菅政権モヤモヤの理由 | 「国家戦略特区」blog
新型コロナウイルスに関する情報について

「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。日本を貧しくする移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。

「菅義偉政権が誕生しましたが支持率も高いようです。安倍総理の姿勢に疑問を抱いていた方の多くは、モヤモヤした感情を抱いた方も多いでしょう」

『安倍改造内閣が菅義偉政権の正体

消費税廃止&移民禁止の保守政党が必要です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキング

 

『存続する事が目的の総理』

 
 安倍晋三氏が総理を続けた理由は『1秒でも長く総理の地位に留まり短命に終わった第一次安倍政権のリベンジを果たす』事だと私は、繰り返し皆様にお伝えして参りましたが、その仮説を裏付ける様に、大叔父の佐藤栄作氏の連続首相在任期間を抜き、憲政史上最長政権を自ら達成して数日後に安倍氏は退陣を表明しました。存在する事のみを自らの存在価値とするのは、人体における癌細胞や、細胞に寄生して増殖するウイルスと同じですが、安倍政権は、日本に寄生するウイルスであり癌細胞だったのです。
 

『これを新政権と呼べるか?』

 
 退陣早々に靖国神社を参拝するなど、ナゼか体調もすっかり回復してコース料理を平らげワインを嗜む安倍元総理ですが、菅政権を見ても、何が安倍政権と一体何が違うのか?と首を傾げたくなります。自ら総理の地位に留まる事のみを政治目的とした安倍総理は、緊縮派の麻生副総理兼財務大臣と、構造改革派の菅官房長官と、親中派の二階幹事長という、下部構造に支えられた政権運営でした。今回、麻生副総理と二階幹事長が残り、官邸を牛耳っていた菅氏が総理に横滑りしただけの新政権です。
 

『構造改革が全面に出て財政出動の動きは全くナシ』

 
 菅氏の肝入りでデジタル庁を作るそうですが、これが内閣の目玉というのが全く理解不能です。コロナ禍で需要が激減する中で、コロナ対策最優先を掲げながら、コロナ封じ込めの具体策は微塵も示さず、テレワークなどの感染症対策に便乗したショックドクトリンの一環としてのデジタル庁創設の疑義が濃厚です。コロナ最優先を掲げるなら、医療検査体制の充実、休業損失補償の実施など、財政政策がメインとなるハズですが、その姿勢は、菅政権からは微塵も感じられません。
 

『大惨事安倍改造内閣の誕生』

 
 多くの国を想う良識派の皆さんは、安倍総理の退陣を望んでいたと思いますが、その待ちに待った退陣の結果登場したのは、総理大臣の首を挿げ替えただけの、安倍改造内閣と呼んでも良い菅政権だった訳です。安倍総理は、我々庶民の斜め上を行く売国&亡国を披露し続けたのですが、よりによって、移民政策など構造改革とグローバル化で国を破壊しまくった首謀者である菅義偉が首相になるというサプライズで、最後を締め括った訳です。
 

『菅(すが)政権は菅(かん)政権を超える亡国内閣か?』

 
 菅内閣をわざと菅(かん)内閣と二度も言い間違えた麻生太郎ですが、東日本大震災時に無能振りを発揮した菅直人と、コロナ禍に総理に就任して、コロナ対策を一切しない菅義偉は、良い勝負かも知れません。菅政権誕生は今の自民党には自浄能力が一切無い証拠でしょうし、積極財政による日本再生という思想が、全く広まっていない証拠でもあります。その意味で、まだまだ先は長いというのが、菅政権誕生のモヤモヤの正体なのでしょう。
 

 

人気ブログランキング参加中。バナーを一日一度クリックすると人気ブログランキングのポイントに換算されます。皆様のご支援宜しくお願いします!

人気ブログランキング

 

 

「ザ·細かすぎて伝わらないモノマネ 2018 」

 

コメント欄ルール:ご批判を含め自由に議論して頂いて結構ですが、荒らし行為や罵詈雑言など「常識」を伴わないコメントについては適宜削除しますので、ご注意ご容赦下さい。