「海がきこえる」 あらすじ | 15でオカマ オカマで女優

15でオカマ オカマで女優

ドラマチックに咲いてほしい性転換後


テーマ:
高知県土佐で青春時代を過ごした青年・森崎拓。

大学一年の夏休み、帰省する飛行機の中で高校時代を回想していく。

そのなかには、両親の離婚のため東京から引っ越してきた武藤里伽子の姿があった。
成績・運動ともに優秀でありながらも、誰にも心を開こうとしない少女だった。


クラスから浮きっぱなしの彼女と拓は友だちですら無かったものの、
噂だけが迷惑に飛び交っていたのだった。

そして去年11月にあった高校最後の文化祭。
里伽子は拓を思いっきりビンタをし
「馬鹿!!あんたなんてサイテーよ!!」
と捨てゼリフを言ったきり、それから二人は二度と顔を合わすことが無かった。


帰省する飛行機の中で拓は高校時代を回想していく。

里伽子にお金を貸したこと

二人で東京に旅行したこと

二人でホテルに泊まったこと

里伽子を思いっきり殴ったこと


そんなことを思い出しては
機上でどうしようもない気持ちになってしまう。


僕は里伽子が好きだった。



15でオカマ オカマで女優

安斉トモ子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス