スタッフ作業日は途中ででぇいっっとちゃぶ台をひっくり返す!+カルトナージュのブックカバーとバッグ | 箕輪直子オフィシャルブログ
2019年05月19日(日)

スタッフ作業日は途中ででぇいっっとちゃぶ台をひっくり返す!+カルトナージュのブックカバーとバッグ

テーマ:みんなの作品

昨日はアトリエ作業日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中がっつり打合せした後、それぞれしなければならない作業に従事する

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところすべてが同時進行なので、何をやっているか行方不明だと思いますが、本人も同時進行が5つくらいに増えちゃって何をやっているか行方不明・・・タラー

下矢印

 

 

 

 

 

 

いつももやもや画像ですが、

ちょっとくらいわねグッド!ってことでHさんの作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだらますますわからない感じでもありますが、

下矢印

 

 

 

 

 

かぶって抱えているそれぞれ案件はそれぞれ発表していい時期に来たら、それぞれ告知したいと思いますのでも少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昨日は淡々と進めていた作業ですが、途中 もう夕方でしょ!って時間になってから我慢がならず、

 

 

 

でえぃっむかっむかっ

 

この糸、やめぇーむかっむかっ

 

 

と自らちゃぶ台をひっくり返し、一からやり直しすることにしました。

 

 

でもスタッフも

 

 

よくぞ決断してくれた爆  笑グッド!グッド!

 

 

とほめられたので、私の判断は間違っていなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

使っていて不快になる糸は精神上よくありませんパー

仕事が楽しくないのは良くありません。

 

 

別の目的だと使いやすい糸なののかもしれませんが

 

どこのメーカーの何という糸とは言えませんが、

 

 

今の目的と状況に応じて、スタッフ全員で耐えられない糸もあります。

 

 

 

 

 

 

結局別の糸で途中までやり直し、

たくさんの宿題を残していただきタラー

6時に解散

下矢印

 

 

 

この時期、こんなに忙しいはずではなかったのでいくつか予定を入れてしまいました。

 

 

 

 

大丈夫パー

 

そのいくつかの予定以外の時間を引きこもり期間にすれば、何とか間に合うはず・・・タラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで本題

 

 

体験でいらした方が持っていたカルトナージュの手帳です。

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言って専門バカなので、染織系以外の手工芸のことはよくわかりませんが、

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

カルトナージュってフランスの手工芸で、

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

もともとある、例えば本とかの外側部分をオリジナルで替えるっていうことのようです。

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年のことですが、きさらぎさんの教室展に行ったとき、このようなバッグが展示されていました。

下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもカルトナージュ技法で作られたものだそうです。

 

土台が紙なのかはよくわかりません。

 

でも土台になるものがあって、それにカルトナージュ技法で織り布を貼り付けて?仕立てたらしい

下矢印

 

しっかりした仕立て、

いいですねーニコニコ合格合格

 

 

いつもありがとうございます。

ブログだけを集めたランキングサイトに登録しています

 

スマホからの1ポチもポイントになります。

 

この[手織り]マークをクリック!していただければ 

                   私に10点プレゼント! 

 ↓ ぽちっ と応援よろしくお願いいたしますm(_ _ )m


にほんブログ村

  ↓ ぽちっ

人気ブログランキングへ