Minnie P. 主宰のMusic School
『Wings Music メルマガ』


音楽、健康、代官山周辺のグルメ、映画、CDやコンサート、オーディション内々情報などお届けします!

メールアドレス

登録 解除

Powered by FormMailer.

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-07 13:49:28

台湾での曲作り終わりました!Joshua本当に素晴らしい時間をありがとう!また日本に帰って...

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-04 21:52:21

ジブリの映画で見たことのある風景ではありませんか?湯婆婆の宿で@九份

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-04 14:59:14

ジブリ映画「せ」

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-31 21:46:40

2018年あけましておめでとうございます❣️

テーマ:ブログ

あけましておめでとうございます!

2017年はみなさま本当にお世話になりました!

お陰さまでマライア・キャリーの「Almost Home」の

ProducerであるJustin・Grayとのコラボで

注目のアーティストRIRIのアルバムに「Nothing To Do」という曲を

作曲させていただきiTunesのR&Bアルバムチャートは初登場1位。

2018年はこのたび立ち上げた自社レーベルのW Music Labelsでは第一弾アーティストがまもなく発動します!

 

 おかげさまで2017年は私のボイトレの記事が『家庭画報』に始まり集英社『エクラ』マガジンハウス『Ginza』に取り上げられました。

そして今年は1月20日に発売されるマガジンハウス『クウネル3月号』

 それから1月23日に発売される集英社『MAQUIA(マキア)3月号』にも

 Minnie P.のボイトレの記事がとりあげられることになりました。

これもあたたかくいつも応援してくださる皆様のおかげだと心から感謝しております。本当にありがとうございました。

 

 2018年がみなさまが愛と笑顔と音楽に溢れた素晴らしい一年になりますよう

心からお祈りしております。そして本年もどうぞよろしくお願いいたします❣️

 

{4427C572-5F23-4721-BA90-AF5548723104}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-29 18:30:57

昨日は、JazztronikのビルボードでのライブにAISHAが参加したので見に行ってきま...

テーマ:ブログ
2017-12-10 21:58:30

15年くらい前に私がふらっとフィレンツェからミラノまでひとり旅をした時に初めて入ったお店で...

テーマ:ブログ
2017-12-09 13:47:53

金沢の人に会いに。今は近江町市場見学^ - ^

テーマ:ブログ
2017-12-08 23:23:11

11歳バイオリニスト若尾圭良ちゃんの素晴らしいスピーチと演奏

テーマ:ブログ
私の友人でボストン交響楽団のオーボエ奏者、若尾圭介さんと
美絵さんの娘さんの若尾圭良(わかお けいら)ちゃん。
7歳でニューヨークのコンクールで1位になり、カーネギー・ヴェイルホールで演奏して以降、第8回横浜国際音楽コンクール小学低学年の部1位、ニューヨーク、ヤングアーティスト国際コンクール1位などを受賞。
9歳で初めてソリストとしてオーケストラと共演、その後、大垣室内管弦楽団、ウォルサム交響楽団、ニューイングランド音楽院プレップオーケストラとは由緒あるボストン・ジョーダンホールでモーツァルト、ヴァイオリン協奏曲第3番を共演した。

2015年4月、アメリカ公式訪問中の安倍首相夫妻を歓待する為にケリー国務長官(当時)の邸宅で開催された夕食会でヴァイオリンを演奏。

2017年11月、TEDxBeaconStreetにてスピーチとヴァイオリン演奏を披露した映像が以下のリンクなんです。お父さんがガンになってたと上がった娘さんの姿に涙です。本当に素晴らしいので
よかったらシェアもお願いします!

4分50秒までがスピーチでそのあとヴァイオリンの演奏があります。
以下に和訳がありますのでよかったらみてみてくださいね!


2017年12月、ニューイングランドフィル交響楽団ヤングアーティストコンクールで優勝し、同楽団とサラサーテ「チゴイネルワイゼン」をボストン大学 サイ・パフォーマンスホールにて共演予定。
http://nephilharmonic.org/2017-young-artist-competition-winner/

スピーチ和訳
ある夜、ベッドに入る支度をしていると、両親が別の部屋の扉を閉め、こそこそと静かな声で話をしていました。
何かを隠している気配を感じ、きっと私のことを話しているのだろう、私といえばヴァイオリン、音楽のレッスンを止めようなどという悲しい会話をしているのではと想いを巡らせました。何も知らされていなかった私は、信頼されず見放され、一人取り残された気分でした。
しばらく経って、お母さんが部屋に入って来た時、すぐに何か悪い知らせがあるのだと分かりました。
お母さんはベッドの端に座り、深呼吸をして言いました。「お父さんが扁桃腺(中咽頭)がんになってしまったの。」

私は驚き、そして大きな恐怖を感じました。
「お父さん、死んじゃうの・・?」

お父さんは、ボストン交響楽団準首席、ボストンポップス首席オーボエ奏者、若尾圭介です。
扁桃腺のがんと聞き、お父さんはもう二度とオーボエを吹けなくなるのではと、とても不安でした。

両親は私に、病気のことをしばらく隠していました。私を守ろうとした事は理解出来ますが、もっと早く、すぐに打ち明けて欲しかったと思います。
真実を聞き、私が考えたのは、「お父さんの力になりたい。」ということだけでした。

では実際に、誰かの力になるには、どうすれば良いのでしょうか?
一般的な方法とは違うかもしれませんが、私はお父さんと接する時、出来るだけ「いつもと同じ私」でいることを心掛けました。
病気を知る人に、「治療はどう?痛かった?」などと聞かれると、お父さんは辛さや恐怖を思い出すのか、少し表情が曇るのが分かりました。だから、私は自分自身に約束したのです。「お父さんが元気になるまで、絶対に病気の話はしない。別の話をしよう。」と。

お父さんは音楽が好きで、特に私のヴァイオリンを聴くのが大好きと言っていたことを思い出しました。
お父さんの為にヴァイオリンを練習し、演奏しました。
音楽が聴こえてくるとお父さんの表情は和らぎ、心地よい気分になっているのが分かりました。音楽で心が癒される、そう言っていました。

お父さんが治療を受けたボストンのダナ・ハーバーがん研究所病院を初めて訪れた時は、不安な気持ちでいっぱいでした。病室で、たくさんの管に繋がれて横たわるお父さんの姿を見るのが怖かったのです。
でも実際に行ってみて、担当のドクターや看護士、ソーシャルワーカーなど多くの人々が治療にあたる様子を見ていると、暗い気持ちが溶けていき、お父さんは必ず元気になると確信しました。

お父さんの病気は、比較的珍しいがんで治療も難しいものでした。体調が悪く、苦しそうな日もありました。でも、お父さんに余計な心配を掛けたくなくて、私自身の不安や混乱した思いは、心の奥底に仕舞い込みました。
でもいつしか、しまい込んだ思いを音楽を通して解放することを覚えました。
この経験や私の感情、苦しさや困惑までをも音楽に込めることで、これまでにない程パワフルな物語を語ることが出来るのです。

人生は、多様な物語の連続です。現在お父さんは100%癌が消えて回復し、幸運にも私の物語はハッピーエンディングで終わることが出来ました。

1カ月程前に、お父さんのオーボエと私のヴァイオリンで二重奏曲を演奏しました。私の側にお父さんがいて、一緒に演奏することが出来たのです。
やっと在るべき場所に帰ってこられたと感じました。

私は、自分に合った手段、つまり出来るだけ「いつもと同じ私」でいて、音楽を共有することで、病気になったお父さんの力になりました。
たとえ私より年下の子供達であっても、自分の得意分野を見つけて上手に活用することで、他の人の人生に刺激を与えたり、役に立ったりすることが出来るのだと、皆さんに伝えたいです。

この後、サラサーテ作曲「チゴイネルワイゼン」を演奏します。この曲を選んだ理由は、まるでこの度の経験で感じた私の気持ちを表現しているような音楽だからです。前半は重厚な物悲しく、後半は気分が高揚するアップテンポなメロディーで今の気分に通じます。

皆さんにもこの曲が私と同じように、意味のある音楽と感じてもらえますように、どうぞお聴きください。







Sent from my iPhone
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-01 12:40:34

知り合ってもう10年以上のアーティストAisha、また新たなスタートが一緒にできそうです!...

テーマ:ブログ
2017-11-26 15:56:40

カメラマンのBasigrapherさんとサトエリちゃんで来年のための撮影。今年も終わりが見...

テーマ:ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。