久し振りのホームダム

テーマ:

 

今朝はカヤックでホームダムへ行ってきました。

ホームダムと自分で言ってるぐらいなので例年ならこのダムへ通うのですが、今日は久し振りに訪れました。

 

それはなぜか・・・

 

今年は全然釣れないんです。

 

5、6月で計8回ほどアルミボートで来ましたが、同船者と合わせても釣果は合計2匹。

その為、7月に入ってからは別のダムへ通っていました。

今回は状況の確認も含めての釣行です。

 

 

雨の影響で少し濁っていて天気は曇り、雰囲気はバッチリです。

カヤックに乗り込んだ時点で既に「今日は釣れる」と根拠のない自信。

 

狙うポイントは写真の通りほとんどがオーバーハング。

バスの姿も所々で確認できます。

ただ、落ち葉や小枝も浮いていてどのルアーを投げるか悩みます。

 

そこで最初に選んだルアーはリバースクラフトのスレイド。

ターンが得意なダブルスイッシャーで、ダブルフックがお腹側に1つだけなので落ち葉などを拾いにくくオーバーハングの奥まで投げ込めます。

 

上流へ向かいながらテンポよくキャストします。

着水後しばらくポーズ、2〜3回ターンさせてポーズ、これを繰り返します。

ちょうど追い風だったので、パドルを使って進行方向を修正しながらゆっくり移動していきます。

しかし、ルアーを見にくるバスはいるもののバイトしてくれる気配はありません。

 

キャストし始めて約1時間、着水後にポーズしてターンをさせた直後にようやくバイト!

バイトする前からバスの姿は見えていたのでテンションはMAX!!!

フッキングしてバスの重みを感じ、少し安心したのもつかの間、痛恨のジャンプ一発バレちゃいました・・・

 

もっとロッドを下に向けていれば獲れたんじゃないかと後悔・・・

 

バイトがあったのは中央の木と左の岩の間

 

ルアーを変えながらキャストし続けましたが無反応でした。

約3時間の釣行で結果は1バイトノーフィッシュ・・・

その間ボイルも起きず、今年のホームダムの厳しさを思い知らされました。

それでも景色が抜群にいいのでまた来るんですけどね。

 

 

厳しい状況ながらなんとか1匹釣れましたって書きたかったのですが、残念ながら次回へ持ち越しです。

次こそは狙い通りにバスを釣ってブログに書けるよう頑張ります(^^)

 

質問等があればminorityホームページのMAILからお問い合わせ下さい。

https://www.minority-tb.com

新旧ロングトーピード

テーマ:

 

今回のテーマはライフベイト「ロングトーピード」。

とてもターンさせやすく、スローリトリーブでもペラがよく回る非の打ち所のないシングルスイッシャー。

約5年振りのリリースとなる今回、前作と比べての変更点やライフベイトの小松さんにお伺いした事を中心に書きます。

 

まず外観での変更点は3つ

 

1、ペラの材質変更

左が前作に装着されていた真鍮製ペラ、右が新作に装着されているステンレス製ペラ。

真鍮製はメッキ処理されていて光沢があります。

回転した時の音はステンレス製が甲高く響くような音で、それに対して真鍮製は低音でこもるような音に聞こえます。

個人的にはステンレス製の甲高い音の方がよく釣れるイメージがあるのですが、好みによって変えてみるのも面白いと思います。

 

 

2、フックの変更

ルアーに装着されている方が前作についていたマスタッドフック。

下側が新作に装着されているライフベイトオリジナルのジョンソンフック。

 

ジョンソンフックは化学研磨で鋭く、フックポイントが内向きになっています。

その為フッキングした時にバスの硬いアゴに貫通しやすく、バラしにくい形状になっています。

 

 

3、フック位置の変更

これは最初に見比べた時に気付かなかったのですが、フックの位置(リグの位置)が数ミリ前方に移動しています。

小松さんにその理由をお伺いしたところ、早巻きした際にリヤフックとペラが干渉するのを防ぐ為に変更したそうです。

 

比較した写真を掲載したかったのですが、レギュラーカラーが完売で写真を撮れませんでした。

近いうちにminorityオリジナルカラーが入荷しますので、その際に改めて比較した写真を掲載します。

こちらが比較写真。

左が前作で右が新作です。

リヤフックのリグの位置が前方へ移動しています。

 

 

外観で気付かない変更点

 

新作ではターンしやすくする為、フロントフックより前側にウエイトを入れているそうです。

前作でも十分にターンするのに、さらにターンしやすいように改良するところが小松さんの拘りなのだと感じました。

 

 

フィッシュテールについて

サイズは左からS、M、Lの3種類。

フィッシュテールを取り付ける事でペラとの干渉音がプラスされ、かなりアピールが上がります。

小松さんはロングトーピードにはSかMサイズがオススメとの事。

各サイズを試してみて自分に合うのを探すのも面白いと思います。

 

 

フィッシュテールMサイズのロングトーピードで釣った1匹。

釣ったのはお客様です(^^)

 

オリジナルの状態でも十分釣れるルアーですが、自分なりにペラを交換したりフィッシュテールを取り付けたりして釣ったバスは記憶に残る嬉しい1匹になりますよ(^^)

 

質問等があればminorityホームページのMAILからお問い合わせ下さい。

https://www.minority-tb.com

 

 

minority

中村 喬

境目

テーマ:

前回のブログ更新から早1ヶ月・・・久々の更新です!

先日のカヤックでの釣行が非常に良い経験だったのでブログに書きます。

 

 

この日の天気は曇りでローライト、釣れそうな雰囲気。

夕まずめ狙いで15:30スタート。

家を出る前から行くと決めていたリザーバーのとあるポイントへ向かいます。

 

上の写真がそのポイント。本流と支流の合流地点。

ストラクチャーは無く、前日の雨の影響で本流からのマッディウォーターと支流からのクリアウォーターの境目がはっきりしています。

その境目付近でボイルも起きていて期待は膨らむばかり。

 

ルアーはピステイカーのカラーMFRを選択。

選んだ理由は、

1、スローリトリーブでもペラが安定して回る

2、遠投出来る(26gの自重とルアーの細身なフォルムからよく飛ぶ)

3、視認性が良い(遠投する為)

4、お腹側のカラーがシルバー(ベイトのカラーに近い)

5、近くでボイルがあった時に対応できる(ボイル打ちにはペラのよく回るダブルスイッシャーが一番釣れると考えている)

 

カヤックがすぐ流されるので、岸にカヤックを少し乗り上げた状態にして準備は完了。

岸から沖へ向かってピステイカーを遠投し、境目を通すようにスローリトリーブ。

2投目のマッディウォーターに差し掛かった所で横からひったくるようなバイト!

 

かなり引きます!

 

寄せてくればくるほど浅くなるのでジャンプしまくりです!

 

ランディングネットで何とかキャッチできたのは・・・

 

 

45cmの綺麗なブラックバスでした!

上あごと下あごにしっかりフッキング出来てました。

しかしブラックバスのあご、エラは本当にカッコいいなぁ。

 

そして同じパターンで・・・

 

 

 

同じポイントで40cmと30cmを追加。

16時頃からの30分で3匹釣れてひとまず安心。

 

そこからピタッと反応がなくなり本流の流れが当たる対岸を狙ってみるも反応なし、日が傾いてきたタイミングで最初のポイントを再度狙うも反応はなく19時に上がりました。

 

今日の経験から遠投出来るダブルスイッシャーの必要性を再認識しました。

皆さんのタックルボックスにも1つは入れておいて欲しいですね。

 

皆様も同じ場面に遭遇したら是非ダブルスイッシャーをキャストしてみて下さい。

 

 

 

自己流ですが・・・

ピステイカーに装着されているペラは最初の状態で十分良く回転するのですが、僕はもっと回るように少しだけ後方へ曲げてます。

曲げる時は自己責任で怪我をしないように気をつけて下さい。

 

(右が最初の状態、左が少し後方へ曲げた状態)

 

質問等があればminorityホームページのMAILからお問い合わせ下さい。

https://www.minority-tb.com

 

minority

中村 喬

 

つい先日入荷したばかり、ハンドサムの「グルーバー」

気になっている人も多いと思いますのでインプレッションを。

あくまで僕の感想です。

 

まず浮き姿勢は少しだけ斜め浮き。

フロントの扁平でボリュームのある形状とリアの細さ、ウエイトの位置からの浮き姿勢。

 

アクションは水押しの強いターンが非常にいい。

アクションの強弱によってスライド幅のコントロールと、深いカップから「カポッ」とポップ音を出すことができる。

 

強めのアクションだと水面をスライドするのではなく、水の中へダイブしてから水面へ浮き上がってきてポヨンと揺れる。

この「揺れ」があることでバイトまで持ち込める。

おそらくハンドサムの嶋崎さんが多くのビックバスを釣ったというのはそういう理由なのかなと感じています。

 

実際、先日の釣行では二回あったバイトは共に「揺れ」の直後のバイト。

以下の二枚の写真のポイントで。

 

 

 

共に遠投後、2〜3回強めのターン→揺れ→2〜3回強めのターン→揺れ

の繰り返し。(27gの自重と形状から遠投し易い)

1枚目の写真のポイントは岩盤の張り出した所で、2枚目の写真は右側の窪みでそれぞれ「揺れ」の直後でバイト。

 

1枚目のポイントでは乗らず、2枚目のポイントでは手の届く所まで寄せたのにフックオフ。

グルーバーで釣った写真を掲載したかったので非常に残念でした。

 

まとめると、非常にターンさせやすく、遠投もでき、扁平ボディーからくる「揺れ」がこのルアーのポイントだと感じました。

 

 

質問などがあればminorityホームページのMAILからお問い合わせ下さい。

https://www.minority-tb.com

 

minority

中村 喬

 

キッカケ

テーマ:
 
 
minorityの中村です。
ブラックバスのトップウォーター専門店を始めてそろそろ1ヶ月、少しは落ち着いてきたのでブログ始めてみました(^^)
 
オープンしてから1番聞かれる事、「何で始めようと思ったの?」
30回くらいは聞かれました(^o^)
簡単に言うと、「トップウォーターバスフィッシングが最高に面白い遊びだと思っているから」
この面白さを、まだ知らない人に伝える事が出来る店を作りたいと思ったんです。
 
既に楽しさを知っている人も含めて、トップウォーターバスフィッシングの世界を少しでも盛り上げていければと思っていますので、これからもminorityを宜しくお願いしますm(__)m
 
 
minority
中村 喬