まだ事業承継のことを考えていない社長のための事業承継基礎知識①(総論) | 体脂肪率4.4%の公認会計士 國村 年のブログ

体脂肪率4.4%の公認会計士 國村 年のブログ

香川県高松市で会計事務所(税理士・会計士)をやっている公認会計士・税理士です。●棚卸●事業承継●M&A・組織再編●贈与・相続のコンサルティングをしています。会計・税務に関することなら、お気軽にお問い合わせください。


テーマ:

皆さんは、『事業承継』ということばを聞いたことはあるとは思いますが、具体的にはどのようなものかご存知でしょうか?


『事業承継』とは、文字どおり、オーナー経営者が、お子様などの後継者に、事業を承継させることです。


この『事業承継』には、2つの側面があります。


まず、1つ目は、事業自体を存続させ、発展させるという面です。


『事業承継』に失敗すると、事業を続けられなくなり、後継者、従業員、取引先、その家族などを路頭に迷わせることになってしまいます。

それゆえ、『事業承継』は、社会にとって必要だと言えるでしょう。


2つ目は、オーナー一族の財産を守り、一族が繁栄していくという面です。


『事業承継』に失敗すると、会社の価値が下がり、オーナー一族の財産も減ってしまいます。また、一族内で争いが生じ、一族が崩壊してしまう可能性もあります。

よって、『事業承継』は、社会にとって必要なことでしょう。


明日からは、具体的にどのようなリスクがあるか、どのような手順で行うかについて書きたいと思います。


『事業承継』の必要性が、少しは分かっていただけましたか?

体脂肪率4%の棚卸、相続、事業承継、M&A会計士 國村 年さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス