初めまして。

 

 埼玉県・東京都を中心とする不動産コンサルタント。

住宅ローンアドバイザー。

 不動産投資では、ワンルームではなく、ファミリータイプの

区分マンション投資を推奨しております。

 

①区分マンションでは珍しい5年間のサブリース付き

②購入時の仲介手数料無料

③諸費用無料の物件価格のみ

 

上記の3点パックプランがおすすめです。

(上記に該当しない物件があります。ご注意ください。)

#不動産投資 #マンション投資 #投資 #副業 #不労所得

 

「不動産のコストには

 どんなものかあるの?」②

不動産を購入するときにかかる費用

◎仲介手数料

 不動産会社を通して不動産を購入した場合は、不動産会社に

 支払う仲介手数料がかかります。

 仲介手数料は売買する物件の金額によって

 

 A、200万円以下の部分⇒5%以内の額

 B、200万円を超えて400万円以下の部分⇒4%以内の額

 C、400万円を超える部分の3つの区分に分けられます。

   ⇒3%以内の額となります。

 

仲介手数料がかからない不動産物件がある

あなたは「3%+6万円」という不動産手数料を高いと思いますか? 

不動産会社に、物件の紹介から案内、物件の調査、引渡しまでの段取り

重要事項の説明、契約までの一切を任せることになるので、

この手数料は妥当と考えるべきです。

でも買主側にしてみれば仲介手数料は大きな金額です。

そこでこの手数料を払わなくてもいいケースをお話しします。

仲介手数料というのは売主の物件を仲介しているから発生する

手数料です。

それなら「売主から直接物件を購入すれば、仲介手数料はかからない」

のですが、気を付けなければいけないことがあります。

売主には「個人」と「不動産業者」がいることです。

特に個人からの直接購入するケースには注意が必要です。

 

①売主が個人の場合

個人と個人の取引になるので「物件の調査から契約、ローンを組む

場合にはローンの申し込みまで、購入者であるあなたがやることに」

なります。

不動産業を経験したことのある人ならまだしも、もし初めて物件を買うなら

これはかなりハードルの高い話です。

売主が個人で直接購入できても、現実的でないとあきらめて、

費用は別途かかりますが「調査、契約を代行してくれる不動産会社や

代行業者を活用する」ようにしましょう。

 

②売主が不動産会社の場合

新築の場合も中古の場合も仲介手数料はかかりません。

中古によくあるケースは、不動産業者が古い区分マンションや

戸建住宅を安く買って、その後リフォームして転売するケースです。

不動産業者に利益が乗っているため、割高な物件も少なくないので

注意が必要です。

お得なケースもあって、不動産業者の決算期前になると、決算に

向けて在庫を減らしたいことも多く、投げ売り状態になることがあります。

また物件は何か月も市場に出ていると「売れ残り」とみなされ

売りづらくなるため、不動産業者は保有している不動産の回転を

早める必要があります。

お金の借りている銀行の手前、どんどん売れているというポーズも

必要です。

したがって決算期前に限らず一定の期間が来ると、薄利でも

売却したり、損切りする場合さえもあります。

 

 

初めまして。

 

 埼玉県・東京都を中心とする不動産コンサルタント。

住宅ローンアドバイザー。

 不動産投資では、ワンルームではなく、ファミリータイプの

区分マンション投資を推奨しております。

 

①区分マンションでは珍しい5年間のサブリース付き

②購入時の仲介手数料無料

③諸費用無料の物件価格のみ

 

上記の3点パックプランがおすすめです。

(上記に該当しない物件があります。ご注意ください。)

#不動産投資 #マンション投資 #投資 #副業 #不労所得

 

「不動産のコストには

 どんなものかあるの?」①

不動産を購入するときにかかる費用

◎かかる費用は全部で7つ

 不動産を購入するときは、契約の際に売買代金以外にも

 支払うものがたくさんあります。

 手数料やら税金やらと「こんなにかかるの?」と驚くことが

 ないように、事前にどんな費用が掛かるのかを知っておきましょう。

 売買代金のほかに、契約時にかかる費用を大まかに書き出して

 見ると次の7つになります。

 

1、仲介手数料 2、印紙代 3、不動産登録免許税

4、不動産登記手数料 5、固定資産税(日割り)

6、不動産取得税 7、火災保険などの保険料

 

 これらの費用はおおよそですが、物件購入価格の7%~10%

 くらいになります。

 つまり「契約時には、物件購入価格+1割ぐらい余分にかかる」

 と覚えておきましょう。

 たとえば1千万円の中古マンションを購入した場合は、全部で

 1千100万円程度はかかると思ってください。

 

 

初めまして。

 

 埼玉県・東京都を中心とする不動産コンサルタント。

住宅ローンアドバイザー。

 不動産投資では、ワンルームではなく、ファミリータイプの

区分マンション投資を推奨しております。

 

①区分マンションでは珍しい5年間のサブリース付き

②購入時の仲介手数料無料

③諸費用無料の物件価格のみ

 

上記の3点パックプランがおすすめです。

(上記に該当しない物件があります。ご注意ください。)

#不動産投資 #マンション投資 #投資 #副業 #不労所得

 

「不動産投資は節税効果、

インフレ対策にも効果がある」⑥

ローンを組むときは、変動金利か固定金利か

不動産投資をする場合、ろーんを組んで銀行から

お金を借りる人も多いと思います。

ここで悩むのが「変動金利がいいのか?固定金利がいいのか?」

ということです。

不動産投資の場合、マイホームを購入するときの住宅ローンよりも

金利がたかくなりますが、変動金利のほうが固定金利よりも金利が

低いのは同じです。

こんなときは「今まで何十年と低金利なんだから、ずっと上がらない

でしょう」という楽観的な思惑で金利を選んではいけません。

金利が上がるかそれともまだまだずっと低金利が続くかはだれにも

わからないのです。

ただ確実に言えるのは「インフレになると金利は上がる」ということです。

大震災がいつ来るかは誰にも予想できませんが、それに備えて

非常食を買い置きしたり、地震保険に入ったりすることが重要なように

金利が上がるかどうかはわからないし、インフレになるかどうかも

わからないけれども、なっても大丈夫なように対策をしておくことが大切です。

そうすると「おのずと変動金利ではなく固定金利を選ぶ」ことになります。

 

初めまして。

 

 埼玉県・東京都を中心とする不動産コンサルタント。

住宅ローンアドバイザー。

 不動産投資では、ワンルームではなく、ファミリータイプの

区分マンション投資を推奨しております。

 

①区分マンションでは珍しい5年間のサブリース付き

②購入時の仲介手数料無料

③諸費用無料の物件価格のみ

 

上記の3点パックプランがおすすめです。

(上記に該当しない物件があります。ご注意ください。)

#不動産投資 #マンション投資 #投資 #副業 #不労所得

 

「不動産投資は節税効果、

インフレ対策にも効果がある」⑤

不動産投資は本当にインフレに強い?

「不動産はインフレ対策になる」という言葉を耳にしたことが

ありますか?

インフレになって物の値段が上がると、当然のことながら

不動産の価格も上がります。

中古の車やモノなどはインフレになってもなかなか高く転売

することは難しいですが、不動産の場合は場所がよければ

かなりの高額で売却することも可能です。

このことが「不動産はインフレに強い」と言われる理由です。

ただし、インフレに強い不動産ぶっけんは今後ますます

限定されてきます。

なぜなら日本の人口は少子高齢化によって減っており、

人は都心に集まるからです。

インフレに強い不動産物件は、人口が集中している都心または

地方都市、そして賃貸が十分に成り立つ地域に限定されます。

初めまして。

 

 埼玉県・東京都を中心とする不動産コンサルタント。

住宅ローンアドバイザー。

 不動産投資では、ワンルームではなく、ファミリータイプの

区分マンション投資を推奨しております。

 

①区分マンションでは珍しい5年間のサブリース付き

②購入時の仲介手数料無料

③諸費用無料の物件価格のみ

 

上記の3点パックプランがおすすめです。

(上記に該当しない物件があります。ご注意ください。)

#不動産投資 #マンション投資 #投資 #副業 #不労所得

 

「不動産投資は節税効果、

インフレ対策にも効果がある」④

そもそも赤字になる不動産は正解か?

 そもそも赤字になってしまうような不動産投資がいいのか?

 という根本的な問題もあります。

 ただし給与所得がものすごく多い人がローンで購入した場合は、

 不動産の赤字は税金が返ってくるし、最終的には不動産が

 自分のものになるのでいいという考え方があります。

 でも「普通の所得の人が、税金が戻ってくることを目的に、

 赤字になる不動産投資をすることは間違っているし

 危険すぎるので、赤字になるような物件には絶対に手を出さない

 ように」してください。