財政破綻論への処方箋 | 「国家戦略特区」blog

「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。安倍政権の移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。


テーマ:

「シェイブテイルさんが作った現代経済思想の分類ですが大変秀逸です。日本に必要なのはケインズや高橋是清やMMTと同じ貨幣負債論の普及です

『財政破綻派やリフレは貨幣負債論を学べ』

 

消費税廃止&移民禁止の保守政党が必要です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキング

 

『日本を守るのは皆さんです!』

 

高度経済成長期が終焉してから、日本では次から次に財政破綻のデマを煽る輩が次から次に出現し、平成日本が陥った世界唯一の衰退途上国化の原因ともなっています。最近では明石順平などのニューカマーもいますが、ぜひ皆さんも、私のアマゾンレビューに「役に立った」を投票し、日本を護る闘いに加わって下さい!

 

『明石順平のブラック企業によろしく!』

 

『私が、子供心に感じていた不安とは?』

 

財政破綻論は日本政府が財政赤字に陥った第一次オイルショック以降、延々と続いています。かく言う私も80年代の頃は、メディアで煽られる財政破綻論に影響され毎年増大する国のシャッキンに漠然とした不安を感じていたのも事実です。理由は仮に借金を増やさなくとも、全額返すなど不可能と感じていたからです。

 

「引用元:世界中で政府債務が増大する中、日本の借金増加率は少ない」

 

『政府の負債を全額返済した国は存在しない!』

 

確かに世界中で日本政府だけが借金漬けで、例えば、どこかの国では、国民から税金を搾り取って全額返しました!みたいな例が幾つも有れば、日本は大変だ!となりますが、上図を見れば分かる様に、世界の主要国では、政府債務は、増え続けており、むしろ日本政府の増加率が少な過ぎる事が分ります。これはナゼ?

 

「引用元:日本政府の負債は明治から130年で500万倍に増えた」

 

『日本政府の負債は500万倍に増えた』

 

更に明治以降の日本政府の借金を調べると、政府債務は長期的に増加し続けるという性質が明らかになります。要は国のシャッキンは、日本を含め世界中で増え続けるのが普通だ!という結論に皆さんも達するでしょ?日本が財政破綻する!なら主要国全てが財政破綻すると判断しなければ変です。でも財政破綻って何?

 

 

『借金まみれの日本政府に不安を感じて調べた事』

 

財政破綻は個人だと借金の利息が雪だるま式に増え破産する!というイメージが有ると思います。数年前ですが私も漠然とした不安を感じたので、政府予算を参考に他国と同じく借金を増やして経済成長したケースと、今と同じく借金をダラダラ増やして低成長の2パターンで60年間の予想をしました。(上下2図参照)

 

 

『経済成長すると財政は健全化する?』

 

面白いのは今のチャイナみたいに借金を増やして経済成長した方が、一般的な財政健全化の指標である政府債務の対GDP比が増えなかったという点です。ただ、どっちのケースでも国のシャッキンは増え続けていており、借金の総額は全く減りません。また国債の利払いが天文学的な金額に増える事もありませんでした。

 

 

『国のシャッキン問題、だからナニ?』

 

実は私が今後60年間の日本の財政についてシミュレーションした結果から思ったのは、正直「だから何?」でした。つまり格差是正をして国民を豊かにするには、全体のパイを拡大する経済成長が望ましいのは当たり前ですが、弱肉強食で格差拡大の今の日本社会が、今後60年間!続いても財政破綻などしないのです。

 

 

『お金の性質から、政府債務は増え続ける』

 

廣宮孝信さんの著作から財政破綻など無いと確信した私ですが、そもそも、お金の性質から国のシャッキンは、増え続ける性質を持っているのではないか?と私は考える様になりました。その部分は、貨幣負債論や、租税貨幣論などを説明している記事を読んで頂ければ良いと思いますが、結論は、お金が負債だからです。

 

 

『お金とは、貸し借りの記録が発展した移動可能な借用書』

 

お金とは借りる事によって発生し返済する事によって消滅する性質を持ちます。これを担っているのが銀行口座による信用創造で、だから経済成長するとは誰かが負債を増やす事と同じです。ならば通貨発行権を持つ政府が、自ら負債を増やして経済成長した方が安心安全で、故に世界中で政府債務が増えているのです。

 

 

『貨幣負債論を否定すれば、どうなるか?』

 

ただ経済学者の間でも貨幣論は色々意見が分かれていて、頑に貨幣負債論を拒否する残念な方もいます。仮に貨幣負債論を否定するなら、究極的には中央銀行は廃止し、日銀券も止めて、通貨は政府紙幣に切り替えて、国債も政府紙幣で全額返せば、国の借金は理屈上は無くなります。でも本当に国の借金問題は解決なの?

 

「リフレ派スペクトルと薔薇マーク運動、ポストケインジアン」

「関連エントリー:貨幣と財政からみた経済学派分類」

 

『金融緩和で、政府紙幣の発行と同じに』

 

私は、銀行の銀行としての中央銀行の役割を評価しており、長い時間を掛けて改善を重ねた現在の金融システムを否定する革命的な意見には賛成出来ません。現に国の借金問題の一番のネックである国債の利息については、長期金利が約0%で政府紙幣の発行と同じ状況ですが、逆に金利が低過ぎて銀行が潰れそうです!

 


『政府紙幣は、明らかに借用書=負債!』

 

日銀券と政府紙幣の違いを説明すると、皆さんが使っているお札は、日本銀行の負債で、政府紙幣は、政府が直接発行するお札なので会計上は資産になります。ただ政府紙幣は、正に政府が借用書を書きまくって、日本国民からモノやサービスを借りている事を示しますので、この場合、政府紙幣は、どう見ても負債です。

 

富国と強兵 富国と強兵
3,888円
Amazon

 

『リフレ派の吹聴するデマは、大間違い!』

 

またリフレ派が吹聴する日銀が国債を買うから国のシャッキンはチャラになる!は正確には間違いで、最後には通貨という負債が残ります。しかし貨幣を「貸し借りの記録が発展した移動可能な借用書」つまり負債と理解していていれば、財政破綻論者が鬼の首を取った様に喜んでいる事実も「だから何?」で終わりです。

 

 

『給付金が日本を滅ぼす!』

 

リフレ派の仲間に竹中平蔵がいますが、彼が提唱しているのがベーシックインカム=給付金です。実は財政破綻論者も、私の如く日本は財政破綻しない!という意見に出くわすと、じゃあ無税国家にしろ!とか給付金をバラ撒いて遊んで暮らせる様にしろ!とか極論を抜かします。連中は正直お金が何だか知らないのです!

 

 

『日本人が真っ当に生きる財政政策』

 

上図の長ったらしい表ですが財務省が作成した税金と社会保障負担を合わせた国民負担率の推移です。日本の場合、現在対GDP比で31%ですが、これは正直、今の国民経済のポテンシャルに対して高過ぎると思っています。25%くらい迄下げれば、日本経済は元気を取り戻します。消費税廃止を超える積極財政です。

 

 

『バブル崩壊は日本の自死だった!』

 

国民負担率が、実は高かったのは、バブル経済の頃で、要するに景気が良かったので、税金をバンバン納めていただけの話です。日本のバブル崩壊は、地価高騰にパニックになった日本政府が自ら発生させた自爆テロみたいなモノです。他国でもバブルは起きますが、政府は逆に弾けない様に慎重に行動するのが常識です!

 

 

『平成デフレで憔悴し切った国民経済』

 

だから各国との比較で日本は国民負担率が低い!と叫んでいる連中は間違いで、バブル崩壊後に政府が赤字を増やして後始末をしていたのを、国のシャッキン増加に怯えた緊縮財政派が、消費税増税と公共事業削減の緊縮で、デフレに突入させ、それを20年も続ければ、正に病人の如く国民経済は疲弊し切っています!

 

 

『具体的な積極財政の処方箋』

 

莫迦な緊縮財政派は、国債の60年償還ルールを持ち出して、今から60年も掛かって国の借金を返すなんて正気の沙汰じゃない!と叫びますが、このルールって日本しか無いんですよね?実は日本以外の他国は延々に借り換えを繰り返しています。この事実を一つ知るだけで国家予算の内訳が全く違う風景になります。

 

 

『一番の無駄な国家予算は、国債償還費!』

 

上図は米連邦政府の予算内訳ですが、利払費3040億ドル(33兆円!)だけ計上され、償還費は存在しません。日本政府の利払費の9兆円など可愛いモノですが、債務償還費の14兆円が、正真正銘の無駄な国家予算なのです!この14兆円を防衛費、インフラ整備、地方振興、研究教育などに使えば日本大復活です!

 

 

『日本政府は、財政破綻「粉飾」予算を止めろ!』

 

歳入を見ると公債費33兆円が計上されていますが、国債償還費をゼロにすれば赤字国債は13兆円にまで減ります。むしろ世界中で書かれている政府予算の形式に従えば、日本の公債金は、たった19兆円しか無く、これで金融緩和をすれば国債が枯渇して金利が0%になるのも納得です。もっともっと国債が必要です!

 

 

『消費税廃止で、格差拡大デフレに終止符を!』

 

一番簡単に国債を増発するには、格差拡大税の消費税を廃止すれば良いのです。恐らく22兆円程度の国債を発行する事になりますが、バブル崩壊から平成デフレで痛み切っている庶民を救うには、消費税廃止くらいが丁度良いのです。野党は、この夏の参院選挙で、消費税廃止を掲げてアベ自民の暴走を止めるべきです!

 

 

『財政破綻論者との闘いは続く!』

 

私は、日本は財政破綻しない!と言い切れますが、仮に税金をゼロにして、政府支出も拡大して、給付金までバラまいたら、そりゃ酷いインフレになって終わりです。しかし積極財政を行い、平均して年4%くらいの穏やかな経済成長を実現すれば、日本経済は今の倍の規模になっていました。これは常識で分かる話です!

 

 

人気ブログランキング参加中。バナーを一日一度クリックすると人気ブログランキングのポイントに換算されます。皆様のご支援宜しくお願いします!

人気ブログランキング

 

 

「飛鳥涼:BankBand With ASKA - 名もなき詩~YAH YAH YAH」

 

言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援のサイト。気鋭の保守論客がコラム寄稿!

 

 

コメント欄ルール:ご批判を含め自由に議論して頂いて結構ですが、荒らし行為や罵詈雑言など「常識」を伴わないコメントについては適宜削除しますので、ご注意ご容赦下さい。

 

 

 

みぬさ よりかずさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ