ジャズミュージシャン、
& 心理カウンセラーの、
みおですm(_ _)m

さて、今回のお題…

“ご自身を愛せていますか“

よく、若者が、

「自分が嫌い!」

と言いますね…

「どうして嫌いなの?」

と聞くと、
理由は、

・誰かに冷たくしてしまう

・すぐ嫌気がさす

・悪い事ばかり起きる

などなど…
色々、原因があるようです…

でもそれは、
成人になるための
ひとつの“勉強“だとしましょう…

若者たちは、
まだ、
経験しなきゃいけないことが
たくさんありますから…

そういう気持ちを
知っておくのも
人生には大切です…

でも、
“そのまま大人になっては
いけない“のです…

まずは、
こう考えてみましょう…

「私は器用に生きられない」

いつも何かに
不満があって、

それは、
自分の思い通りにならなくて、
イライラする

そのイライラの状態の自分が
嫌い

こんな自分だから、
友達も恋人も
自分から離れていく…

本当の自分の気持ちを
うまく相手に伝えられない…

このような思いを
持っているのでは?

でも、
“特に不満がないひと“と
比べてますよね…

自分を客観視出来てますよね…

“自分が嫌い“だと、

“他人を愛せない“ことに
なってしまいませんか…

“器用に世の中を
生きられない“

つまり、

“不器用だから嫌い“

で、
じゃ、

“器用に生きられたら
自分を愛せる“

となりますね…

「では、これからの人生、
器用に生きましょう」

と言われて、
すぐに変われますか…

世の中には、

「あなたは不器用で、
とても人間味があって、
親近感がわきます!」

と言ってくれるひとも
いるのです…

それでも、
“器用になりたい“ですか…

今のままのあなたが好き、と
言ってくれるひとが
世界中にたくさんいても、

やっぱりそう思いますか…

だとしたら、
たったひとつ、

自分を愛せるようになる手段が
あります…

それは、

“何かの専門家になる“

この分野は、
私は得意です、というものを
身につけてみましょう…

何年後、何十年後には、
あなたは、
自分を愛せるようになります…

その極めた分野に関して、
誰もが
あなたを必要とする…

たくさん失敗を
繰り返しながら、

色んなひとから
批判されながら、

それでも、
そのひとつの分野を
極めていくのです…

そんなことをしているうちに、
自然と、
自分を愛せるようになっていく…

そして、
誰かに頼られる人間に
なっていくのです…

そうなった時に、
今現在の自分の気持ちを
思い出して見てください…

「自分が嫌い、って
言ってたなぁ…」

なぜ嫌いだったのか、
あなたにしか分からない理由が
あるはず…

そして、
人間として成長した、と
感じるように…





今、

“自分が嫌い“

と言っているひと…

類は友を呼ぶので、
あなたの周りには、

“良い人間関係が
出来ていないひと“

が多いのかもしれません…

でも、誰しも
希望を叶える権利があるのです…

つまり、
理想の人間になるための、

“未来が、あなたにある“

ということを
忘れないで下さい!

努力努力、
ひたすら努力して手にいれた、
専門分野の知識を持ったあなたを

尊敬し、
愛してくれるひとが
いっぱい出てくるでしょう…

その頃、あなたは、
自分を愛せるからこそ、
他人を愛せる人間に、

なっていると思います…

“不器用“な面があっても、
“専門家“のあなたのことばかり、
他人の目に映る…

そういうものです…

年月はかかるけど、
人生観をひっくり返すことは、
不可能ではありません…

“類は友を呼ぶ“

それを、あなたは、

“愛は愛を呼ぶ“

にすれば良いのです(o´∀`)b