〈 2 〉からの続き~っ。



【 中京大学(リーグ戦1位) × 名古屋学院大学(リーグ戦3位) 】

この試合は当初センターコート・第2試合として組まれてたが下位リーグ戦で時間が押してしまい、両チームの帰路移動手段確保の都合上、入れ替えられてた。







中京大は総当たりリーグ戦全勝してただけあって攻撃のバリエーションが多彩だった。
主将の高相みな実(都市大学付属塩尻高・卒)は生まれる時代を間違えたなー。佐々木みきと同世代が良かったかも、というプレイスタイル。この高相と伊藤きわ美(古川学園高・卒)がバックアタックを使えてるので、相手のブロックを散らすのには充分→有利に試合を進められてた。
田中咲希(四条畷学園高・卒)はライトでこの試合一番良い仕事出来てた。
堀迫雅(県立岐阜商業高・卒)は途中出場するも流れに入れてなくて逆転されたから、これは監督の采配ミスな(苦笑)。
第2セットの鍵は若泉佳穂(福井工業大学付属福井高・卒)が握ってて、彼女の活躍度が中盤戦を過ぎるまで影響してて笑った。彼女のサーブ→相手のサーブレシーブがAパスになった瞬間で「あー、得点されるーっ」、彼女のレシーブ→Bパスになった瞬間「あー、ラリーが続くーっ」って分かっちゃうほどだった。 
第3セットは高相―内田―田中の"強ローテ"でペース握るもローテが流れて一旦は逆転許すが、セッターの中條美月(古川学園高・卒)が機転を利かせて"ノッてると感じた"田中へトスを固めるコンダクトが成功して得点重ねて再逆転、そのまま押し切ってストレート勝ち。「過去に中條を巧く活かせなかったノリオ(←古川学園高の監督・岡崎典生)、コノヤロー」と思ったね。春高バレーの女子1、2回戦全試合視てるヒトとしては(笑)。
あ、勝利おめでとうございます。










名古屋学院大は主将でセッターの清水理紗(聖和女子学院高・卒)を中心に、
プレイから見たインテリジェンスでは高相よりは上であろう高橋りさ(岡崎商業高・卒)はサーブ、センター~ライトで、篠原真衣(岡崎商業高・卒)はブロックとセンターで役割は果たせてたが、相手に比べるとミスが少々目に付いて更にブロックの有効本数が少ないと、展開は向こうに握られる事になってしまうよねー。何しろ相手はバックアタックが使えたのでそれを警戒するとブロックを散らされるのは必然で、マークに付けたブロックは確実に決めとかないと(苦笑)。あと、内山明衣(八女学院高・卒)はスパイクの精度足んなかった。
リリーフセッターだった草西花凡(博多女子高・卒)に関しては、高相の強烈なスパイクで痛がるリアクションに萌えた(笑)。









〈 4 〉へ続く。

 


〈 1 〉からの続き。


というワケで、見たのは3試合。関西学連の視察するよりも情報発信が可能だから、"季イチ"ペースで視察したいと思った。だから、公式戦日程発表は早めに頼む(笑)。まー、情報発信数が増えてくれば、選手側も『意識高いプレイ(※中田久美監督の云う、ね。これは大学バレーボール女子全体の問題)』をしてみよーと思うだろー。…今回の会場の地理関係云々としても、観客が少な過ぎだったしね🙍。

学校名の後のカッコは、総当たりリーグ戦での順位。




【 静岡産業大学(リーグ戦5位) × 鈴鹿大学(リーグ戦7位)  】




静岡産業大は、初っぱなに大場有真(藤枝西高・卒)が仕掛けたブロードが効かなかったのは後にして思えば『向こうの弱点であるパワー系攻撃じゃなかったから』なだけで、弱点突けてた後はセンターで良い仕事出来てた。
 主将の坂田美幸(沼田高・卒)は攻撃の主軸として終始安定してたけど、セッターの風間蘭奈(島田商高・卒)はちょっとトス精度低かったなー。ピンクのゴムで髪結んでた土橋瑞稀(建国高・卒)、レフト攻撃は不得手だがライト攻撃は味方のトスミスでも補えるスロースターターで、時間経つにつれて調子とスパイク決定数を上げてた。
與三凜(浜松日本体育大学付属高・卒)は対面ローテのセンターで役割は果たせてて、静産大は相手の弱点を把握してからは"苦し紛れのフェイント"等の小細工は止め、とにかく強打にしてみた第4セットでこれまでと違ってリードする展開にしてからは最終セットもリードしたままチェンジコートにして、一気に勝利を手繰り寄せた。おめでとうございます。







鈴鹿大は身長170cmのセッター・中村優衣(津田学園高・卒)を置いてたが彼女含めた高めの身長選手のディフェンス全般(ブロックも含む)が脆くて、高めの身長のセッター置くメリットがほぼ無くなってる→評価「ただ、こなせてた」にダウンなw。リリーフサーバーで途中出場した水愛理(福知山淑徳高・卒)は仕事出来てたよ。
主将の岡田涼(津田学園高・卒)はレフトでチョー良い仕事出来てる、中野美里(滋賀学園高・卒)は強打軟打の使い分けが良く、真保有沙(北陸高・卒)は本当に相手スペースへの軟打の落とし方が巧く、手原舞乃(近江高・卒)はセンターで役割は果たせてたし…って感じで相手のブロックを振り切れれば決定率は高いんだけど、向こうにパワー系の攻撃されるとディフェンスの脆さがアッサリ出てさぁ。…ここが勝敗の分かれ目だった(苦笑)。








〈 3 〉へ続く。


 

大学バレーボール女子の東海学連1部秋季リーグ戦を視察してきた。


東海学連のに視察へ行きたかったのは理由があって、東海地方はまあまあ人口多いのにバレーボール女子の学生カテゴリーの全国大会成績は冴えず、この夏の高校総体が如実に示してた通りバスケットボールに人材持っていかれてる現実であった…(※地元・東海地方開催とはいえ、準決勝3校が東海地方の学校だった)。つーワケで、見てみようじゃないかと。
セットアベレージを勝敗の後に考慮された総当たりリーグ戦後に上位と下位を半々にしたリーグ戦へ分かれて最終順位を決定する方式。

『リーグ戦星取表』というより『獲得セット表』かな。"3"が試合勝利を示す↓。



で。下位リーグ戦は2コート同時開催、上位リーグ戦は1コート2試合にしての開催が基本。が、この日はパンフレットにあった日程スケジュール表が時間の都合上変更を余儀無くされてて(※下位リーグ戦がフルセットに持ち込まれて時間が押し、『古戦場とその近辺の公共交通機関利用は不便』な立地である開催地からの帰路を考慮しなきゃならなかった為)、上位リーグ戦の第1、2試合開催順を入れ替えてた。




試合開催スケジュールはパンフレットを購入して知ったので、上位リーグ戦も同時開催と思ってた俺には『2試合見る予定が3試合』で、「じゃあ下位リーグ戦はどっちを見るか?」になってしまい、唯一見られなかった試合の岐阜経済大学(リーグ戦6位)×愛知教育大学(リーグ戦8位)の試合前練習の画像を貼っとく事にした↓。







〈 2 〉へ続く。