ルーピング技法の箱型バッグ+12色はニンジン | 箕輪直子オフィシャルブログ

ルーピング技法の箱型バッグ+12色はニンジン

「手織り・全国セミナーのご案内」

↑↑ こちらをクリック!! 

「オリジナル手織りキットの新商品」

↑↑ こちらをクリック!!





今日は水戸に行きます。

全国セミナーは 本部で主催している会場と地元の会員さんが主宰している会場があり、水戸は本部主催のため9時までに行って 荷物を広げたり机を動かしたりなど会場設定も自分で

(もちろん手伝ってくださる方はいるけれど)

しなくちゃいけません。

7時4分浦和発の電車に乗り、7時半上野発のフレッシュひたちに乗ると9時には会場にたどり着けます。


案外近い!と わたしは思うのですが・・・・




では今日の12色 ニンジンビックリマーク


箕輪直子オフィシャルブログ

染めたのはニンジンの葉っぱ部分

畑で取り残され、花まで咲いちゃった トウのたったニンジンの葉っぱです。

意外ときれいな色に染まるでしょ??



裂き織り展の話が続いてしまったので、今日は長野の話。


箕輪直子オフィシャルブログ


面白い技法だし、応用範囲も広いし、キットの売れ行きも良くみんなも楽しんでつくっているはずなのに応用作品をあまり見たことのない技法ってあります。


ルーピングもその一つ


こちらは テクニカルシリーズのルーピングバッグキットの完成品

※テクニカルシリーズのキットはオンラインショップでは取り扱っておりません。


箕輪直子オフィシャルブログ

あ゛ぁーこれ作ったことあるぅー


なんて方も多いのではないでしょうか。


ノット織りのようでノット織りではないこの技法でつくったバッグを長野で発見しちゃいました。


それがこちらクラッカークラッカー

箕輪直子オフィシャルブログ


こちらが反対側

デザインは一緒だけれど色の出し方をかえています。

箕輪直子オフィシャルブログ


これが横から見た状態

箱型になっています。

箕輪直子オフィシャルブログ


こちらは上から見た状態

内側はゼブラ模様?の布地??

箕輪直子オフィシャルブログ


それにしても 何も入っていなくてもしっかりした箱型を維持しているし

触っても柔軟性があるし、

いったい中の芯には何をつかっているの??と聞いたところ


去年のステッチセミナーの時に使ったこれ↓↓です。


と答えてくれました。


箕輪直子オフィシャルブログ


去年の全国セミナーのタイトルは

「織り人に役立つ50の簡単ステッチセミナー」というタイトルだったのですが、

その時練習セットの中にこのシートを入れ、実習の時にこれも使ってステッチの練習をしてもらったのでした。


↓ 去年のセミナー画像です。
箕輪直子オフィシャルブログ


このシートはハマナカ製で アンダリア手芸などにつかわれている不滅メラメラの定番商品

見たことのある方も多いと思います。

箕輪直子オフィシャルブログ


確かにこれなら 目的にぴったりだし、穴が一定にあいているから仕立てるときも縫いやすかったでしょう?


と聞いたところ、


持ち手や蓋や細かい部分を細かく縫うときには、好きなところに針をさせないからかえって使いにくかった


と おっしゃっていました。

箕輪直子オフィシャルブログ

でも努力した甲斐がありましたね。

このバッグ 飾りボタンも素敵だし、誰にでも自慢できるバッグに仕上がっていますよ合格合格


みなさんも過去に習った技法はときどき思い出してあげてくださいね



さて準備

まずはコンタクトレンズを入れるところから目

  ↓ ぽちっ  こちらも ↓ ぽちっ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ 人気ブログランキングへ






では本題