MMTで北方領土奪還 | 「国家戦略特区」blog

「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。安倍政権の移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。

「MMT(現代貨幣理論)は元々海外の左翼リベラル系の反グローバリスト御用達の経済思想なのですが貨幣論に色は無いですからアレにも使えます

『MMTを知れば北方領土の奪還も可能だ』

 

消費税廃止&移民禁止の保守政党が必要です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキング

 

『NHK「おはよう日本」でMMTが紹介!』

 

進撃の庶民のブログで1年以上激論が続くMMTですが、遂にNHKが日曜朝のニュース番組で取上げるレベルまで騒動が広がっています。下記の画像をクリックして頂くと、当該部分の要約にリンクが飛びますので、皆様の目でご確認下さい。基本トンデモ扱いですが、レイ教授の発言が視聴者の魂に響くのは確実です。

 

「いくら借金しても国は破綻しない?驚きの経済理論“MMT”が米で論争」

 

『日本は借金を恐れるな!』

 

もちろん私もNHKを信じている訳では無いのですが、MMTの提唱者であるランダル・レイ氏の日本語字幕付インタビューは本邦初公開なのでは?ジャーナリズムの強みは、作者の意図を超えて真実が伝わる場合がある事です。MMTの借金を恐れるな!とのメッセージは、全ての日本の一般庶民が触れるべきです。

 

「引用元:世界中で政府債務が増大する中、日本の借金増加率は少ない」

 

『借金をしてでも公共投資に使え!』

 

事実、レイ教授の指摘は、上図を見れば真実なのは一目瞭然です。日本は借金漬けなのでは無く、借金の増加率が低すぎるので、経済成長が鈍化し、結果的に借金漬けに見えるだけなのです。負債の問題点は、金利だけですが、政府債務は増え続けていますが、金利はマイナスで正に積極財政待った無しの状況です!

 

「政府債務は1974年から52倍に増えたのに金利はマイナスとなった」

 

『積極財政の具体的な中身とは何か?』

 

政府債務を増大させても行うべき財政政策とは何か?と問われれば、平成日本の凋落を招いた消費税の廃止が「いの一番」に必要です。消費税廃止による22兆円もの資金供給が民間になされれば、一気にデフレ脱却も夢では無いでしょう。その上で、国民生活の向上のためのアレを含む財政出動を積極的に行うべきです。

 

 

『中野剛志の後輩!維新の丸山某など眼中に無い!』

 

北方領土のビザ無し交流の後に酒に酔った勢いでツイッターに莫迦ツイートを投稿して、ネオリベ集団の維新をクビになった丸山某なる人物ですが私は全く擁護する気はナシです。中野剛志さんの後輩の元経産官僚の国会議員が、このレベルなのですから平成日本が、昭和の遺産を食い尽くして没落するのも当然ですわな。

 

 

『戦争で奪われた領土は戦争で取り返すのが基礎知識』

 

本ブログの長年の読者であれば、私が、北方領土を武力で奪還可能な軍事力を整えよ!との主張をしているのは、御存知だと思います。これは国際政治の基本の基本です。故に領土問題に真に必要なのは、在日米軍を追放し、独自の核抑止力を整えた上で、電撃的に北方領土を奪還する実力部隊を北海道に展開する事です!

 

富国と強兵 富国と強兵
3,888円
Amazon

 

『北方領土とは、樺太と千島列島全てだ!』

 

北方領土とは樺太(断じてサハリンでは無い!)と千島列島の全てであり、その内、平和を愛する日本民族がロシアとの友好を鑑みて全面譲歩の上で返還(当然戦後不法上陸したロシア人は全て追放)を要求するのが、北方四島なのであり、それ以上の妥協は有り得ませんし、それを飲まない露助とは付合う必要ナシです!

 

 

『ビザ無し交流どころか、樺太への渡航も禁じよ!』

 

仮に私が国会議員なら、敵国の実行支配を認める事となる北方領土のビザ無し交流など、頼まれても断りますし、むしろ自衛隊機でギリギリのラインで上空から視察して挑発行為を行うでしょう。日露の国境線が未確定な樺太に領事館を作るなど論外で、渡航も禁止すべきで、天然ガスの輸入など利敵行為そのものです!

 

 

『本物のクズは、日本のミリオタである!』

 

本来、この手の微妙な話しは政治家ではなく、言論人が日常的に問題提起し、その中で議論を醸成させて、その上で、政治家が、ここぞとばかりに発言するのが筋だと思いますが、日本のミリオタ連中は、妙に憲法9条や財政破綻論に忖度するクズ揃いです。敢えて私は兵頭二十八はクズの中のクズであると断言します!

 

『Amazonレビュー:明石順平のブラック企業によろしく!』

 

『MMTのキモは、供給能力を高める財政出動』

 

国防費をGDP比2%程度に倍増させるのは、基本ですが、アメリカ製のポンコツ兵器の購入に邁進するのは、MMT的な財政出動ではありません。MMTが推奨するのは、供給能力を高めて将来のインフレを抑制する財政出動であり、その点から必要なのは、全ての武器の純国産化であり、軍人の給料の大幅増です!

 

「財政破綻に怯えず積極財政で安定成長を続ければ日本のGDPは倍増した」

 

『戦争の基本戦略は闘わずして勝つ事!』

 

トランプは自動車の輸出規制を匂わせて日本を脅しますが、ならば政府はトヨタや本田にステルス戦闘機でも作らせれば良いでしょう。裕福な日本軍人が家族を含めて数十万人北海道に生活し、毎日、北方領土を奪還する軍事演習をハイテク兵器を用いて行えば、日本は闘わずして北方領土を奪還できるかも知れませんよ。

 

 

人気ブログランキング参加中。バナーを一日一度クリックすると人気ブログランキングのポイントに換算されます。皆様のご支援宜しくお願いします!

人気ブログランキング

 

 

「U-zhaan & Ryuichi Sakamoto feat. 環ROY × 鎮座DOPENESS / エナジー風呂」

言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援のサイト。気鋭の保守論客がコラム寄稿!

 

コメント欄ルール:ご批判を含め自由に議論して頂いて結構ですが、荒らし行為や罵詈雑言など「常識」を伴わないコメントについては適宜削除しますので、ご注意ご容赦下さい。