1年前のブログ

 

まだ、この時は

この岐阜の桜通のビルにたどり着く前だったな

 

あちこち探している最中だった

コラボも考えて、人とあって話している最中だったな

 

1年経って

ちゃんとスクールやってるww

だけど、出来ていないことも多くって

ステップアップのために

移転を計画

 

今のところでは実現できないことも沢山あってね

 

だけど思い描いたところにはどんどん近づいているなー

 

乞うご期待!!

 

やる時はやります

 

この時と同じ・・・

あとはお金の問題だけだ

 

ということで

皆様

クラウドファンディングよろしくお願いいたします

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/886

 

必ずやり遂げる女でございます!!

 

勿論、生徒さんも募集中です

一緒に楽しい空間作りましょう

行動は学びww

長男が晩御飯を作ってくれました~

 

 

ヘルシー

かつ

美味すぎ

 

私よりも

ずっとずっと上手い

 

初めこそSNS載せんといてねー

といっておりましたが

最終的にOKしてくれたんで

公開です(*^^*)

 

彼曰く

レシピ通りに作れば味の失敗はないから

ということです

 

次は肉料理を創りたいそうです(≧▽≦)

 

ありがとー

 

私のやっているスクール

今度、古民家かりて飲食もやるんです

そのためのクラウドファンディング始めました!!

「購入型」ですので、是非~

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/886

あ、因みにアップ写真の彼は息子ではありません~

スタッフの高校生です

たまに息子だと間違われますが・・・笑

彼も息子も同じ通信制高校に通っていますww

 

 

共育オアシスあいぎふ自由学校

あやちゃん先生こと高崎文子です(*^^*)

 

長男が赤本を買ってきた

 

懐かしい~

 

ん?

防大

 

 

親子だなー

 

私もかつて買った

二十数年前だけど・・・

 

当時女子は防大受けられなかった気がする

だけど今は5分の2くらいは女子なんだってΣ(・□・;)

 

防衛医大に行きたいって思ったこともあったけど

私はその時、結局、音楽の海外研修に参加したのをきっかけに

音楽留学したくなって

その後、ロシア語を学ぼうと思って

ロシア語の専門学校へ進学したところから・・・

今の夫と出会って、結婚してしまいました(笑)

 

赤本、中を覗いてみたんだけど

あ・・・もう全然解けないや💦

 

バイト給料で買うもの厳選しながら好きな物買っている息子なんだけど

その一つが赤本とはww

 

通信制高校から防大って

めっちゃ珍しいパターンだね

まだ高1だから

途中で進路変わる可能性大だけど

(親が親だけに・・)

まあ、親子で問題解いて楽しんでみよう♪

 

いろんな道があっていい

やりたいって思ったこと

興味持ったことには触れてみればいい

 

スクールでも

みんなこれからどんな道を志すのか楽しみです

 

オルタナティブスクール共育オアシスあいぎふ自由学校

スクールではいつでも見学・訪問・相談受け付けております☆

ホームページ→ https://aigifu.com

お問合せ→★フォーム★

 

 

あやちゃんこと高崎文子です

 

なんだか、またジェットコースターな日々突入かもです

 

最近、次男は全く学校へ行っておりませぬ

 

運動会・・・

 

結局行くの止めました

 

練習は1,2回しか参加していなかったし

何もわからないからね(^^;

 

私も実は気乗りしなくて

 

朝になってから判断しました

 

参加するのもありだと思ったんです

小学校最後の運動会ですし

徒競走なら練習なしでも参加できるし

雰囲気を味わうってのも良いと思ったんです

 

去年近くに引っ越してきたおばあちゃんたちも

初めて孫の行事を観覧できたらと思っていました

 

だから

親子で直前まで悩みました

 

前日、「雨降れー」とテルテル坊主を作ってはさかさまにつるしていた次男

結局晴れました~(笑)

 

当日判断して欠席したのだけど

実はその前から

もう学校行かないんじゃないかな?という片鱗はあったんですね

 

というか

私自身が

もう次男ちゃん、小学校へ無理していかなくてもよいと思うようになっていたのです

毎日、私のスクールでええやんwwって

 

いや・・・そこにたどり着くの遅いでしょ?って突っ込み受けそうですね

自分でスクールやっているのに

何故、学校へ行くことにこだわってたの?って

 

お義母さんの目、口出し

夫の価値観

学校からの働きかけ

色々気にしていたんですよ

 

が、最近

夫は次男が学校へ行っていないであろう場面を見ても

特に何も言わないんですよ

無関心なわけではありません

受け入れている感じなんです

しかも、応援してくれている感じなんです

何か、信頼してくれている感♪

 

あれ?

自分、今まで何をそんなにしょい込んでいたんだろう?ってね

 

勉強もスクールに通う生徒の親には

「子どもって何からでも学びますから大丈夫です」って言っておきながら

自分の息子に対して不安を抱えていました

本音です

 

が、それも払拭されました

 

やっぱり子どもは自ら学んでいます

それは教科書からではないかもしれない

(次男は教科書からではない)

動画やゲームや日々の生活から

随分色んなことを学んでいるんだということを見せられました

 

不登校時々登校くんは

小学校をこれから不登校します

でも、私のスクールあいぎふ自由学校には

毎日登校します

 

ここが、彼の一番の学びの場で居場所になっている

 

学校行けるなら行った方が良い、という価値観が

私の中に何処か残っていたんだけど

今は、こだわらないです

 

ここも良いと思う

学校じゃなくて良いと思う

 

みんなで最高のオルタナティブスクールを創っていこう♪

 

親子が親子として一緒に過ごす時期を

親子共々少しでも幸せを感じて過ごして欲しいから

私も息子も含めて

 

自信を持って進んでいこう!!

 

スクールではいつでも見学・訪問・相談受け付けております☆

ホームページ→ https://aigifu.com

お問合せ→★フォーム★

共育オアシスあいぎふ自由学校

あやちゃん先生こと高崎文子です

 

ツイッターで

不登校とネグレクトのことが

随分と議論されていました

 

あるお医者さんのつぶやきがきっかけだったようで・・・

その方は

「居場所」を作って支援をするってことを伝えたかったようなのですが

そこに「ネグレクト」というワードが入ったことで

ツイッターが荒れたようです

 

私も正直

「ネグレクト」というワードの面は

何というか

軽率には使って欲しくなかったと感じてます

 

小学校高学年から中学生の不登校の子が

お家に1人で居ることを問題視し

それを「ネグレクト」と表現した

 

あのね

それって

一番、親が気にかけ、気にしていることなんだよ

 

子どもと向き合い

子どものために何が出来るのかを模索し

葛藤している親が

世間からそのように評されることは

とてもとても追い詰められることになるんだよえーん

 

長男が低学年、次男がまだ幼稚園の時に

子どもたちだけでお留守番させていたことがあった

 

仕事でどうしても帰れなかった

学童入れたけど

1人でも良いから家で過ごしたい、と

本人が学童を辞めたいと言い

次男の預かり保育もお迎えは7時まで

でも、私は仕事が夜遅くなることも多々ある仕事で

夫も遠い所で残業もある仕事で

どうしても、ある一定時間は

子どもたちだけの時間が生まれていた

 

知り合いの若い子にベビーシッターお願いしていた時期もあったけど

お金もかかるし

そのうち

シッターさんなしでも大丈夫って子どもも言い始めた

ご飯を自分たちで温めたり作ったり買って食べたりもしてた

 

携帯持たせて

お留守番時のルールや注意事項を常日頃確認しあい

緊急時のお互いの行動も取り決めていて

たまに、職場に子どもたちが来ることもあった

 

長男がいじめが原因で不登校になった時(小4)も

どうしても休むことが出来なくて

途中仕事の休憩時に電話したり、家に帰ったりもしたけど

基本、一人でのお留守番

その後、長男は学校復帰したけど、放課後は鍵っ子

 

親はね

「それでいい」とは思っていない

それがベストだとも思えていない

でも、その時に出来るベターな形を模索して

葛藤して

悩んで

どこか心苦しく思いながらも

そうしているんだよ

 

預ければいいとか

仕事辞めればいいとか

他人は簡単に言うけど

そんなことが出来るんだったら

初めっからそうしてる

 

自分が子供の頃も

1人で家に居る子はいた

ご飯も食べれていない子もいた

家に呼んでご飯を一緒に食べたり

休日一緒に遊んだりしたけど

周りの大人たちは決してその子のお母さんを「育児放棄」だと責めるようなことはしなかった

家庭の事情を分かって

みんなで協力して子育てをしていたし

子ども同士もそれをわかって

家に誘っていた

 

今は

何でも

「親の責任」でしかないのかな?

保護者が常についている状態っていうのが理想なのかな?

 

わが家は長男が中学生になってからは特に

自立してしまって

子どもたちだけで旅行に行ったりしていた

 

そもそも、中学校は電車とバスで通学だったし

1人で行動していたから・・・

 

小学生でも、そういう子はいるよね?

 

今や、我が家は子どもたちだけで行動することも多いのだけど

確かに一部の人は眉をひそめている人たちもいる

「高崎さんは子供のことを放置して、自分の好きなことをしている」ってね

「親の務めを果たしなさい」って説教されることもあるんだ

 

その時は凄く悔しかった

 

こんなに子供を愛しているのに

親子共々、とてもそれが良い関係と環境なのに

信頼しあっているのに

だからこそ、一人で居ることも認めているのに

どうしてそれを他人が「育児放棄している」「ネグレクトだ」って言うのだろう?って

 

無関心なんじゃなくて

寧ろ、離れていても気にかけている

見守っている

 

じゃあ、学校へ行っていればいい?

学童さえ行っていればいい?

塾へ行っていればいい?

もしも子供が学校で苦しんでいるにも関わらず

学校さえ行っていればいい

成績さえよければいい

預けてるからいい

といって子供の本当の心に無関心だったり

それで最終的には何でも預かってくれていた人たちのせいにして終わりだったら・・・

それは大丈夫なの?

 

確かに海外では子供だけを置いていくことは「虐待」ってなっている国もある

だけど、海外でそうだからって

それが絶対的正解なのかな?

日本の安全をみんなでつくろう

子どもが1人でお留守番でも大丈夫な環境やシステムを作ろうとか

社会がみんなで子育てするって環境を作ろうって方向にはならないのかな?

 

 

私も葛藤だったけど

今はフリースクールをやっていて

次男が一緒にいる時間も増えた

 

だけど、フリースクールをやっていて思うんだけど

フリースクールって必ずしもみんなの悩みの解決にはならない

働いている人の家庭の場合

大抵のフリースクールの開校時間は遅いから

送り迎えで来られるのは一部の人だけ

お金だってかかる

利用料が安くたって、近くにフリースクールなくて交通費がかかったりする

送り迎え出来ない家庭の場合は

結局、通学は電車やバス、長時間の徒歩で、子どもだけで来ることになる

家から出たくない子もいる

電車やバスが怖い子もいる

1人でゆっくり寝て休んでいたい子もいる

 

大人の視点で

「常に大人のいる環境」がベストと言って

ずっと管理下に置くのも違うと思う

だって、昔の方が子どもたちだけで遊んでいたよね?

その中で学んだこと、身に着けたことがあったよね?

世の中が安全ではなくなってきて

守る必要がある場面が増えてきて

昔と同じ子育てはできなくなってきた社会の現状もあるんだけど

どうすればいいのかな?

 

どっちにしろ

不登校の子を家に置いて仕事に行く親のことを

「ネグレクト」と表現するのは

ちょっと乱暴だと思う

 

本当のネグレクトの状態って

子どもの存在そのものを気にもせずに世話をしないことなんじゃないかな?

見える形の面だけで「ネグレクト」と判断される?

 

私がフリースクールやっているのには勿論意味はある

確かに

1人で家に居る子が、ここに来てくれるといいなーって思う

それは

親が後ろ髪ひかれる思いに苦しんでいて

子どもも寂しい思いをしているなら

ここに来て、安心して欲しいって思うから

居場所がないって思っている子に居場所を創りたいから

ただ、それは、世の中に選択肢が増えればいいと思うだけで

押し付けるつもりはない

 

ましてや

1人でお留守番させている親を責めるつもりもないし

留守番させることがデメリットばかりではなくて、それはそれでプラスに出来ることも色々ある

 

うーん

なんだか

まとまりのない文章になっちゃったけど・・・

 

やっぱりさ

支援したいって思うなら

当事者の気持ちを考えてみて欲しいなって思うよ

 

不登校の子や親って

とっても繊細な心を持った人も多いんだし

ナーバスなところに

ナイフのように突き刺さる言葉は・・・

 

専門家とやらに言わせると

私の家庭終わってんよな

 

でも、答えは本人たちが持っている

 

もしもわが家の子育てが誤解され、「ネグレクト」と判断され

子どものためにという大義名分をかざされて何者かに「保護」されていたとしたら

きっと子どもたちも私も立ち直れないほど傷つき、悲しみ、世間を恨んだだろうな

 

本当にね

当時、それを恐れていたんだ・・・

 

それだけね

親は子供を愛しているからこそ葛藤し

世間の目も気にしながら

不安な気持ちと闘いながら

精いっぱい子育てしているんだよ

 

ちょっとぶちまけでした~口笛

 

***********************************************************

 

共育オアシスあいぎふ自由学校では

お子さんが来られない場合でも、お母さんのサポートいたします

・定期的な来校やコーチングサポートを契約を希望する場合は有料ですが、メールなどでのメッセージへのお応えは無料でします

・来年を目途に、もっと気軽にお母さんに立ち寄っていただけるように、カフェを開こうと思っています

一人で抱えないでくださいね

 

HP→ https://aigifu.com

メッセージはこちら→★メッセージフォーム★