夏の冷え性~お腹の冷え | みのり鍼灸院~ちょこっと日記~
新型コロナウイルスに関する情報について

みのり鍼灸院~ちょこっと日記~

鍼灸院での日々や季節に関連した東洋医学などの
日常で使える知識をちょこっと書いていきます。

皆さんこんにちは!
九月に入り夕方から夜にかけてだいぶ涼しくなってきましたね。

最近患者さんから質問された内容について今日は書きます。


「最近お腹を触ると冷たい感じがする、身体は汗をかくぐらい暑いのに…」

原因はさまざま考えられます。
もともと冷え性な方、虚弱体質な方、病気の症状により冷えている方などなど…

 

なぜお腹が冷えるのか??
お腹が冷えるということは、消化器系を動かすエネルギー不足が一番の原因きちんと機能している内蔵は温まっていますがエネルギー不足になると温める力が弱く、自分で熱を作り出すことができませんエネルギーとは基礎代謝のことをさします。

 

この方の場合
事務職の為夏はエアコンのある室内での作業、暑さの影響で外に出ることが少ない等からの運動不足などの基礎代謝の低下や
温野菜よりは生野菜などのサラダを多く食べていた、冷たい飲み物がすきなどの
夏ならではの食生活の偏りによって内臓への負担がありました。

鍼灸治療では冷えやすい体質の改善、疲れている内蔵機能の回復を東洋医学視点から施術していきます。


主に、生まれ持ってのエネルギーを貯め、水分代謝機能を司っている「腎(じん)」、食物の吸収を促し、水分を循環させる役割を持つ「脾(ひ)」を中心に全身治療を行い本来体が持っている力を回復し発揮させることにより、体のバランスを取り戻していきます。

 

鍼灸治療+私生活で気をつけること!
夏に弱ってしまった内臓は軽い運動や腹巻で温めるということもできますが一番大事なのは食生活になります。
・身体を温めてくれる食材を取り入れる(生姜、ニンニク、山芋、かぼちゃなど)
・よく噛んで食べる(消化しやすいようにしてあげましょう)
・冷たいものばかりではなく温かいお茶などをとる
・シャワーだけではなくお風呂もはいる
などご自身でできることも多くありますので、試してみてはいかがでしょうか??

夏を乗り切り、美味しいものが待っている食欲の秋にむけて体調を整えていきましょう!(`・ω・´)キリッ

 

みのり鍼灸院のHP

http://www.minoriharikyu.com/