6日(水曜日)に山小屋から帰って以来、夫は夜、眠りにつく時間が早くなった。( ´艸`)

山小屋では10時半~11時には眠っていたのでその時間には眠くなるのだと。

 

っが、2時間も眠ると一度目が覚め、トイレに起き、その時点で眠剤を服用。

そのままほぼほぼ朝まで眠れるらしい。

以前は夜中に尿意をもよおし、二度くらい起きていたらしいが、

最近では起きても一度、トイレから戻りベッドに入れば直ぐ眠れるらしい。ププッ ( ̄m ̄*)

 

私はというと、

山小屋では10時半ごろ眠りにつき、朝7時頃までぐっすり!!(*ノω・*)

山小屋では不思議な程、眠れてしまう。(*’艸3`):;*。 プッ

 

っが、自宅に戻ると一変にして眠れなくなる。ε=(‐ω‐;;)

一応眠剤を服用し、暗くして眠ろうと目を閉じ、準備するのだが、

眠ろうとすればするほど目がさえて・・・( ゚∀゚; )タラー

1時間は眠れずうだうだしている。

 

この眠剤だが、夫が夜中に何度も目が覚め眠れないからと、

2015年4月の1回目の入院時から処方されているレンドルミン0.25mg。

夫はこの眠剤を2016年秋頃までは1日1錠を服用していたが、秋以降、

半分に割って、半錠にしている。

それでも効き目は有るの?というと、1錠飲んでも半錠飲んでも変わらない。と。

っで、夫が入退院を繰り返していた頃から眠れなくなっていた私は、

近くのかかりつけ医で眠剤ではなく、精神安定剤を貰って、

どうしても夜眠れないときに飲んでいた。

眠りに入ってしまえば朝までぐっすり眠れるので、眠剤は要らないと思っていたが、

毎日ぐっすり眠りたいからと、夫の半分に割った眠剤を飲む様になった。

 

効果的にはどちらも眠りに入ればぐっすり眠れる。

ただ、私の場合中々寝付けない(入眠障害)ことの方が問題なので、

年に二度、股関節の定期検診に行く整形外科で、Drに相談したところ

入眠障害にはルネスタが良いでしょうと処方して頂いた。

 

ルネスタは、非ベンゾジアゼビン系の眠剤で超短時間型なので

内服後20分くらいで眠気が出現。

ベンゾジアゼビン系で起こる可能性のある副作用(筋弛緩作用)を減らした薬なので、

ベンゾジアゼピン系より安全性は高いとされているのだと。

因みに・・・

レンドルミン0.25mgはベンゾジアゼピン系薬で中途覚醒には向いているらしい。

 

ルネスタの方が安全性は高いし、早く眠れるのか!?良いじゃん(^^♪

と、飲み始めたが、うっかり口に長く含み薬が溶け出すと・・・超苦い!!∑(*☼_☉*)

レンドルミンは甘かったので眠剤って甘いのか。と思っていたのに・・・

水で何度も口をゆすいだが、苦みは残った。(=◇=;)

しかし、このルネスタも1ヶ月分しか処方して貰えないので、

欲しければ毎月クリニックに出向かなければならない。

 

まぁ、今はルネスタを飲み干したら夫の眠剤レンドルミンの半分があるから

これで良いことにします。( ´艸`)

 

 


にほんブログ村

AD

コメント(4)