「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。安倍政権の移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。


テーマ:

「日本の諸問題は全て対米従属路線に繋がると考えますが、この永続敗戦国体制からの脱却は、究極的には積極財政が出来るか否かに掛かっています」

『借金に怯える輩に積極財政を薦める方法』

 

安倍総理を保守だと思う人は、何かが変です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキング

 

『国は死なない、お金は刷れる』

 

緊縮財政を招く財政破綻論ですが、これを打破るには幾つかのステージが有ります。一番シンプルな説明は、『国は死なないし、政府はお札が刷れる』でしょう。だから政府の借金が増えても、慌てて返す必要は無いし、イザとなれば刷って返す事も出来るだから大丈夫!と説明出来ます。これで納得するのは賢い方です。

 

「中野剛志:機能的財政論とは何か?」

 

『政府債務は増えるのが世界の常識』

 

しかし、コレで納得しない強者には、日本だけでなく全世界で政府の借金は増え続けている!という事実を教えたら良いでしょう。また自国通貨建ての国債は、財政破綻をしたくとも出来ないという「機能性財政論」の話をしても良いかも知れません。外国の通貨で借金さえしなければ、政府は財政破綻できないのです。

 

「松田学:機能していない国債減債制度と永久国債」

 

『国債を償還している国は日本だけ』

 

実際、国債を60年間で返すという国債償還ルールを定めている律儀な国は世界で日本だけです。他国の国家予算を見ると何処にも債務償還費は計上されていません。政府が税金だけで運営されるのは、インフレ率が高過ぎるか、バブルが発生しているか、格差を放置しているか何れかで税金だけが財源なのは間違いです。

 

「上図は米国の国家予算、利払い費はあるが国債償還費は無い」

 

『一般庶民の借金への恐怖は無限大』

 

この辺まで話を進めて「国の借金」問題を理解してくれれば良いのですが、逆にある事実にふと気づくハズです。じゃ政府は無制限に借金をして良いのか!そんなキリギリスみたい享楽的な生活は長く続かない!子孫にツケを残すな!と逆ギレしてしまうかも知れません。人の心に刻まれた借金への恐怖は凄まじいのです。

 

『政府の借金は、資本金と似ている』

 

一応フォローしますと60年掛けて国債を返す無駄なルールを持つ日本政府ですが、実際にはもっと多くの国債を新たに発行しているので、バブルの絶頂期を除き国債は増え続けています。これは政府債務の本質が、借金と言っても、銀行預金や株式会社の資本金と同じく増える事はあっても減らない負債なのを示します。

 

『お金の負債性は、人間社会そのもの』

 

政府債務の持つ性質に私が一番、近いと感じるのは、人が産まれ生きる事です。誰もが親から産まれ、誰かに育てられました。この貸し=負債性は、絶対に返済出来ません。政府債務も同じです。親から受けた恩は、子孫の世代に返すしか無いのです。国民の家である国家の負債も、全く同じ性質を持つと思いませんか?

 

『親の恩は返せない!国の借金も同じ』

 

世間には闇金など恐ろしい負債が有るのも事実です。しかし政府債務の本質は国民に負債を負わせる事ではありません。貨幣の本質が『貸し借りの記録が発展した移動可能な借用書』と考えると政府にモノやサービスを貸したのは他ならぬ国民です。前の世代からの借りを次の世代の貸しにするのが真の財政政策なのです。

 

 

人気ブログランキング参加中。積極財政を掲げる保守政党が日本には必要です!と怒り新党な方は、以下のリンクをクリックにてご支援お願いします。

人気ブログランキング

 

 

「表現者criterion「危機」と対峙する保守思想誌:創刊号2月16日発売」

「最新情報『表現者criterion』メールマガジン創刊へ」

 

「METAFIVE - Don’t Move -Studio Live Version」

 


言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援のサイト。気鋭の保守論客がコラム寄稿!

 

コメント欄ルール:ご批判を含め自由に議論して頂いて結構ですが、荒らし行為や罵詈雑言など「常識」を伴わないコメントについては適宜削除しますので、ご注意ご容赦下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(2)

みぬさ よりかずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。