好調なスタートだけが良いわけじゃない | あなたの過去を意味あるものに、そして未来を美しきものに

あなたの過去を意味あるものに、そして未来を美しきものに

過去と未来を「今」につなぐ〜ルーンマスター&カウンセルコーチ美郷。のブログ

こんにちは、
ミュウ美郷.です。


2月4日の節分節を経て、
2020年が本格的にスタートしました。


どのような初日を迎えましたか?



ちょっと特別な日なのだから、
好調でスムーズに開始したい!と思うのは、
みんな同じだと思うのです。


私もそんな一人でしたが、
実際は全然違いました、、(^o^;)


2月4日からスタートすることがあり、
少しワクワクソワソワしながら、
朝を迎えました。



用事をすませようと4時30分に起きたのに、

私のモードが違うことに気がついたのか
オチビは5時前にお目覚め、、。


とにかく甘える、側にいて、抱っこして、着替えさせて、、、。


私にベッタリで、
『なんのために早起きしてるのかわからないーー( ;∀;)』状態。


あれもこれも手がつけられていない、、と
私のイライラも募り

朝からバトってしまいました。。


はぁぁ、自己嫌悪。

せっかく宇宙元旦だというのに。




===

一段落したときに、
ふと気がついたんです。


『あれもこれも手がつけられていない!』とおもっていたけれど、
結局時間には間に合った、
思っていたことは、なんとか全部できた、


『私がイメージしていた通りに』できなかっただけなんだ、と。
 


『できている事』に目を向けていると、
気持ちは落ち着き、次に進んでいけますが、


『できていない』事に目を向けたままだと、
気持ちは焦り不安感が募っていきます。



どちらを選択していくかは、
自分次第です。






後からでも気がつけたことに善しを出し、

次はもう少し早めに我に返ろう、というのが

今回の私の学びです。





好調なスタートを切ることができれば、
それに越したことはありません。

けれど、いろいろな状況で、
そうもいかない時もあります。


失敗しちゃったり、
自己嫌悪に陥ったり、、


そんな中でも、
『できている』に目を向けて気持ちを落ち着ける、

『で、次はどうする?』と問いかけて、

小さくても次の行動に繋げる。



これができれば、

『結果、好調なスタート』と言えると思うのです♥️