ようやくロシアの話・聖ワシーリー寺院はモザイク模様+スラブ調の糸をよこ糸にした赤系バッグ | 箕輪直子オフィシャルブログ
2019年05月15日(水)

ようやくロシアの話・聖ワシーリー寺院はモザイク模様+スラブ調の糸をよこ糸にした赤系バッグ

テーマ:みんなの作品

なんだか写真の整理もつかないまま過ごしてしまいましたが、

 

ようやくロシアの話

 

 

 

 

 

 

こちらはモスクワ・赤の広場にある聖ワシーリー寺院

 

ロシア正教なので、ワシーリー教会の方が正しいような気もしますが、ガイドブック上は寺院

下矢印

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア正教は地元では結構盛んなので各地に教会があります。

 

 

ロシアの街自体にはそれほど変わった現代建築物はないので各地の寺院が色といい、形といい、かなり異彩を放っています

 

 

このタマネギが頭に乗っているようなデザインの教会が多いのですが、その理由はかつて200年くらいに渡ってトルコの支配下にあったことがあるから

 

この教会デザインはトルコのモスクデザインの影響なんですねー

 

 

 

 

 

ほかにもトルコの影響は見られます。

下矢印

image

 

 

 

 

 

 

こちらの壁画

下矢印

image

 

 

 

 

 

 

わかるでしょうか。

 

モザイクで彩られています。

 

image

 

 

 

 

 

 

アップです。

下矢印

image

 

 

 

 

 

この色の微妙な配置

 

人間技ではありませんラブラブ

下矢印

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで本題

 

 

ごめんなさい。

 

どなたの作ったものか作者不明のバッグです。

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

3色のたて糸を使って、グラデーションにたて糸をかけています。

下矢印

 

 

 

 

 

 

よこ糸は裂き布なのかなーと思ったらそうではなくてスラブ調の糸ですねー

下矢印

 

 

毛糸を使った

柔らかい雰囲気のバッグでーすニコニコ合格合格

 

 

いつもありがとうございます。

ブログだけを集めたランキングサイトに登録しています

 

スマホからの1ポチもポイントになります。

 

この[手織り]マークをクリック!していただければ 

                   私に10点プレゼント! 

 ↓ ぽちっ と応援よろしくお願いいたしますm(_ _ )m


にほんブログ村

  ↓ ぽちっ

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

みのわなおこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります