オリバーに彼女になれる女とずっと愛人(とか2番手とか都合のいい女とか)のままの女の違いはと聞いたら、多くの場合はタイミングでしかないけど、それ以外の理由だと手に負えないとか、感情的とか、手間がかかるとか、クレイジーとからしい。ふーんと思った。私がまともに付き合うかそうじゃないか決める基準は、単に彼氏にするほど好きかそうじゃないかでしかない。オリバーは結構適当。タイミングさえ合ってれば、そこそこの人なら付き合うってことだろうし。これが男の平均的な意見なのかは不明。

 high maintenanceを手間がかかると私は訳したけど、これは結構無理訳。手間がかかるとか世話が焼けるが一番近いと思うけど、日本語でしっくりくる単語はないと思う。要求が多い女をdivaと言ったりするけど、こっちの方がまだわかりやすいかも。要求が多くて維持するのが大変という。機嫌を損ねないようにとか。主語は女で男に使われることはほとんどない。でも私は男にYou are high maintenanceと言ったことがある。わがままセレブみたいのを思い浮かべれば一番分かりやすいかも。北欧住みの親友が病み気味の時にI'm high maintenance these days(最近ハイメンテナンスなんだ)と言ってたけど、こういう風に自虐的にも使える。