Miracle Body 公式ブログ

Miracle Body 公式ブログ

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ ランニング障害 野球障害 バレエ障害
スポーツ障害専門 鍼灸スポーツマッサージ治療院


テーマ:

連日の猛暑...皆様お変わりないでしょうか?

大学院の都合もあり、予約の制限を設けていましたが、8月9月は下記の臨時休業以外はしっかり(?)働きたいと思います。


夏季休業及び出張業務のため、8/1(水)・2(木)、15(水)、16(木)、30(木)は、臨時休業します(大学院の都合により変動有)。ご了承ください。

 

そして、長期休み恒例のジュニアダンサー対象ワークショップのお知らせです。

 

今年の夏も全国各地でコンクールやオーディション、ワークショップが開催されていますが、Miracle Body(ミラクルボディ)も、価値あるレッスンを提供させていただきます。どうぞご都合に合わせてご予約ください。

◆『 フィールリズム(Feel Rhythm)』
舞台に立つうえで欠かせず、コンクールにおける重要な採点要素のひとつでもある「musicality=音楽性」に特化したレッスンです。音楽、リズムを感じ、楽しみながら身体で表現する。あなたの「踊り心」を刺激し、ダンサーとしての表現力を磨いていきます。またリニューアルした今回は、リズム感を高めることで、「運動神経=コーディネーション能力」を向上させることを目的としたトレーニングを多く取り入れています。



※「コーディネーション」とは、「身体を安定させ、自由自在に動かす」ことで、目(視覚)や耳(聴覚)、バランス(平衡感覚)といった感覚を研ぎ澄ませ身体を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力です。いわゆる運動神経が良いことは、このコーディネーション能力が優れていることを指します。

日時 7/26・8/9・8/30(木)18:30~20:00
講師 福山 智子 

◆『フロアバレエ』

S.ギエムやM.ルグリら、多くのエトワールたちを育てたフランスバレエ伝統の身体作り。プリエやバットマンなどを“まっすぐな床”に寝た状態でおこなうことで、間違った身体の使い方を見つけて直していきます。バレエの稽古や本番の前に正しいバレエの基礎を作っておくことで、基礎に忠実な踊りができるようになるとともに、成長期における脚の変形や怪我を予防できることから、パリ・オペラ座をはじめヨーロッパ各地のバレエ学校では、ダンサーの育成に不可欠とされています。レッスン後には身体が引きあがるので、動きがとても軽くなる本場フランスのフロアバレエ。プロダンサーを目指している方は是非ご受講ください。

日時・講師
8/7・21(火)13:00~14:30 新家 直美 
8/9・23(木)13:00~14:30 佐々木 達也
 

詳細は→https://miracle-b.com/6649

 

 

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

夏休み企画・ジュニアダンサー対象ワークショップを開催します。皆様、ご都合に合わせてご参加ください。

BASさんと共催のフロアバレエ、そしてリニューアルしたフィールリズムを開催しますので、ご期待ください。

 

詳細は→https://miracle-b.com/6649

 

 

大学院での研究生活は、身体に関わる多種多様な研究者と交流ができ、非常に刺激的です。

 

約10年振りに指導を受ける立場となり、考えさせられることは、知識は知識に過ぎないということ、もちろん知識はあった方が良いですが、実際の問題を解決していくには、それだけでは役に立たないことがほとんどです。

 

問題を解決していくためには、論理的な方法をもって、繰り返し試みるべきことがあります。

 

私たちが抱える問題の多くは非常に複雑で難解なものです。たまたま何かを行って解決することはありますが、それは「まぐれ」と呼びます。再現性のない方法は、いざという本番で失敗する可能性が高く、使えません。

今抱える問題の根本を解決するために必要なことは、
 

①まず、その問題が起こっていることに気付く、わかること(見て、そして身体の感覚で)
 

②その問題の原因を分析し、仮説を立てること(考える、これには知識が必要です)
 

③その仮説に対する解決の方法を試してみること(失敗しても良い、その積み重ねが成功を生みます)


④そのなかから一番良いもの、解決に近いものを選び、繰り返し行うこと(定着するまで練習です)

 

また、人に対して指導するということについては、個人の特性(個性)を見極めながら「指導する技術」の必要性というのを非常に考えさせられています。通り一遍の経験、指導者個人の感覚に偏った指導では通用しない時代になっています。ですから知識が必要で、私たちは学び続ける必要があります。

 

今行っている研究の被験者も、後日、幅広く募集させていただく予定です。

 

研究テーマは、『クラシックバレエダンサー特有の下肢筋形態の発達』。

 

筋肉は使うことで、発達します。一回のプリエ、一回のタンジュという動作の一つ一つが筋肉の発達につながるわけですが、どこを使いどう動けば良いかの科学的な根拠をもって検証していく実験となります。

 

平たく表現すれば、どうすればバレエダンサーに求められる綺麗な身体を作り上げていけるか?ということです。

 

たくさんの海外にいるダンサーの方々にも、協力をお願いしようと考えています。

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

アメブロでのブログ更新をHPへのリンクを貼るかたちで再開します。


お手数ですが、リンク先へいらしてください。

https://miracle-b.com/6597(4月からの営業時間のお知らせ)
https://miracle-b.com/6570(4月開催『フロアバレエ』のお知らせ)

 

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

今年も残すところあと2日の営業となりました。

皆様今年も大変お世話になりました。


12月末は、バレエ留学中の子どもたちも身体のチェックに来てくれて、お陰様で忙しい年末となりました。12月のコンクールでは留学先がフルスカラで決まったとのお知らせも聞いています。

 

皆それぞれ進度は違いますが、次のステージへとステップアップしていってくれていることを大変嬉しく思います。

 

陸上の方は、ニューイヤー駅伝に向けて選手のコンディショニング調整も行いました。

 

年末年始は3日間だけお休みをいただき、念願の吉本新喜劇を観劇予定です(笑)。あとはニューイヤーと箱根駅伝を見て、リフレッシュしようかと思います。

 

今年の年始は東京出張をしましたが、子どもたちの夏休み等の長期休暇中に依頼されたバレエスタジオへの出張以外は、来年以降しばらくは腰を据えて大阪でと考えています。私自身も10年後に向けて自分の勉強の方も着々と準備を進めていくつもりです。

{3459EFD7-4223-48EB-9B9D-F528DB95669B}

クリスマスは終わりましたが、ヨガサンタが増えました(笑)。

どうぞ来年もMiracle Bodyをよろしくお願いいたします。

年末年始の営業と店舗休業日のお知らせ
12/30()18時まで通常営業
12/31()~1/2(火)店舗休業日
1/3(水)から通常営業

新春フロアバレエもWEB予約受付中です(12/28現在)。
1/3(水)キャンセル待ち
1/4(木)残り1名
1/5(金)残り4名
https://miracle-b.com/dance

 

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

寒さが身に染みる季節です。12月は体調を崩される方も多く、直前のキャンセルが比較的多く出ます。急患の方は、WEB予約で事前に埋まっていても、お問い合わせいただければと思います。

 

というわけで少し時間が空いたので、HPとブログの更新をしています。

 

マラソンの方は、先週の福岡国際でうちに来ている選手が好記録を出して、2020年東京オリンピックに向けての選考レースであるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場を決めました!

 

クラシックバレエの方は、YAGP日本予選を境にして、新しい子どもたちも増えていますし、改めてこちらの指導方針をご理解いただくためにHPの方に新しい記事を追加しています。

https://miracle-b.com/5354(Miracle Bodyについて)

 

新春フロアバレエもWEB予約受付中です。

★これからプロのダンサーを目指す子どもたちに、本番前やレッスン前の身体の準備や確認のためにフロアバレエを取り入れてほしいという意図から、今後も長期休み期間中の平日昼に開催予定です。詳細は→https://miracle-b.com/dance


■12月の日祝の予約状況(12/21更新)

12/23()キャンセル待ち受付中

12/24()9時~9時半、15時~15時半、17時〜18時、18時半~19時

12/30()9時~10時
 

■年末年始の営業と店舗休業日のお知らせ
12/30()18時まで通常営業
12/31()~1/2(火)店舗休業日
1/3(水)から通常営業

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

ジュニアダンサー対象ワークショップは、12/10()で日曜夜の開催をひとまず終了します。それに代わり、2018年の年始に、BASさんと共催でフロアバレエのワークショップを開催します。3日間すべてWEB予約を開始しています。

 

前回、中村祥子さんがレッスンや身体作りについて話している動画をご紹介しました。

 

「ベーシックな部分でこだわって追求しているものは変わらない、学校時代に習ったこと、少しずつ自分でも確信して、見出して来たもの…」
 

「ベースはレッスンで、普通のレッスンでお腹を引き上げて、1時間半レッスンを行えば腹筋は絶対つく、特別にする必要はない。ただ家でバランスボールを使ったり、ストレッチをしたりして可動域を拡げることは自分でやらなければいけない。」
 

「昔は1時間前に入ってストレッチをしていた。レッスン前のストレッチで、レッスンしたぐらいの身体の柔らかさになっていた…今はレッスンをしながら必要な部分をほぐしながら、身体を伝えていっている感じです。」

 

祥子さんの言葉にはとても説得力があります。

 

プロとしてまさに理想です。ですがまだそれがレッスン中に出来ない子どもたちは、身体の準備の仕方をまずは知る必要があると私は考えています。昔彼女がしていたように…。

 

ストレッチ、フロアバレエ、ピラティス、ジャイロキネシス(トニック)、マスターストレッチ…そしてバレエのレッスンそのもの…たくさんその準備の方法やトレーニングがあります。

 

正直、何でも良いと思っています。

 

Miracle Body(ミラクルボディ)で教えている身体のコンディショニングは、これらメソッドの良いと思われるところを多く取り入れています。

 

目的は、身体を整えて、『本番の舞台で踊る』準備をすること。

 

何が自分に合っているのかを知ること。そして上手くいかない時に修正するための引き出し(方法・手段)を多く持ち合わせていること。

 

関節可動域(柔軟性)や筋肉の状態、もちろん体調といった身体の調子、状態は毎日変化するものです。

 

ただ惰性で行うのではなく、それらを確認するためのルーティンワークを自分で確信して、見出して、作っていくこと。

 

今現在日本で、私の知る限り唯一、その様な視点で本格的なフロアバレエを教えているBASのフロアバレエのワークショップです。

S.ギエムやM.ルグリら、多くのエトワールたちを育てたフランスバレエ伝統の身体作り。プリエやバットマンなどを“まっすぐな床”に寝た状態でおこなうことで、間違った身体の使い方を見つけて直していきます。

バレエの稽古や本番の前に正しいバレエの基礎を作っておくことで、基礎に忠実な踊りができるようになるとともに、成長期における脚の変形や怪我を予防できることから、パリ・オペラ座をはじめヨーロッパ各地のバレエ学校では、ダンサーの育成に不可欠とされています。

レッスン後には身体が引きあがるので、動きがとても軽くなる本場フランスのフロアバレエ。プロダンサーを目指している方は是非ご受講ください。

 

12/10()18時~のフロアバレエもまだ空きがあります。

ご都合に合わせてご予約ください。

 

★これからプロのダンサーを目指す子どもたちに、本番前やレッスン前の身体の準備や確認のためにフロアバレエを取り入れてほしいという意図から、今後も長期休み期間中の平日昼に開催予定です。


詳細は→https://miracle-b.com/dance


12月の日祝の予約状況(12/10更新)

12/16()9時半~10時半、16時半~17時、20時半~21時

12/17()10時半~11時

12/23()15時半~16時、18時~18時半、19時半~21時

12/24()9時~9時半、14時~21時
 

年末年始の営業と店舗休業日のお知らせ
12/30()18時まで通常営業
12/31()~1/2(火)店舗休業日
1/3(水)から通常営業

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

早いもので今年もあと1ヶ月。皆様今年何かやり残したことはないでしょうか?歳を経るごとに時が過ぎるのが本当に早くなっていきます。

 

「論語」の中に、かの有名な孔子が人生を振り返った人生観ともいえる有名な一説があります。

「吾、十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども、のりをこえず。」

 

15歳で自分がするべきであろう専門的な勉強を始め、30歳でその基礎が出来て、自分の立場を確立して、自立する。40歳で人生に対しての迷いや疑いを抱かず、50歳で自分の生涯における使命を知り、60歳にして人の言葉を自然に受け入れることが出来るようになり、70歳で思うままに生きても人の道から外れることはなくなったというものです。

 

…正直、60歳になった自分は今の私には想像出来ません(笑)。

 

私の場合は、20代後半まで劇団四季で舞台に立っていて、セカンドキャリアとなる今の仕事を始めた30歳手前でその基礎は出来ず、自分の立場も確立、自立を出来ませんでしたが、そこからの10数年間、私も必死で悩み考え、駆け抜けて来ました。そして今40歳にしてある程度、自分の立場を確立出来たのかな?とは思います。

 

今年はある方のお陰で、ふと立ち止まりこれまでの自分の人生を考える機会を得ることが出来ました。それは迷いでも、疑いを抱くわけでもなく、私の胸にすっと入り込んで来ました。腑に落ちるとはこのことかと…、次の10年に向けての足掛かりとなってくれるであろう言葉でした。

 

というわけで来年からは、アウトプットはもちろんしますが、10年後に向けてインプットを深めていけるようにと今から計画中です。

 

当たり前ですが、孔子に及ばずとも、高みを目指し、自分の使命を知るための新たな勉強を始めよう、さらに突き詰めていこうと考えています。

 

 

この2週間は、神戸マラソン、福知山マラソン、大阪マラソンと関西近郊でマラソン大会が開催され、大変忙しくさせていただきました。

 

今週末は、福岡国際マラソン。2020年の東京オリンピックに向けて、Miracle  Bodyに来ている実業団選手も出場予定です。とても素晴らしい身体の持ち主には、競技問わず惚れ惚れします。マラソンは、レース当日に力を発揮するためにそれまでの調整が非常に難しい競技の一つです。そんな選手たちに関われることに感謝です。

 

 

さて明日明後日は、兵庫県立芸術文化センターへ出張、モーリス・ベジャール・バレエ団のバックアップです。

{9A96624D-11A5-4B75-AA42-0E475DCC4D2B}

兵庫県立芸術文化センターへの出張業務のため、11/29(水)は臨時休業します。

 

ご了承ください。

 

 

年末のご予約も、埋まりつつあります。お早目にご予約いただければと思います。

 

年末年始の営業と店舗休業日のお知らせ
12/30()18時まで通常営業
12/31()~1/2(火)店舗休業日
1/3(水)から通常営業


ジュニアダンサー対象ワークショップは、長らく日曜日の夜に続けてきましたが、12/10()でひとまず終了します。それに代わり、2018年の年始には、BASさんと共催でフロアバレエのワークショップを開催します。

詳細は→https://miracle-b.com/dance

 

⭐︎これからプロのダンサーを目指す子どもたちに、本番前やレッスン前の身体の準備のためにフロアバレエを行ってほしいという意図から、今後も長期休み期間中の平日昼に開催予定です。

S.ギエムやM.ルグリら、多くのエトワールたちを育てたフランスバレエ伝統の身体作り。プリエやバットマンなどを“まっすぐな床”に寝た状態でおこなうことで、間違った身体の使い方を見つけて直していきます。

バレエの稽古や本番の前に正しいバレエの基礎を作っておくことで、基礎に忠実な踊りができるようになるとともに、成長期における脚の変形や怪我を予防できることから、パリ・オペラ座をはじめヨーロッパ各地のバレエ学校では、ダンサーの育成に不可欠とされています。

レッスン後には身体が引きあがるので、動きがとても軽くなる本場フランスのフロアバレエ。プロダンサーを目指している方は是非ご受講ください。

WEB予約は、30日前からです。

 

最後に中村祥子さんがレッスンや身体作りについて話している動画を。プロとして理想ですが、まだそれがレッスン中に出来ない子どもたちは、身体の準備の仕方をまずは知る必要があると私は考えています。

 

 

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  https://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com

 


テーマ:

YAGP2018日本予選が終了しました。

終わってからも慌ただしく、あっという間に1週間以上が過ぎてしまいましたが、今回も備忘録として残しておこうと思います。

 

{3C262D3D-564A-4F08-B5F2-503574030D7B}
今年の表紙は三宅琢未くんのジャンプ。非常にノーブルで力強いです。
 

会場では『メディカルチェック&バレエ障害治療』の特設ブースを設けさせていただきました。有り難いことに7年目になる今回も、予約開始後即日キャンセル待ちという状況で、会場での予約時間外に大阪の店舗の方に来ていただいたお客様もいました。

 

チェックの主な内容は、

 

①関節可動域

②動作

 

そしてこれら2つを改善するためのアドバイスをさせていただきました。

毎年のことですが、ターンアウトに関わるお悩みや怪我についての相談が多かったです。

 

ターンアウトは、TOP12に入っていても、審査項目に×がつくくらい難しいものですね。

 

またターンアウトとはムーブメントですから、関節可動域の問題だけではなく、動いていく中での開き方が最も大事なのですが、まずは今現在の股関節の可動域、柔軟性がどのようなものなのか?言い換えれば、股関節が開きやすい、動きやすい状態なのかを本人自身に知ってもらうことが大事だと考えています。

 

最近は、レッスン前に(静的)ストレッチをしない方が良いというようなことを言う人もいますが、それは人や場合によると私は考えています。

 

確かにギューギューと筋肉を傷めつけるような無理なストレッチはおススメしません。ですがターンアウトの邪魔をするのは主に筋肉で、それもアウターの前腿やお尻の筋肉である場合が多いです。

 

ちょっとやそっと動的ストレッチ(レッスン等で動きながら筋肉を伸ばしていくこと)をしたところで、どうにもならないくらい固まっているものを固めないで使って踊るということは不可能ではないでしょうか?

 

また動的ストレッチは、複数の関節(脚を動かすにしても、股関節や膝関節、足関節等)を同時に動かしながら行うものが多いのですが、静的ストレッチは、単関節(股関節ならば股関節単独)をターゲットにすれば、可動域制限の原因がどこにあるのかを確認しやすくなるというメリットがあります。

 

例えば、お尻が硬いターンアウトがしにくい。前腿が張っているから、股関節が開きにくい…と、整理しやすくなります!

 

動的であろうが、静的であろうが、ストレッチの役割としては、その日の身体の状態、今日の関節の柔軟性を知る手段としてとても有効なものです。何となくだらだらと寝そべって行うのではなく、目的を持って行うことが大事です。

 

その日、その時によって、動的ストレッチの方が有効なのか、静的ストレッチの方が有効なのかを自分が判断して、動くため、踊るための身体の準備を出来ることが何よりも大事なことでしょう。

 

情報とは恐ろしいもので、誰かが言っていたからと、それを鵜呑みにして自分の感覚を確かめないでやり続けてしまうととんでもない結末が待っていたりします。

 

自分の現状を知り、それに対処すること。

 

問題を感じ、それを解決出来る人間こそが、成長し続けます。

 

私も、積み重ねてきた知識とノウハウが少しでも皆様のお悩みを解決する道標となるように、今後も研鑽を積んでいかなければと考えています。

 

 

......仕事の話はここまでとして、昨年に引き続き、すべての部門の決選を見学することが出来ました。

 

YAGP側の意向もあり、プリ部門の10歳以下の出場者のほとんどは、バレエシューズでの参加でしたが、決選出場者とは言え、昨年よりもしっかりとした正しい使い方で立っている子が少なかった印象です。

 

あれっ?やっぱり自分の脚で立てていなくて、ポワントに立たされていたのか?というのが小さい年代の子たちに対しての正直な感想でした。

 

もちろん明らかにこの子が1位!という踊り、身体の使い方の子もいました。

 

予想クイズではないですが、全部門のTOP12(TOP6)に入るであろう子の9割以上が当たりました。自分の見る目を養う、確かめるためにも、このようなコンクールを見学させてもらうことは大事だと考えています。(ちなみに国内の審査員のコンクールでは私の予想は当たりません。)

 

今年もMiracle Body(ミラクルボディ)で関わらしていただいている子どもたちが、TOP12、入賞、スカラシップを貰えたことに安堵し、また目標を達成出来なかったメンバーには何が足らなかったのか?また次に向けてのアドバイス、指導のアプローチを考えながらの舞台見学でした。

 

基礎基礎と身体の使い方を徹底的に修正し、地道に積み上げていった1年でしたが、それだけでなく、やはり舞台には武器が必要だとも強く感じたコンクールでした。子どもたちには、1つ1つ段階を踏みながら、成長していってもらえればと思います。武器の話は、個々に伝えていこうと思います。

 

加えて、特にWSを見学していて感じたことは、スタジオの広さと音楽性を養うことの大切さです。

 

アルカイックホール、オクトホールは、舞台サイズがとても大きいです。明らかに大きく伸びやかに動けている子とそうでない子、そして大きく動いても身体がばらけない子とそうでない子がはっきりしていました。

 

いつもと違う慣れないアンシェヌマンということもあるでしょうが、ピアノの音をいかに感じながら動けるか?普段CDでしか踊っていないだろうなという子も多くいました。

 

ですがこれは生徒ではなく、指導者側の責任ですね。子どもたちに環境を整えてあげること。これが指導者の最も大事な仕事なのかもしれません。

 

2018 年1月28日〜2月4日に開催されるローザンヌ国際バレエコンクール2018の出場者が発表されました。日本からは10名(女子8名、男子2名)が選出されています。Miracle Body(ミラクルボディ)に来ている子も入っていて、今年も楽しみなコンクールとなります。

 

https://www.prixdelausanne.org/wp-content/uploads/2017/11/Selected-candidates-PDL2018.pdf

 

 

日祝の予約の空き状況をお知らせします。
(2017/11/24更新)

11/25()キャンセル待ち

11/26()13時半~15時、15時半~16時、16時半~17時半、20時~21時
12/2()9時~10時半、16時~16時半

12/3()9時半~10時、13時~13時半、18時半~21時

12/9()9時半〜11時、13時〜13時半、20時半~21時

12/10()11時〜11時半、16時〜17時半、20時〜21時
12/16()9時半~10時半、16時半~17時半、20時半~21時

12/17()10時~11時、13時~13時半、18時半~21時

12/23()15時半~16時、16時半~21時

 

ダンサー向けメニュー・パーソナルトレーニングは60分~120分までのご予約、新規のメディカルチェック初回90分は、90分の予約枠がある日時をお選びください。

キャンセル待ちはWEB予約から、スポーツ障害治療の急患、時間外は応相談です。

兵庫県立芸術文化センターへの出張業務のため、11/29(水)は臨時休業とさせていただきます。
(2017/11/1更新)

ジュニアダンサー対象ワークショップのスケジュールを更新しています。
(2017/10/30更新) 

料金改定のお知らせ
2017/10/1以降は学生料金を廃止させていただきます。既存のお客様の変更はありません。
(2017/10/1更新)

 

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  http://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:

日祝の空き状況をお知らせします。
(2017/11/6更新)

 
11/11()9時〜9時半、15時〜16時、20時半〜21時
11/12()11時〜11時半、20時半〜21時
11/18()20時~21時
11/19()11時~11時半、19時半~21時
11/23()18時半~21時
11/25()11時~11時半、13時~14時、15時~15時半、17時半~18時半、19時半~21時
11/26()15時~17時半、20時~21時
12/2()9時~9時半、16時半~17時半、18時半~21時
12/3()9時~10時、13時~13時半、17時半~21時
 

キャンセル待ちはWEB予約から、急患、時間外は応相談です。

兵庫県立芸術文化センターへの出張業務のため、11/29(水)は9時~11時半のみの予約受付とさせていただきます。
(2017/11/1更新)

ジュニアダンサー対象ワークショップのスケジュールを更新しています。
(2017/10/30更新) 

料金改定のお知らせ
2017/10/1以降は学生料金を廃止させていただきます。既存のお客様の変更はありません。
(2017/10/1更新)

 

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  http://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com


テーマ:
今日から始まりましたYAGP2018日本予選
 
昨日、私も尼崎のアルカイックホール・オクトに、特設ブース『バレエ障害治療&メディカルチェック』の準備へ行き、モナコのルカ・マサラ先生のWSの見学もさせていただきました。
 
レッスンは、子どもたちにとっては音の取り方が少し難しかったようですが、特に肩やアームスのアンデオール(肘のアンデダン、手首のアンデオール)、アームスを正しく使うことで上半身が安定すること、バロネとフォンデゥの動きの違いについて等、正確に動きを理解すること、筋肉を正しく使い身体のラインを作っていくことの大切さを指導されていました。
 
またそれゆえに見学している教師、指導者に対しても同様に、子どもたちに正確に指導することを求めていたことがとても印象的でした。
 
モナコはやはり日本人にも人気の学校だけあって、昨年の日本予選のTOP12、その他のコンクールでも上位常連の子たちも受けていました。
 
小学生から中学生の時期は特に、身体が良い方にも、悪い方にも変化していきます。
 
身体がしっかりしてテクニックが安定して来ている、でも身長が伸びていないという子もいたり、身長が伸びて?身体のバランスが崩れてしまっていたり、当然ですがなかなか完璧な子はいないものです。
 
日本中からクラシックバレエを頑張っている子どもたちがたくさん集結してくるYAGPに関わらせていただいて感じること。
 
YAGPは、将来を決める大事な機会であるのは十二分に承知していますが、やはりコンクールはコンクール、オーディションはオーディションであって、将来プロになりたいという強い想いがあるのならば、長期的に、継続的にクラシックバレエや舞台に立つことに適した身体を作っていく必要性があるということを強く感じます。
 
そのためにはこの一瞬だけでなく、継続して物事を捉え、そして常にその先を見据えながら努力出来る精神力を養っていかなければいけません。
 
ほんの一握りいる天才の人は良いでしょう。
 
しかし自分がそうでないと自覚しているのならば、努力出来る人間こそが、最後はその舞台に到達出来ると信じて頑張っていってもらいたいです。
 
機会は、YAGPだけではないです。選ばれた人間になれるよう、舞台に立つ側の人間になれるよう継続してトレーニングを続けてください。
 
そんな子どもたちを私たちは応援したいと考えています。
 
「日本の若いダンサー達に、夢を掴むチャンスを!」ということで、来年1月に東京で開催されるD&Dのオーディションを兼ねたマスタークラスのお知らせをMiracle Body(ミラクルボディ)の受付近くに置いておきます。
 
{DC3BEEB7-5A01-422E-A40D-F5EE722CB4D2}

 

YAGP2018日本予選への出張業務のため、下記店舗営業日時の変更があります。

10/25(水)通常営業
10/26(木)19:00~22:00
10/27(金)19:00~22:00
10/28(土)9:00~12:30
10/29(日)臨時休業

 

YAGP2018日本予選・特設ブースに関してはこちら

 

キャンセル待ちはWEB予約から、急患、時間外は応相談です。

 

image

 

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Body(ミラクルボディ)はスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院&トレーニングスタジオです。障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上の為のトレーニング指導に力を入れ、専門性を追求したダンサー向け、ランナー向けメニューを設けています。

Miracle Body
大阪市西区北堀江2‐3‐26 レキシントンスクエア北堀江
TEL:06‐6534‐7577  http://miracle-b.com
メールでもお気軽にご相談ください。

info@miracle-b.com

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス