七夕物語 | レンタル彼女 早坂美桜のブログ

レンタル彼女 早坂美桜のブログ

彼女派遣(レンタル彼女).comの「早坂美桜」のオフィシャルブログです。


テーマ:
初めまして早坂美桜です。

それ以外の方は
おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。

美桜の日記を見に来て下さりありがとうございます(*^^*)

昨日、7月7日は七夕でしたね。あいにくの天気でしたが、彦星様と織姫様が年に一度の逢瀬を楽しんだと思います。
皆さんは好きな人や恋人、奥さんや旦那さんと会うことが出来ましたか?

機織の織女はとても働き者で機を織ることが幸せでした。そんな娘を心配した父の天帝が機を織る以外の幸せを感じて欲しいと娘の相手を探しました。
織女に負けない働き者の牽牛を見つけました。2人は互いに惹かれ結婚し、幸せでした。ただ2人だけの暮らしに夢中になり働かなくなってしまいました。天帝が「お前の天職は機を織ることだ」と注意をすると織女は素直に「はい、お父様。明日から機織をします。」と言い、牽牛も「明日から牛の世話をします。」と言いました。しかしそれからひと月たってもふた月たっても一向に働く気配がありません。我慢の限界を超えた天帝が1年に一度しか会う事は許さないと離れ離れにしてしまいました。1年に1度会える日が今の7月7日、七夕の日です。太陽暦だった頃の七夕は梅雨があけた8月頃で今の梅雨真っ只中の7月7日より会える確率が高かったようです。
ちなみに雨だと会えない説が広く知られていますが、かささぎたちが天の川に翼の橋を作りその上で彦星と織姫が会えるというお話もあります。
こんな七夕物語いかがでしょうか?

恋は人を変えると言いますが、1年に1度しか会えないとか私は寂しすぎて辛いので恋人ができて幸せいっぱいな時こそ一生懸命お仕事したいと思います。

皆さんは好きな人とどのくらいの頻度で会いたいですか?



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス