでしょうか。▲4二角成~▲3一飛成の狙いですが、△同金▲同飛成△4一飛▲3二竜に△6四角(参考2図)が▲5三金や▲4二金を防ぎつつ4六銀に当てる攻防手となってしまうのが嫌でした。

③▲1五角△3三歩▲3四歩は気付きにくい手ですが有力です。△4三飛には▲4四歩と突けます。

本譜は④▲7五角と指しました。

 

△6四角

 

△5三角なら▲6六角△3三歩と手駒を使わせてから▲4八金としておく予定でした。

 

▲同角△同歩▲3一角△同金▲同飛成△4一歩

 

△4一飛は▲3二竜のときに△6四角と打てません。これが▲7五角の狙いです。

 

▲2一竜△3八と▲3四歩(図)

次の▲3三歩成が激痛で、△4三飛と受けても▲2二竜で受かりません。先手玉は鉄壁なので、ここで後手の投了となりました。