構造・断熱材施工現場見学会を開催しました! | 仙台で注文住宅づくり「みのり建築舎」一級建築士 塩谷貴義公式ブログ

仙台で注文住宅づくり「みのり建築舎」一級建築士 塩谷貴義公式ブログ

「みのり建築舎」は地元仙台・地元宮城を拠点とした、注文住宅をつくる工務店・設計事務所です。宮城・東北の無垢材や自然素材にこだわり、無垢の家、木の家、自然素材の家などと呼ばれる注文住宅づくりを得意としています。

 今日は、午前中小雨が降るお天気でしたが

そんな中、富谷市で施工中『DIYを楽しむ家!』現場にて

構造・断熱材見学会を開催しました!

 

 

 施工中の見学会って、完成見学会よりすっごく地味ですが、

今の家づくりの大事なモノがたくさん見える、

実は、住宅会社を検討中の皆さんには、

必須で見た方がいい!見学会です。(^-^)

 

なぜなら、その会社の家づくりへのこだわり・ポリシーが

ストレートにわかるからです!

 

 ホームページやカタログは、写真やコトバで

いくらでも着飾ることが出来ます。

 

でも、実際の施工現場は ”そのものズバリ!”

 

なぜ?この断熱材を採用しているか?

通気・換気の施工法は?

気密へのこだわりは?

耐震への考えは?

 

 そして、最後の基準は 『施工品質!』

 

どんなにいい設計でも

どんなにいい素材・モノを使っても

実際の、”施工現場の品質”が最終、

家の性能・住み心地・快適さ!に直結していますよ!(^-^)

 

 

 本日見学して頂いた皆様には

『みのり施工品質!』を、存分に体感して頂けたと思います!

 

それは、みのり建築舎の家づくりへの想い!

そのもの。

 

定期的に、構造・断熱材の施工現場見学会は

今後も行って行きますので

ぜひ! 『みのり施工品質!』 ご体感ください!(^-^)

 

 施工現場を貸して頂いた

建主の皆様、大変ありがとうございました。<(_ _)>

 

 3月に完成見学会予定です!

お楽しみに!

 

 

たくさんの皆さんに、制振ダンパーについて

メーカーさんから直接ご説明!

 これからの家づくり、本震・余震の繰り返し地震が当たり前。

約30年周期で大地震が来る、宮城では当然の備えになって来ますね!

1種類ずつ、断熱材の特徴を説明しています!

断熱材、高性能グラスウール16K施工状況!

気密工事もしっかり!(^-^)

壁の下地と吹き抜け小窓!

壁の下地部分!

2階、6畳の吹き抜け!

大きな吹き抜けがあっても

寒くないのは、性能の高い高断熱・高気密のおかげ!

制振ダンパーの説明!

色んな種類の断熱材!

みのり建築舎は、高性能グラスウール16Kとセルロースファイバーを採用!

セルロースファイバー!(新聞古紙の再利用材)

ダクトレス1種換気!

外部の通気状況!

施工現場でも、キッズスペースがあるので

安心して見学出来ます!(^-^)

 

 

 

宮城県・仙台市内で自然素材・無垢材を用いて、

高断熱・高気密・高耐震性の省エネ住宅を

1級建築士と2人3脚でつくる、オンリーワンの家づくり!

『株式会社みのり建築舎』・『アトリエみのり1級建築士事務所』

info@minori-kenchiku.