宇宙開闢 

ネタがなくなってきたので
満を持してウブロ・ビッグバンの登場でございます。

Big Bang Unico Titanium 42mm / HUBLOT 


Ref:441.NX.1170.RX
ケース径:42.0mm
ケース厚:14.5mm
重量:-
ケース素材:チタン
風防:サファイア・クリスタル
裏蓋:サファイア・クリスタル
ベルト素材:ラバー
バックル:三つ折式Dバックル
防水性:10気圧(100m)
価格:1,890,000円(税抜)

このブログを以前から読んでくださっている方にはお分かりかと思いますが、ウブロのセンスと私の好みは全くもって正反対であり、自分では生涯ウブロを買うことはないと断言できます。

とか言いつつ、かつてそう思っていた別のブランドについて突然改宗して大好きになった過去があるので、私の感情などその程度のものですが。

ウブロといえばこのエクストリーム系のルックスです。好き嫌いはあるでしょうが、アクセサリーとしては確かに格好良いんですよね。

むしろスポーツミックスなどのファッションスタイルに対しては伝統的な腕時計がフィットしない事もありますから、こうしたテイストの時計は一本あってしかるべきとも言えます。


真面目に時計として見た場合、スケルトンダイアルの視認性は劣悪です。これ本当に時間分かるんでしょうか?という感じですが、時計はアクセサリーと思っている私は、視認性なんてのは実は大して気になりません。

むしろ自社製キャリバーUNICOをローンチして以降のウブロ はこのスケルトンダイアルがアイコンとなった感さえあり、もはやクローズド文字盤は中途半端な気すらします。

ケースに目を移すと、しっかり筋目の入ったヘアライン仕上げのベゼルとケースは各所にビスが打たれており、ハードな印象です。

3、9時方向に耳にように張り出しているグラスファイバー製のオレイユリングは機能的意味は不明ですが、なんかカッコいいです。

サンドイッチ構造のケースやクロノグラフのプッシャー も未来的なデザインで、とにかく伝統的な機械式腕時計とは全く異なるデザインコードです。

チタン素材にラバーベルトを合わせ、ウブロの代名詞でもある異素材ミックスによる革新性もしっかり表現されていますね。

このデザインは好みがはっきり分かれると思います。私は自分で着けようとは思いませんが(似合わないので)、ダンサーやアーバンスポーツのアスリートなんかには凄くマッチしそうですよね。

若々しく未来的・都会的なデザインです。

とあるブログで、ビッグバンの弱点はその強すぎる個性であり、所有者にスポーツ選手芸能人が多いのはある意味で妥当である。彼らはビッグバンに釣り合う個性を持っているからだ。的な見解を示す人がいて、うまいこと言うな〜と思いました。

実際は有名スポーツ選手・芸能人の場合スポンサーなだけでしょうけどね。

一方でスーツにビックバンは完全にミスマッチです。明らかにビジネス用の時計ではなく、派手なアクセサリーとして使うべきでしょう。

そういう意味では人やシーンを選ぶ時計だというのはあながち的外れな指摘ではありません。


型番:HUB 1280 UNICO
ベース:-
巻上方式:自動巻
直径:30.0mm
厚さ:6.75mm
振動:28,800vph
石数:43石
機能:スモセコ3針クロノグラフ
精度:-
PR:72時間

かつては異素材融合と革新的なデザインが先行し、ムーブメントはバルジュー7750系ベースである(かつ非常に高価な)点を揶揄されていたビッグバンですが、自社製キャリバーであるUNICOを投入してそうした批判を封殺しました。

機構としてはコラムホイール・水平クラッチ式を採用したフライバック・クロノグラフです。コンプリケーション用のモジュール追加を想定し余裕を持たせた設計でありながら、厚さは6.75mmに抑えています。

これは名機エルプリメロ(30 x 6.6mm)並みのサイズなので、クロノグラフとしては全く大きくはありません。

むしろバルジューの7.9mmに比べれば随分スリムになったといえます。

水平クラッチ方式を採用しクロノグラフ機構を文字盤側に持ってきた上でダイアルをスケルトナイズするという計算されたデザインです。コラムホイールが文字盤側から見えるというのは面白いですね。


もちろん裏スケでもあるので、バックサイドも鑑賞できます。ムーブメントのデザインは伝統的なスイス時計のそれとは全く異なるモダンな味付けです。

ジュネーヴシール機なんかを見慣れている人にとっては、美しさや仕上げの高級感はありません。ま、それはコンセプトではないですからね。

HUB 128028,800振動/時72時間というパワーリザーブを達成しており基本性能の高さは新世代キャリバーに相応しいですが、緩急装置は緩急針をテンプ受けのネジで調整するという古い方式です。

まだまだ洗練の余地はありそうですが、それでもクロノグラフ・キャリバーを内製するだけの技術力を得たウブロには素直に賞賛を送りたいと思います。

フランク・ミュラーと共に高級ガワ時計(時計マニアからの評価は低い)の二大巨頭に数えられる事も多かったウブロですが、一時のフィーバーも落ち着き、ウォッチメーカーとしての真価が問われる段階に入っています。

その中で、マニファクチュール化へと舵を切って付加価値を高めようという姿勢は正しいと私は思います(少なくとも食器やスイーツに進出するよりはかなり真っ当)。


タイムピースというよりマシン的なモデルが居並ぶウブロの中では、このウニコ・チタニウム42なんかは正直いっておとなしめのルックスです。

カラーリングや素材のバリエーションが無限にあって、最早ついていけませんが、自分だけのモデルを求める人には有効な戦略です。

しかし、いくら自社製のフライバック・クロノグラフ・キャリバー搭載とはいえ、チタンケースにラバーベルトの時計で税抜189万円という価格は、私の感覚からするとあまりにも高すぎです。

その値段って名門ブランドの貴金属ケース/革ベルトモデルが余裕で射程圏内ですから、Minority’s Choice としては確実にそっちに行きます。

しかしビッグバンに一目惚れした人にとっては、他の時計では代替できない魅力があるのも事実。この時計の唯一性がこの価格を正当化する理由の一つではありましょう。

しかし本当に対抗モデルはないのでしょうか?


あります。凄いのが。


Freak X / ULYSSE NARDIN 

Ref:2303-270/03
ケース径:43.0mm
ケース厚:13.5mm
重量:-
ケース素材:チタン
風防:サファイア・クリスタル
裏蓋:サファイア・クリスタル
ベルト素材:アリゲーター・レザー
バックル:三つ折式Dバックル
防水性:5気圧(50m)
価格:2,430,000円(税抜)

ユリスナルダンというブランドは実に掴み所がありません。

1846年に創業し、20世紀初頭にはマリンクロノメーターで大成功を収め最高級の懐中時計ブランドとしての名声を築くも、腕時計開発に遅れを取りクオーツショックの煽りを受けて低迷。

その後天文三部作で復活を果たすと、21世紀に入ってからは積極的に自社ムーブメントの開発を進める一方、2011年にはエナメル文字盤工房として世界最高の評価を受けるドンツェ・カドランを買収するなどの動きも見せています。

2014年にはグッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガなどを有するケリング・グループ傘下に収まり、ジラールペルゴ(GP)と共にグループの高級腕時計部門を牽引する立場にあります。

浮き沈みはあるものの、ウォッチメイキングにおいて華々しい歴史を有しており、ジラールペルゴと同等の名門中の名門といって間違いないブランドです。

ですがそのコレクションのユニークさは王道を行くGPとは対照的です。

出典:https://watchesbysjx.com

今やドンツェ・カドランを擁するだけあって、クラシカルなエナメル文字盤のドレスモデルもあれば、このフリークコレクションのように現代的で大胆なモデルもラインナップしています。

その振り幅が大き過ぎて、自由奔放。

フリークXは従来の時計の概念からは大きく飛躍した解釈に基く機構とデザインを持ち、それでいて腕時計として破綻してはいないという素晴らしいバランス感覚の作品です。

この時計の最も注目すべき点はその時間表示の方法です。フリークXには針がありません。針のように見えるのはムーブメントのブリッジなのです。

分針の役目を果たすブリッジの反対側にはテンプが堂々と存在し、よく見れば奥にはガンギ車も見えています。

テンプはダイアルと同心円を描く歯車と噛み合って宙に浮く様にしてダイアル上を周回し、バランスブリッジごと一時間で一回転するというわけです。

出典:https://watchesbysjx.com

針も文字盤もなく、ムーブメントそのものが時間を指し示すというコンセプトを思いついたイマジネーションと、それを実現した技術力には脱帽です。

そして特筆すべきはそのデザインの美しさです。柔らかい曲線と幾何学的要素を取り入れたムーブメントの造形は高級スポーツカーを思わせる優雅さがあります。

見目麗しさこそMinority's Choice が最優先するポイントですので、その点でフリークXの評価は非常に高いのです。

出典:https://watchesbysjx.com

型番:UN-230
ベース:UN-118
巻上方式:自動巻
直径:-
厚さ:-
振動:21,600vph
石数:21石
機能:ブリッジによる時分表示
精度:UN社精度証明 (日差 -4/+6秒)
PR:72時間

この他に類を見ないムーブメントに関しては細かい情報があまりありませんが、フライングカルーセル・バゲットムーブメントというジャンプの必殺技みたいな凄い名前の機械です。

直訳すると、「浮いているように回転する縦列型ムーブメント」って所でしょうか?

バゲットはあのバゲットです。短いフランスパンみたいな。要は細長い棒状のムーブメントという意味です。輪列が一直線に並ぶ特異な形状で知られる、コルムゴールデンブリッジなんかもバゲットムーブメントとしては有名ですね。

UN-230ではムーブメント自体が分針代わりになって回転する、という事を表現した名前です。

シースルーバックから覗く裏面は装飾性もなくむしろ地味と言える姿です。表面がユニーク過ぎて裏面はほとんど見ないかも知れませんね。

出典:https://watchesbysjx.com

ダイアル上で脈打つ脱進機のテンワは超軽量のシリシウム製で、空気抵抗を利用して振幅を安定させる自己調整型マイクロブレードを備えています。

巻き上げ機構は高効率なマジックレバー式の両方向自動巻で、72時間のパワーリザーブは新世代型キャリバーの標準的な水準をクリアしています。

精度に関してはユリスナルダン社精度証明書が付いています。これはCOSC認定に準ずるものですので、日差 -4/+6秒という高精度を保証するものです。

テンプがゆっくりとは言えダイアルを一周するので、トゥールビヨン同様の重力分散効果も期待できます。

とにかくハイテク感が凄まじいのですが、動力はあくまでゼンマイの力ですし、電子的な制御などもちろん一切ない機械式のキャリバーだというのが凄いですね。

しかもコンセプト自体は2001年に発表していますから、ユリスナルダンの革新性は眼を見張るものがあります。


これほどの新機軸を盛り込んでおきながら税抜243万円で済むのいうのは、お買い得とさえ思えます。

機能としては時分表示しかないのに、ここまで傑出した個性を発揮できる時計はそうはありません。

サイズが大きいのでやや持て余しそうではありますが、現代的(というか未来的)なデザインの時計の中では個人的には最もお勧めしたいモデルです。

因みにフリーク・コレクションのハイエンドには、更に上をいくテクノロジーを搭載したフリーク・ヴィジョンがラインナップされています。

下の画像を見ての通り、リューズがなく、時刻合わせはベゼル操作で行います。

また、従来のローター型の2倍の巻き上げ効率を誇るグラインダー・ワインディング・システムという名の自動巻機構を搭載している点も大きなトピックです。

お値段は税抜1,100万円

<Freak Vision / ULYSSE NARDIN>

ゴールドケース&ブレスにトゥールビヨンで2,000万円とかいう昔ながらの超高級時計を買っているユーチューバーには、こういった技術革新にこそお金を使って欲しいです。

このフリーク・ヴィジョンはエクストリーム系では突出して美しいフェイスデザインだと思います。

エクストリーム系のウォッチメーカーというのも実は他にもわんさかありますが(De Bethune, MB&F, Angelus, MCT Watch etc.)、ナルダン程のヒストリーを有する名門ブランドでこの分野に積極的に挑戦しているメーカーを私は知りません。

フリークXに関しては価格もサイズももう一回り小さくなってくれれば私のような一般ピープルにも手が出るのですが、フリーク・ヴィジョンは手の届かない高嶺の花で居続けて欲しいと思えるほどの美しさがあります。

時計好き富裕層の方は是非!

出典:https://watchesbysjx.com