花yuのブログ

花yuのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

   昨日は、他に所用もあって、聖蹟桜ヶ丘の瀬織津姫様をお祀りしている「小野神社」へ久しぶりに参拝してきました。


   駅の改札口を出て外へ出ると、突然、頭上を鳥の群れが飛んでいくのが、なぜかとても印象的でした。

   陽射しも午後なのですが、午前中のような澄んだ空気の陽射しで、なんかウキウキして、とても気分良く神社へ向かいました。

小野神社は、4年ほど前に、とても辛いことがあった時参拝して、気持ちが落ち着いたことがあり、その後も何かと助けていただいているように感じる事多く、そんなこと全ての御礼をしたい、と思いました。

{0E9D8F53-8B75-44DC-8523-761B892FE91A}

改めて門を見上げると、龍  龍  龍  !

{529680C3-5E09-4062-A68C-CDBC207ECE28}

瀬織津姫様と龍は、いつも一緒ですものね。

   手水舎で、手を清められていた女性が、私の気配を感じて、水に塵がはいらないよう、透明の小さな引戸みたいなものを開けておいてくれました。
はて、以前来た時はこんな引戸はなかったような、、、


その女性が参拝し、私が参拝する時、後で写真をとっていただけませんか。
と、頼まれました。

今日は、お礼やお願いがたくさんあったので、少し私は参拝が長くなりますけど

と、お話しすると、まだずっとここにいますから、大丈夫です。
とのこと。

  これまで、瀬織津姫様に助けていただいこと、たくさんのこと、最近嬉しかった事柄のお礼、そしてお願いもしました。

けっこう時間がかかったと思うのですが、参拝してあの女性を探しても見当たらず。



とりあえず、お札と、会社の同僚にお子さんが受験の為、お守りを頼まれていたので、それらをいただきにいきました。

   中から宮司さんが出てきました。
その時不意に、小野神社を参拝するようになったきっかけを話したくなりました。

私にとっては、不思議なことでした。

   4年ほど前、ある方のブログで、初めて
『瀬織津姫様』という文字を見た時、
その 瀬織津姫  と、いう文字に私の中の何かが反応して、いったいどういう方なのか
調べずにはいられない、という状態になったのです。
ネットでも調べ、図書館で本を借りて、読み
もともとは、全国にお祀りされていた女神様なのに、政治的策略の為、迫害され、その名を消そうとされてしまったことを知りました。

なので、現在全国にも、瀬織津姫様が御祭神になっている神社は、そんなにたくさんありません。
名前を変えてお祀りされている神社は、けっこうあるようです。

そんな中、私の家から一番近い神社が、ここ小野神社だったのです。

そのなぜ瀬織津姫様が気になったのかわからないけど、それがまた不思議に感じていること。

そんなことを宮司さんにお話ししました。
宮司さんも、私みたいな人が時々いることを教えてくれました。

それから、話がドンドン続いて
宮司さんから出たお話しで、まさにそれを昨日私は感じて、さっき、参拝の時お願いしていたので、ビックリしました。びっくり

さらに、お話しを、聞いていると、
またまた、まさに先日金曜日に会社で私が人間というものに感じたそのままのことを話されるのです。

それをさっきと言い、今度といい、そのことをお話しすると、宮司さんは
これは言わされてますね。

と、話されました。

とっても、不思議な気持ちでした。



   聖蹟桜ヶ丘に所用があって、数日前、小野神社のことを思い出し、参拝することになって
もしかすると、小野神社に呼ばれているのかな?
と、少し感じたのですが
この宮司さんとの会話が必要だったのかな?

どうして、ただお札とお守りをいただくだけのつもりが、私が話をする気持ちなったのか
それも、不思議でした。


宮司さんとのお話しを終え、先ほど写真を頼まれた方を、探すと遠くの門の方にいました。

声をかけると、別の方撮っていただいたとのこと。私を撮りましょうか?
と、言っていただいたので、お言葉に甘えて撮っていただきました。

{5563F4B0-F197-4437-9470-B03500C31C09}

そして、その方ともお話しがはずみました。

私が宮司さんお話しした瀬織津姫様を知って、どういう方か調べずにはいられなかった
ことをお話しすると

その女性は、瀬織津姫様と、とてもご縁を感じている方で、この小野神社にもお花を活けて奉納されたことがあるとのこと。

色々お話しを聞きました。
写真を見せていただいたり、一旦ご挨拶して別れた後で、happyちゃんから購入した草場先生の書かれた瀬織津姫様のカードがお財布に入ってることを思い出し、また声をかけさせていただき、お見せしたら、とても喜んで見てくれました。

そこで、また色々、お話ししました。


なぜか話をしていて、とても心地よい方でした。

初めてお逢いしたのに、瀬織津姫様のことをたくさん話せてしまって、不思議と言えば、不思議です。

また、小野神社で、お花を活ける奉納をされるということで、心をこめて活けさせていただこうと思って

と、いうお話しでした。
いつも、心を込めて生きている方かも。
そんな気がしました。

私も、最近の出来事で、そんな生き方がしたいなあ、と漠然ですが感じていたので

お逢いできて、ほんとうに良かったです。


宮司さんとの会話といい、お花を活ける女性との出逢いといい

今日は、・・・なんというか
とても、不思議星な素敵ラブラブな参拝でした。


そして、昨日は、とってもとっても良いお天気で
境内の空気がとても澄んで清々しく感じたのです。

その女性が、裏の方の気分の良い場所を教えてくれました。

ここです。
{88705D82-FCB6-42B6-8F5D-D12F03BDE048}

同じ神社ですが、
この場所は、なんといいますか
建物と空の角度かしら
小野神社の懐の深さみたいなものを感じました。

少し場所が違うだけで、印象が変わってきます。

{88B34A53-7E36-4E0C-858B-481B480A3E37}

{EAB17BDC-34BC-4420-9B8B-C8834A829F27}



{4290E83B-CE49-405F-8933-47E59281F8F1}

{ABE7672B-19D3-4EDC-BC09-CE0701F14671}

{CBACCAFC-3A1E-4F18-9FEA-4AE38EF3B25F}


{ABE32804-5FB9-4AB9-B9FD-F4ED989C79DC}




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス