2017年10月19日(木)

イランでは玉ねぎの皮はピンクに染まる植物染料らしい・・+古代米で染めちゃいましたのシルクストール

テーマ:染めについて

 

 

 

 

ちょっと用事があって、昨日ギャッベのミアッゼ先生がSHOPに立ち寄られました

下矢印

 

 

 

 

 

 

展示期間中の飾ってあったこのタピストリー

下矢印

 

 

このあたりを見て、

 

 

 

この鮮やかなピンク色って

カイガラムシですよね?

 

 

 

って聞いたのですが、

下矢印

 

 

 

 

 

 

えっ??

それって玉ねぎだよ

 

 

 

と言われたヽ((◎д◎ ))ゝあせる

 

下矢印

 

 

 

 

 

えっ?? 

この黄色じゃなくて

ピンクですよアセアセ

 

 

 

 

って、指さし確認しながら聞いたけれど、このピンクは玉ねぎの皮で染めたものだという・・・タラー

 

 

 

えっ?? 

玉ねぎの皮と言えば

黄色でしょう。

濃くしちゃうと

黄土色から茶色だけど…

 

 

と言ったら、

 

 

 

 

えっ??違うよパー

赤玉ねぎの皮は

ピンクだよ

 

 

 

 

と言う・・・汗

下矢印

 

 

 

 

じつを言えばミアッゼ先生は日本語の会話7掛けなので、突っ込んだ話はできないのですが、もろもろ確認しながらじっくり聞いてみたところ

 

 

 

 

赤玉ねぎの皮を水につけて一か月発酵せると鮮やかなピンクに染まるらしい

 

 

 

 

そもそも紫玉ねぎではなくて赤玉ねぎってなんなのかっあせる

それって日本の玉ねぎとは違うのかっあせる

 

 

よくわからないけれど藍染めの色止めにヨーグルトよりさらなる衝撃爆弾

 

 

イランでは玉ねぎの皮で染まる色は

 

 

★─☆。o゚。

ピーンク

★─☆。o゚。

 

 

 

 

なのが常識グッド!グッド!らしい

 

 

 

同じ野菜のことを言っているのかよくわからない・・・タラー

試してみるか・・・タラー

でも今そんな時間無いし・・・タラー

 

 

 

 

あっひらめき電球ひらめき電球

奈良のSさんならチャレンジしてくれるかもラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うことで本題

 

 

コチラお客様の巻いていたシルクスカーフです。

下矢印

 

 

 

 

 

あとから顔を消さなくていいような角度で撮ったら、どなたかわからなくなりましたー*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェあせる

 

 

 

 

 

とーっても素敵なシルクストールを染めた植物は

 

 

古代米

上矢印上矢印ここをクリック!で古画像一覧に飛びます

 

 

 

 

 

 

 

こちらは納得の色合いですね

 

 

両端の赤茶は酸性抽出

 

まずは一部に絞りを入れた後 酸性抽出で古代米色に染まる

 

 

そのあと中央の一部をミョウバン媒染液に浸す。

 

 

シルクが映えて

すんごいステキラブラブラブラブ

 

下矢印

 

 

 

藍や木綿の栽培もいいけれど、

古代米なら染めることできれば、煮出したあと食べることもできるチョキ

 

 

 

だれかベランダ古代米栽培してくれないかな~音譜音譜

 

 

いつもありがとうございます。

ブログだけを集めたランキングサイトに登録しています

 

スマホからの1ポチもポイントになります。

 

この[手織り]マークをクリック!していただければ 

                   私に10点プレゼント! 

 ↓ ぽちっ と応援よろしくお願いいたしますm(_ _ )m


にほんブログ村

  ↓ ぽちっ

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

みのわなおこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります