日本のパフォーマンス | 日本人の大和心を呼び覚まし 輝く生き方をデザインするブログ

日本人の大和心を呼び覚まし 輝く生き方をデザインするブログ

日本人なのに、案外知らない日本の事をお伝えします♪


テーマ:

こんにちは

こがみのりです(=゚ω゚)ノ
「令和」祭りがひと段落しました(笑)

 

 

ネットなど、色々見てみると

「令和」という元号は、日本国民から受け入れられているようですね

 

 

確かに、私も「平成」という元号の発表の時

なんだかぬひょ~んとした元号だなと

失礼ながら、思ってました(笑)

 

 

でも、今回の「令和」は

なんだかしっくりくるというか、良い予感がするのです

 

 

と、同時にある歴史のストーリーを連想しました

 

 

この「令和」という元号の出店は

国書「万葉集」の和歌の序文から

 

 

この「国書」というところがミソで

これまでの元号で、出典が認められるものは

全て、中国の古典からのものばかり

 

 

それを、今回は「国書:万葉集」というところを強調しているあたり

お隣の国、または世界へ向けての

日本のパフォーマンスとも言えるのかな?と

 

 

「日出処の天子、書を没する処の天子に致す。つつがなきや…」

 

 

聖徳太子が小野妹子にもたせた国書に書かれた有名な一文

瑞に対する、日本の明確な意思表示

「中国と日本は対等だ」と (=゚ω゚)ノ

 

 

なんだか、これと近いものを感じるのは

気のせいでしょうか・・・(笑)

 

 

何はともあれ、来月からは

新しい元号の元で日本という国は動いていきます

 

 

時代の変わり目を生きて

その時代の行く末を見据えて、行動していきたいと思います♪

 

 

火鳥風月では

新しい歴史の学び方を提案しています

火鳥風月の無料メールマガジンのご登録はこちらから♪

↓ こちら ↓

歴史を楽しく学ぶための

「スタートアップセミナー」動画を無料プレゼント中です( *´艸`)

 

 

 

 

 

minokizmさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ