【4つポジ別勉強法】BAの子の場合 | さとこ先生の小学生相談室

さとこ先生の小学生相談室

小学校教員歴25年!いろいろな子どもやお母さんの相談に乗ってきました。子どもの強みを生かすヒントをお伝えしています。


テーマ:

この記事の続きです。

→【4つポジ別勉強法】TAの子の場合

→【4つポジ別勉強法】TSの子の場合

 

 

今回はBA(バックアタック)優位の子についてです。

 

BAの子は、戦略家で頭がいいです。(成績がいい、とはまた別です)

どうやったら効率的に成果が取れるか、を考えています。

「数うちゃ当たる」のTAとは違い、無駄を嫌います。

 

 

ですから、成果を取るために必要な勉強は進んでします。

中高生になると、テスト前にしっかり計画を立てるタイプ。

 

 

じゃあ、本人に任せておけば大丈夫かというと・・・

BAの子がよく言う台詞に、こんなのがありまして。

 

「なんでこんなことやらなきゃいけないの?」

 

わかっている漢字を何度も書く必要ある?

覚えた九九を何度も言う必要ある?

すらすら読めるのに、音読を何度もする必要ある?

 

無駄なことはしたくないんだけどえー

 

(TAの子の「面倒だからやりたくない」とは、ニュアンスが違います)

 

 

 

こんな感じなので、下手すると担任の先生に

「生意気な子ムキーと思われてしまいます・・・汗汗

しかし、もっと上を行くBAの子は「先生の心証」をも計算に入れてたりしますが笑い泣き​​​

 

 

まあ、確かにその通りだったりすることもありますニヤリ

ノート何ページもの漢字練習なんて、苦行でしかない・・笑い泣き

 

 

ただ、「勉強は数稽古」という一面もあります。

 

こちらの記事をご覧ください。

→理解と定着は別です

 

 

定着には、数をこなすことが必要です。

練習は決して無駄ではないということを、教えてあげてください。

 

学年が上がって、そのことを実感できるようになると、進んで練習できるのがBAですウインク

 

嶋本佐斗子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス