通気と防水が大事! | 仙台で注文住宅づくり「みのり建築舎」一級建築士 塩谷貴義公式ブログ

仙台で注文住宅づくり「みのり建築舎」一級建築士 塩谷貴義公式ブログ

「みのり建築舎」は地元仙台・地元宮城を拠点とした、注文住宅をつくる工務店・設計事務所です。宮城・東北の無垢材や自然素材にこだわり、無垢の家、木の家、自然素材の家などと呼ばれる注文住宅づくりを得意としています。


テーマ:

 梅雨に入り、天気が読めません・・・・(^^;

天気予報を見ても、

曇り時々雨とか曇り一時雨の予報。

 

終日雨じゃないので

外部工事の判断が難しい・・・・

 

 昨日までの、雨の予報を考慮して

仙台市内の現場、建方工事を延期したのですが、

意外と曇天の空。

 

雨が降りそうで、降らない・・・・(>_<)

 

 

誤解なきように、

もちろん、雨が降らない方が助かるんです!(^-^)

 

工程と天気、この時期にらめっこ・・・・

 

 

 さて、仙台市内『大きな書庫と読書を楽しむ家!』は

先週 上棟した現場。

 

 只今、鯉沼棟梁は玄関の下屋工事中!

 

家の凹凸や下屋など取り付くところは

通気や防水工事の大事な部分。

 

 施工現場に行けば、必ずチェック!(^-^)

 

日々の現場管理が、家の性能・品質に直結。

 

鯉沼棟梁!

モイスの耐力面材で、耐力を確保!

黒いシートは、先貼りしている透湿防水シート。

このシートの上に重ねて、透湿防水シートを

2重で貼ります!

 

タルキを受けている下地材には、通気の穴。

防水と通気をしっかり確保!

 

 

 

宮城県・仙台市内で自然素材・無垢材を用いて

高断熱・高気密・高耐震性の省エネ住宅を

1級建築士と2人3脚でつくる、オンリーワンの家づくり!

『株式会社みのり建築舎』・『アトリエみのり1級建築士事務所』