源義経とモンゴル。 | 日本人の大和心を呼び覚まし 輝く生き方をデザインするブログ

日本人の大和心を呼び覚まし 輝く生き方をデザインするブログ

日本人なのに、案外知らない日本の事をお伝えします♪


テーマ:

 

今日はこがみのりです♪

 

 

前回のブログで

漫画の「ハーン~草と鉄と羊~」をご紹介しました

 

 

源義経のチンギスハン説についてお話ししていたんですけど

そもそも、なぜ、日本人の源義経が

モンゴルでチンギス・ハンになったの?と

 

 

その説の根拠って何かって言うと

例えばモンゴルの古い軍旗か兜の紋章に

日本のササリンドウに似たものがあるんです

 

 

ササリンドウは清和源氏の家紋

つまり、あの源義経の家系の家紋なんです

 

 

これは、たまたまなんじゃないの?

偶然じゃないのっていう話なんですけど

 

 

でも・・・モンゴルに笹って

生えてないんですよね(笑)

 

 

 

モンゴルにないササリンドウという植物が旗印になった

これが、根拠の一つですが

もうひとつあります

 

 

それは、チンギス・ハンの即位式には

9本の白い旗が立てられたそうですが

 

 

源氏の旗は「白旗」

義経の名前は「九郎」

9本の旗は「九郎」の「9」だという説です

 

 

 

あながち嘘でもないのかな・・・という感じなんですが

この辺はやっぱりワンワールド史観

落合史観の中森さんに聞いてみたいところです( *´艸`)

 

 

火鳥風月では

新しい歴史の学び方を提案しています

火鳥風月の無料メールマガジンのご登録はこちらから♪

↓ こちら ↓

歴史を楽しく学ぶための

「スタートアップセミナー」動画を無料プレゼント中です( *´艸`)

 

 

 

 

minokizmさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス