ボロボロだった長男の模試結果 | リーダーの学校 あやちゃん先生日記

リーダーの学校 あやちゃん先生日記

日々の日記です。
私のメモ&自分日報がわり。
気ままに書いていきます。
私も成長中。共に育ち育てあえると嬉しいです。

長男

初めて

大学受験用の模試を受けました。

 

結果は・・・

ボロボロ

 

特に

頑張って自学自習してきた数学が

壊滅的だったことは

衝撃だったようです。

 

志望校はことごとくE判定!!

 

でも、いいんです。

 

初めての模試で手に入れたもの

 

それは、現在の到達点を知れたこと。

目標まで、どのくらいの得点を必要としているのかがわかったこと。

習得している単元と

わかっているつもりだったけど太刀打ちできなかった単元と

そして、まだ全く手を付けられていないけど必要な単元が

ハッキリわかったこと。

苦手だと思っていた英語が意外と点数が取れたこと。

 

模試は

学習の指針を与えてくれるものです。

 

結果に一喜一憂するのか

模試をうまく活用するのか

そこが最終結果を左右します。

 

他者との比較だけに走れば

焦りを生みます。

本来やるべきことが見えなくなります。

点数や順位だけに目が行くと

目標を見失います。

ブレます。

 

お姑さんは

「勉強してないからねー。」

「他の子はもっとやっているし、やっている子はもうもっとやっている」

とネガティブ面を口にしているようですが・・・

そんなの関係ないww

 

息子のメンタルの強さと冷静さは

親である私も感心します。

 

私は高校生の時

偏差値と順位しか見ていなかったんで

自信ない時は模試自体を受けたくなくて逃げがちだったし

順位が良かった時はちょっぴり天狗になってしまったし。

志望校E判定を一回取っただけで、もう受けるのやめようと思ってしまったたちだし。

 

でも息子はそういう面はなくって

ちゃんと模試を活かせるパターン。

 

第1志望A判定までに必要な点数はあと100点

今回の模試の分析結果をもとに

次への計画を立ててコツコツ学習していけば

とれないことはないのでは?

 

因みに、第1志望は特殊な学校なので

現役合格できなければ、次の年に別の学校を受ける計画です。

その場合は、敢えて一浪の道を選ぶのも良し。

(偏差値的には、第1志望よりも第2志望以降の方が偏差値が高い(笑))

 

今は夢がブレブレ迷い中ではありますが

夢は、目標は必ず叶います☆

焦らず、しっかり、理想と現状の差を把握し

スモールステップで進むのみ(*^^*)