今日は、「世界一小さな科学館」というのが逗子市池子にあり、なんと9月8日に10年の活動を休止するという新聞記事を読んで、好奇心に駆られ行って来ました!

 

 

 

実は、私は全くの科学オンチ、メカオンチで、学校の理数系のお勉強は大嫌いでした。

でも、子供と遊ぶ科学遊び、というのは、行ったことがあり、そういう遊びは、すごく面白かったのです!

行ってみてびっくり!遊び心、好奇心に駆られるものばかり∼!端から1つ1つ実験しまくりでした(^^♪


ふだん疑問に思う小さなことでも、先ず予想して、実験して、気づくこと、を大事にして来たそうです!

 

 


今回が最終回という企画「大逆展」のクイズ、鏡文字を書く、というゲームでは、意外にみんな苦戦していました!

写真は、中のクイズなどは撮っても良いけど公表しない、ということで、遊びと外の写真のみです。

 

 


入館料は100円。それも、コインを仕分ける仕組みの手作り徴収箱に入れるので、入った時から、ワクワクして一気にテンション上がります!
車が3台くらい置けるので、子供もたくさん来てましたけど、昔こどもだった方達もたくさん来ていて、みんなで楽しめる場所です♪

こういう遊びの場が、しばらくなくなってしまうのは、なんとももったいないし、自分の住む地域にも、こんな科学館できたら良いのにな~、と思いながら、帰ってきました(^^)/