いとこ家族と1泊で近場に旅行~!ルンルン



台風を心配していたけど

渋滞にハマることもなく

土砂降りの時は室内

移動の時は曇りもしくは小雨


なにかとタイミングのいい旅行でした~ウインク



そして、息子も


今回の旅行をとても楽しみにしていて照れ




去年までの不登校時代は…


行くとは言いつつ


当日朝にならないと分からない…


あるあるです笑い泣き



だけど、今回は行かない心配はあまりなく


ただ、睡眠時間の心配だけ笑い泣き



夜中の1時に起き…(笑)
出発~




今までは旅行に行けば、息子のマイペースぶりに、団体行動なんだから…と必ずケンカをしていた…


だけど、『息子を監視しない!』と決めた今は、こちらが何にも言わくてもちゃんと団体行動出来るし、出来なくても私も気にならないニヤリ


ケンカすることもなく
息子もいとこ達とワイワイ過ごし
楽しい旅行だったな爆笑




そして…


楽しかった旅行が終わると…



『学校がもうすぐ始まっちゃうーえーん
もう楽しみないし…』



とテンションが下がる息子⤵︎ 





帰ってきてすぐゲームをしていたので、次の日仕事の私は先に就寝



zzz・・・・・・





楽しかった旅行の余韻に浸ることなく、
疲れた体を休めること2時間…


悪魔は突然やってくる滝汗




夜中の1時…



『学校行きたくないなーぐすん

どーしよう

9月になっても学校に行ける気がしない

このまま行けないかもしれないえーん




きたーゲローゲローゲロー


久しぶりの夜中の問いかけ
しかもかなり重いヤツチーン



ずっとグズグズ言っている



『学校行かないと仕事も出来ないし』

高校・大学を出ないと就職出来ないと思っている
そんなことはないと言っても、ちゃんとした会社に入りたい!それには大学出ないと…となる



『友だちいないし』

学校行ってないんだから、そうそう仲良くなる機会ないよね?



『そもそも通信制高校が行きたかったところじゃない』

まだこれ言う?




『死にたい』

そして↑こうなる
ナンデ?
考え方が究極過ぎる滝汗
0か100の息子





最近はなかったけど、不登校時代にはよく
死にたい、死んだ方マシ
って言っていたえーん
ケンカして仕事に出た日なんて、帰ったら死んでるんじゃないか…
っていつも不安だったショボーン



この言葉が出てきたら、疲れて寝ている場合ではないゲッソリ




でも、なんて言えば正解なんだろう



反論せずに聞いていたけど…
(傾聴を心がける)



死んじゃダメとか正論を言っても
息子はそんなこと分かっている



『死ぬのはいつでも出来る
とりあえずママが生きてる間は生活は出来る
死ぬのはそれからにしたら?』



もちろん死んでいいと言ってるわけではない
きっとその頃には仕事もして自分の人生を生きている!ウインク



だけど息子は


『それじゃあ、申し訳ない
そんな人生だったら死んだ方がマシ』



ガーンガーンガーン




『学校イヤならやめてもいいんだよ?』




『何にも分かってないくせにーーームキーッムキーッムキーッ


キレたアセアセ


そして


『生きてるのが辛いんだょ………』


って…えーん






どうしたら
なんとかなる!
大丈夫!
まっいっか!
って思えるんだろショボーン



そういう本質の持ち主
完璧主義
だからそう思えないのも分かる
小さい時から出来ないと思ったことは初めからしない
負ける(かも)勝負はしない
やってみないと分からないよ?と何度も言ってきた…
過干渉・過保護に育ててきちゃったから、成功体験が少ないせい?...(lll-ω-)チーン






15歳で生きてるのが辛いって…



母はその歳にそんなこと考えもしなかったよ…





夏休みが終わるのもあと2週間




きっと息子の不安は増していくだろう




乗り越えてほしい