「成功するからやる」では苦しくなる~南城久美子さん×藤本さきこさんトークライブレポ | 他人評価中心・他人優先のバタバタ時短ワーママが、自分を知り・肯定し・活かし、自由に働くCEOになるまで

他人評価中心・他人優先のバタバタ時短ワーママが、自分を知り・肯定し・活かし、自由に働くCEOになるまで

会社員として子育てしながら時短で働いていたときは、周りの目ばかり気にして、自己犠牲が激しく、苦しい生き方をしていました。そこから「自分を活かしたい」と起業して試行錯誤している最中です。


テーマ:
忙しいワーキングマザーのための
英語力UPメンターの伊藤実理です。
 
 
先週土曜日にパワーブロガーの南城久美子さん
オンラインサロンのイベントに参加しました!
 
 
"藤本さきこさんゲスト
 女神的ビジネス論・繁栄のはじめ方"
 
 
 
青森でお子さん四人を育ててらっしゃる藤本さきこさん
 
 
著書二冊とも読ませていただき、その生き様に
とても興味があったので、今回名古屋から
東京まで会いに行きました。
 
 
 
トークライブが始まってからは、お二人が座るのも忘れて
お話してくださり、熱量がすごかったです。
 
 
 
さきこさんは人生が変わるノートの書き方を提唱しており
実際にそのノートも公開してくださいました。
 
 
 
総勢160名も参加されていて、
私は前から二列目だったので、
後ろを振り向くとすごい迫力でした!
 
 
さて、写真はここまでにして、
今回のトークライブの私なりの感想を
書いていきたいと思います。
 
 
■感想と反省…
 
 
正直、
 
「もっとトークライブを感じればよかった」
 
という思いが日に日に沸いてきました。
 
 
というのも、当日は気になる言葉をメモすることに必死で
せっかく"ライブ"だったのに場の一体感から浮いていました。
 
 
以前南城さんが「セミナーではメモせず感じる」ということを
おっしゃっていたことを急に思い出し、
 
 
オンラインサロンで後日動画が配信されるんだから
そんなに必死にメモしなくてよかったじゃん!
 
 
もっとその場や熱量を純粋に感じればよかった!
 
 
と反省してしまいました。
 
 
そう、私「感じる」ことを普段全然していないんです。
 
 
どうしても「思考」が先に来てしまうんです。
 
 
さきこさんが提唱しているノートの書き方でも
事実をもとに感じたことを書いていくんですが、
どうしてもすぐに解決策を書いている自分。
 
 
感覚を感じようとしているのに、すぐ思考が邪魔するんです。
 
 
じゃあこうしたらいいじゃん、これやってみたら?
 
 
すぐに自分の感覚に対して突っ込みを入れる思考。
 
 
普段、他人の話は聞けるのになぜ自分の感覚は
聞いてあげられないんだろう?
 
 
そう思っていたので、今回のトークライブの
質問コーナーで質問しちゃいました。
 
 
(こういう場で一番に質問できちゃうのが私らしいところです)
 
 
さきこさんからの回答は
 
「思考がぐるぐるしちゃうなら、一度止めてみる」
 
とのことでした。
 
 
うん、感覚がないがしろにされている、
思考が邪魔してるなと気づいたら一度止める。
 
 
「どうしてできないんだろう」なんて考えずに
自分は思考が優位に働いちゃうだけだから
感覚を意図的に優先してあげよう。
 
 
そうやって、ノートの書き方も変えていっています。
 
 
■印象的だった言葉たち
 
そして、必死にメモした甲斐あって、
たくさんの素敵な言葉をいただけました。
 
 
その中で私の心にひっかかったものをピックアップしたら
共通点が浮かび上がってきました。
 
 
・失敗したくないから「成功するならコレをやる」では苦しくなる
 
・「売り上げがあがったらコレを好きになる」はおかしい。
 お金が欲しいから仕事しちゃ駄目。
 
・「完成されたものが欲しい」では苦しくなる
 
 
…共通点っていうか、すべて同じ意味ですね。
 
 
私自身がビジネスをやる上で、
どういうサービスを提供するかいろいろ考えているから
これらの言葉にフックがかかったのかなと思います。
 
 
以前、起業ネタを迷っていたときに、
いろんなコンサルを受けては、
 
 
「あなたにオススメのビジネスはこれで、
 こういうサービスをこういう風にやれば成功する」
 
 
という"正解"を探していたんです。
 
 
でも誰もそんな正解を教えてくれなくて。
 
 
教えてくれないのはコンサルのレベルが低いからだと
本気で思ったこともありました。
 
 
でも、以前南城さんに
 
「みのりさんはいつも正解を探してるよね」
 
と言われてどきっとしたんです。
 
 
(正解探しは、高学歴女子に多いそうです…汗)
 
 
さきこさんの言葉を聞いて、
そのときのことを思い出したんです。
 
 
成功するからやる、
これが正解だからやる。
 
 
これだと、
 
 
やったのに成功しなかったら?
やったのに正解じゃなかったら?
 
 
ただただ辛いし、人のせいにしちゃいそう。
 
 
そもそも「成功する」とか「正解」って
他人がやって成功したとか
その人の正解だったというだけ。
 
 
私が同じことしても条件や前提が違うから
必ず同じにはならない。
 
 
なのに私は「成功」とか「正解」を
探してたんだなぁと愕然としました。
 
 
いままで、そういう基準しか持ってなかったんだな。
 
 
これは、英語サービスでも同じで
「こうやったら必ず英語力がUPします」
と断言するのが正直辛かった。
 
 
3ヶ月継続コースを受けてくださった方の
英語力がそんなに上がらなかったとき
自分を責めた。
 
 
他の人がうまくいった方法はあるけど
あなたがうまくいく絶対の方法なんて無い。
 
 
じゃあ、何を基準に選べばいい?
 
 
そこで、私はもっと自分の「感覚」を重視してみようと思う。
 
 
今までは考えすぎて正解を求めすぎてた。
 
 
もっと、「感覚」や「自分の好き」を聞いてみよう。
 
 
そして、もっとお客様の声を聞いて
そこから自分が感じたことを形にしていこう。
 
 
そんな気づきを得られたトークライブでした。
 
 
3月から始まる南城さんの新しいオンラインサロンでも
動画が配信されるそうなので楽しみ!
 
 
南城さんがトークライブについて書かれた記事はこちら↓
 
さきこさんがトークライブについて書かれた記事はこちら↓
 
 
 
 

伊藤みのりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント