【4つポジ別勉強法】TAの子の場合 | さとこ先生の小学生相談室

さとこ先生の小学生相談室

小学校教員歴25年!いろいろな子どもやお母さんの相談に乗ってきました。子どもの強みを生かすヒントをお伝えしています。


テーマ:

◆4つのポジショニングとは

 

 

4つのポジショニングは、人の特性や性質

「トップ系&バック系」と「アタック系&サポート系」で分けた4カテゴライズのことです。

それぞれのカテゴリの何に、どのくらい当てはまるかを知ることで、自分がどのような性質を持つタイプなのかということがわかります。
 

ざっくり分けると、こうなります。

 

チェック(白地)TA・トップアタック 前に出て能動的に行動する人
チェック(白地)TS・トップサポート 前面で受動的にサポートする人
チェック(白地)BA・バックアタック 後ろで能動的に頭を使う人
チェック(白地)BS・バックサポート 後ろで受動的にしくみを回す人

 

 

誰でも、この4つはすべて持っています。

ただし、人によってどのカテゴリが多いかに違いがあります。

 

 

ちなみに、私はTS>TA>>>>>BA≒BSです照れ

思いっきりトップ側に偏っております。

 

 

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

→https://ameblo.jp/ym11/entry-12150842304.html

 

 

 

 

さて、TA優位の子はというと

元気、騒がしい、落ち着きがない、考える前に行動

・・・という、まさに「子どもらしい」印象の子が多いです。

 

こつこつ丁寧に・・・が苦手で、

漢字練習嫌い、計算ドリル嫌い、字を書くのは速いけど汚い

・・・という子は、きっとTA爆  笑

 

 

こういうタイプには「目の前ににんじんをぶらさげる」作戦が有効です。

 

にんじんとは言っても、ご褒美をあげるわけではありません。

勉強にご褒美は禁物だと、私は考えています。

 

 

ここでの「にんじん」とは、短期的な目に見える成果のことです。

 

・競争する「ママとどっちが早いかな」

・タイマーをセットする「5分でできるかな?」

・できたらシールを貼る

・問題数を減らし、満点を取る経験をさせる

 

とにかくTAの瞬発力、突破力を利用します。

 

 

 

 

 

これを続けて、TAのBS化ができれば習慣となるんでしょうけど・・・

私はできませんでしたね~あせる

 

 

勉強に関しては、完全にTAです、ワタシ笑い泣き

何しろ、こつこつが苦手です~~~!

夏休みの宿題は、最後の日にやるタイプだったもので・・・

「これができたらチョコ、これができたらポテチ・・・」というにんじん作戦で、卒論の時には、かなり太ってしまいました笑い泣き

 

 

とにかく日々のにんじん作戦で、目指せ、習慣化!

(説得力ないなあ・・・笑い泣き

嶋本佐斗子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス